金ピカ先生 死去がヤバイ!2億稼ぐも生きる屍、孤独死か!

スポンサーリンク
ニュース

予備校のカリスマ英語講師で、「金ピカ先生」の愛称でタレント活動もしていた佐藤忠志(さとう・ただし)さんが、都内の自宅で死去していたことが24日、分かりました。

68歳だったという。

「金ピカ先生」の画像検索結果
スポンサーリンク

金ピカ先生 死去、概要

佐藤さんは生活保護を受け、独り暮らしだったが、関係者によると、デイケアセンターの職員がこの日、自宅を訪問したところ、冷たくなっている佐藤さんを発見したという。

死因は不明。

司法解剖が行われるらしい。

 1980年代、コワモテの顔に金のネックレスの風貌でありながら、代々木ゼミナール、東進ハイスクールなどの予備校で生徒から絶大な支持を受けていた佐藤さん。

人気が高じてタレント業にも進出し、

全盛期には年収2億円超えた」とも語っていました。

1987年には秋元康氏さんがプロデュースした

「1度きりだぜ人生は―花の受験生応援歌―」で“歌手デビュー”するなど、華々しい生活を送っていたが、近年は寂しいものだった。

 2009年、それまで一度も訪問したことがなかった鹿児島・種子島の西之表市長選に出馬。

本名よりも知られている「金ピカ先生」の名前で届け出たが、惨敗したという。

その後は2度の脳梗塞と心筋梗塞を患ったこともあり、表舞台から姿を消した。

 2018年のスポーツ報知のインタビューでは、日本に1台しかないというクラシックカーを購入する“車道楽”や暴力などが原因で夫人とけんかし、2016年ごろから別居していることを告白。

離婚調停中だったという。

自らの生活について「隠居。生きる屍(しかばね)ですよ」と自虐的に話し、朝から酒をあおるなど、不摂生を続けていたが、それまでの人生を「バラ色」とも語っていた。

スポンサーリンク

金ピカ先生 死去、プロフィール

「金ピカ先生」の画像検索結果
  • 名前  佐藤 忠志(さとう・ただし)
  • 生年月日 1951年5月4日
  • 出身 東京都
  • 学歴 慶応大学法学部政治学科卒
  • 学歴 筑波大学大学院修了
  • 1977年に代々木ゼミナール講師となり、旺文社の大学受験ラジオ講座担当。
  • 1988年、東進ハイスクールへ移籍
  • 「金ピカ先生」の愛称で知られ、40万部突破の「ズバリ!合格の英単語」など参考書、著書多数。
  • タレントとしても活動し、テレビ番組「天才・たけしの元気が出るテレビ!」やVシネマ、ドラマに出演。
  • 拓殖大では客員教授も務めた。
  • 2001年に参院選、2009年に鹿児島県西之表市長選に立候補するも落選。
スポンサーリンク

金ピカ先生 死去、ネットの声

酷な言い方だがこういう生き方した人は長生きしない方が幸せだと思う
生活保護に関しては全盛期に払った税金で十分お釣りがくるから困ってから受けるのは悪い事じゃないよ

生活保護を受けてたのか…
あんなに金ピカだったのにねぇ。

ご冥福をお祈りいたします。

>「全盛期には年収2億円超えた」とも語っていた

独り暮らしで生活保護。2度の脳梗塞と心筋梗塞。そして、孤独死。

「金ピカ先生」としての華々しいタレント活動期を一人の視聴者として見ているだけに、

「栄枯盛衰」というか、その落差が余計に際立ちますね。

御冥福を御祈り申し上げます。

人気予備校講師の先駆けだったのに、なんでこんな寂しい最後に。予備校もテレビも相当稼いだんじゃないかな?上手なお金の使い方をしていれば、面倒を見てくれる人がいくらでもいただろうに。全盛期に笑うのがいいのか、最後に笑うのがいいのか、どちらがいいのだろう?色々考えさせられるな。

自分が高校生の頃はカリスマ予備校講師だったな。
ド派手な格好でバイタリティー溢れる人だっただけに、自業自得とは言え晩年の凋落が哀しい。
アラフィフぐらいの世代には佐藤先生に直接・間接的にお世話になった人も多いと思うから、十分に社会貢献は果たしたと思う。

ちょっと驚くなあ。68歳という若さもそうだし、年収2億あった人が生活保護だなんて、それまでの税収を還元したと思えばいいのだろうけど、何でそんな年収だった人に生活保護で国がお金を渡さなければならないのか。いい暮らししてたんでしょ?という事なんだろうけど。落差が激し過ぎて、耐えきれなかったんだろうねえ。

「受験」と言う言葉が自分にとって身近だった頃の予備校の広告塔の様な存在。

ワイドショー等に出演していた時にやたらと禁止のネックレスや指輪を見せていた記憶がある。

予備校と言うところにいくと、一定数はああ言う人が居るのかなぁ、なんて思っていたら、いざ自分が通った予備校にはあんな人など居なかった。

大学に入り就職して、仕事をしながら思った事だが、学校の教師と塾・予備校の講師は同じ様な業務だが、その業務詳細や講師になるまでの過程は全く違うのだなぁ、と言うのが正直な感想。

金ピカ先生が講師になりたかったのか、ならざるを得なかったのかは分からない。
然し、この方は自分の思う様に、太く短い生き方を選んだのでしょう。

幸せでしたでしょうか。
ゆっくりとお休みになって下さい。

スポンサーリンク

金ピカ先生 死去、 終わりに

68歳とは、若すぎる死ですね。

2億もの大金を稼いでいた大物が、生活保護とは、驚きです。

ネットでは、様々なコメントが寄せられています。

ご冥福をお祈り致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました