演出 やらせ 差異の詳細はこちら!クレイジージャーニーも!

スポンサーリンク
ニュース

大学の講義で、「演出」と「やらせ」の差異を説明する時、教授は、このように答えている。事実を創造するのが「演出」で、ねつ造するのが「やらせ」。

スポンサーリンク

演出 やらせ 差異、 演出の好例

演出の最たる好例は、ドラマや映画、演劇などでしょう。

史実に基づいたものも数多くあるが、作品として仕上げていく際に、どうすれば効果的に描き、伝わるかを、脚本家、監督、制作、技術、美術、演じる俳優など、多くのプロフェッショナルがチームとなり創作する。

こうして誕生した作品は、文化史に刻まれていくでしょう。

音楽にも演出は必須です。

象徴的なものは、ライブである。

音楽は普段は日常に溶け込んでいるが、ライブ会場に行くことにより、非日常へとトリップする力を得るのである。

この他にも、アーティスト・イメージ、リリース方法、効果的なプロモーション、マネタイズの方法など、総合的な演出を行う力量も、現代のプロデューサーには求められる。

スポンサーリンク

演出 やらせ 差異、報道は?

報道には「演出」という概念はないのです。

ただ、真実は1つだが、解釈は無数にある。

同じ事象でも、視座や立場によっては、是にもなり、非にもなることは、日々の暮らしの中でもよくあること。

だからこそ、特にニュースやドキュメンタリーには、複眼的な視座が必要なのです。

スポンサーリンク

演出 やらせ 差異、演出とやらせの違いとは?

「演出」とは、言い換えれば、「0を1にする」ことだ。

才能を持ち、なおかつ鍛錬を重ねた、適性がある人しかできないものだ。これは、どの世界でも同じだろう。だから、然るべき人が「演出」をきちんと機能させている状態では、「やらせ」が起きる可能性はない。

テレビ番組でよく話題になる「やらせ」は、「演出」とは似て非なるものだ。それまで、そこになかったものを創出してしまうという点では、外形的には似ているかもしれない。しかしながら、事実を実証するために不正確な素材やナレーション等を用いることは、信用を瞬時に喪失させる、いわば「1を0にする」行為だ。もしそれを「演出」だと勘違いする放送人がいるなら、一刻も早く、職を変えるべきだ。演出家には向いていないのだから。

billboard
スポンサーリンク

演出 やらせ 差異、ネットの声

イッテQ!みたいに存在しない祭りを体験してみたというのは「やらせ」
こういう祭りを企画して海外でやってみよう ならば「演出」

アンケート順位を都合のいいように変更したら「やらせ」
番組が考えたおすすめランキングなら「演出」

先人の積み上げたものがあって、それをさらに大きく積み上げていくのが演出で、逆に利己的に利用して壊すのがやらせ、ってのはどうでしょう。

四十年くらい前の川口浩探検隊も、
現代の基準では、やらせなの?
時代で基準が変わるのは当たり前だけど、
出入りがあったとしても面白いのは見たい。

テレビなんて全部やらせって3年くらい前までは言われて、逆にピュアとか言ってバカにされてたけどな。
消えた天才の例みたいに多くの人がダメだと思うやらせは勿論あると思うけど、それくらいよくねってやらせまで炎上してる印象ある。

スポンサーリンク

演出 やらせ 差異、 終わりに

演出とやらせ、教授が語る説明は、少し難しいところもありますね。

ネットのコメントで、「存在しない祭りを体験してみたというのは「やらせ」祭りを企画して海外でやってみよう ならば「演出」 」というのがありましたが、こちらは、分かりやすいのではないでしょうか?

最近、やらせのニュースが多いですからね。

このブログでも、やらせ問題についての記事があります。

合わせてどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました