ジョージア 憤慨がヤバイ!国歌間違えるミスにネット炎上!

スポンサーリンク
ニュース

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で29日、埼玉・熊谷ラグビー場で行われたジョージア―ウルグアイの試合後、場内に流れる曲でミスがありました。

スポンサーリンク

ジョージア 憤慨、概要

大会組織委員会によると、歌っているのはジョージアの歌手で、曲自体はロシアのものだったという。

ヘイグ監督は「ロシアはジョージアではないし、ジョージアはロシアではない。言葉、文化、全てが異なる」と指摘しました。

組織委の担当者は「単純な取り違えで申し訳ない。次戦には差し替える」と述べた。

 ジョージアとロシアは政治的に断交状態にあり、8月に予定されていた両国の国際親善試合は中止となった。

スポンサーリンク

ジョージア 憤慨

正式に大会委員などが謝罪すべき。
日本は島国だからこういうことが身近にないが、
失態としては最悪の部類。北九州のウェールズ歓迎などのいいことを全て台無しにしてしまうレベル。単純なミスでは済まされない。
丁寧に謝罪して二度とこのような事がないようにして欲しい。

よりによって緊張状態にある両国の曲を間違えないでよ。運営が素晴らしい盛り上がりの大会に水を差さないで。

まったくもって最悪な対応で組織委員会幹部は責任を取るべきだね

日本と韓国を取り違えるようなミスですね、きっと気分悪くしたと思います。わざわざ国名もロシア語読みから変更までしてるのに。素晴らしい大会は、試合だけでなく 運営も含めて そうあるべき。しっかりしてくれよ。

もし日本の表彰で韓国の国家が、韓国の表彰で君が代が流れたらどうなりますか?

政治とスポーツは切り離して考えるべきとはいえ、単なる人為的ミスではすまされないことだと思います。

日本代表の活躍もあって、素晴らしい大会になっているところに、水を差すようなことをしないでもらいたいです。

絶対あってはならない間違い。丁寧な謝罪が必要ですよ。

他の国でこういったことがあったら、「ありえない」って思うけど、まさか日本で起こるとは…

これ、かなり最悪のミスですよね。責任者が軽く考えてなければ良いけど。ほんとにたくさんの人達が大会を成功させようとしている中で水を差しましたね。がっかり。

簡単なミスだが軽いミスではない、政治とスポーツは別だがしかし緊張関係にある国同士の繊細な問題は要注意です。
文化や伝統や風習といったものは重く尊重するべき事ですから

スポンサーリンク

ジョージア 憤慨、終わりに

まさかの絶対間違えてはいけないところで、間違える!

ありえないですね。

ネットでも、たくさんの意見がありますが、みなさん、丁寧な謝罪が必要と言っています。

今後は、絶対に今回のようなミスをしないでほしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました