小泉環境相 ステーキ 批判が酷い!詳細はこちら!ネット炎上?

スポンサーリンク
ニュース

小泉進次郎環境相がステーキを食べたことが話題となっています。なぜ、問題となるのか、調べてみました。

スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判、ガス問題

牛肉生産は温室効果ガスを排出する

 小泉進次郎環境相が国連気候行動サミットに出席したが、アメリカニューヨークでステーキ店に入店したことが話題になっています。

気候変動対策を議論する会議に出席する環境大臣が「ステーキを食べる」ことが非難を浴びたが、その理由は主に3つである。

 1つ目は、牛の温室効果ガス排出量

 気候変動というと化石燃料による温室効果ガスの排出が注目されるが、畜産も温室効果ガスを排出している。

 なかでも牛の排出量は多い。

 地球上には約15億頭の牛がいる。そのほとんど畜産牛なのです。

 牛は4つの胃をもつ。最も大きい胃の容量は約150~200リットル。

胃の中には、さまざまな微生物がいて、エサとして摂取した飼料を発酵・分解する。

 胃の中には、メタンをつくる菌(メタン産生菌)もいて、発酵・分解の時に発生した水素をメタンに変えるという。

 つくられたメタンは、ゲップ、オナラとして環境中に放出される。

 その量は1頭につき1日160~320リットル。

「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」によると、メタンは世界の温室効果ガス排出量の16パーセントを占めているという。

スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判、穀物問題

牛肉生産は穀物を大量に消費する

 気候変動は食料生産にも影響を与える。

 現代の食生活は小麦、トウモロコシ、大豆などの穀物を中心に成り立っている。穀物の消費は、大きく2つに分けられる。

 1つは主食として「直接消費」する場合であり、もう1つは、家畜の飼料として使用し、畜肉や酪農品として「間接消費」する場合。

 たとえば、鶏卵1キロを生産する場合に必要なトウモロコシは3キロ、豚肉1キロで7キロ、牛肉1キロでは11キロである。

牛肉は飼育期間が長いので飼料の量も多くなる

 直接消費、間接消費があるものの、現代の食生活は間違いなく穀物中心。

 しかし、世界的な人口爆発によって穀物の供給量が不足するようになった。

 1960年に30億人だった世界人口は、現在は76億人だ。2100年には112億人になると予測されている。

 人口増にともない穀物生産量も増えれば問題ないかもしれない。

 実際1965~96年までの30年間では、世界人口は2倍になり、それを追いかけるように穀物生産量も2倍となった。

 だが、今後も人口増に見合う穀物を生産できるかどうかは疑問視されている。

世界各地で欧米型の食生活に代わり、牛肉をはじめとする肉の需要が増えると、これまでよりはるかに多くの穀物が必要になる。

 イギリスの経済学者トマス・マルサスさんは、18世紀末、食料の増産は人口の幾何級数的な増加に追い付けないという仮説を立てた。

これまで人類は工業化という手段でマルサスの仮説を覆してきた。

品質改良や生産管理、栽培・飼育法の改善、無駄の削減、貯蔵技術など、総合的な進歩によって食料生産を増やした。

 しかし、それも限界の時をむかえている。

 アメリカ農務省の推定によれば、2011年の世界の穀物生産量は22億9500万トンにおよんだという。

一方、同期間に消費量は9000万トン増加して、22億8000万トンになったという。

一方で、現在約8億2100万人が食料不足に直面している。

ここには穀物の遍在、持てるものが過剰ににもち、持たざるものが飢える、がある。

 穀物生産を妨げる理由には3つある。

1つ目が水不足、2つ目が土壌浸食、3つ目が温暖化(気候変動)である。

スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判、水の問題

牛肉生産は水を大量に消費する

 肉の育てるには水が必要である。

なぜなら水をつかって育てた飼料(植物)をエサにしているからです。

 家畜が育つまでにつかった水をすべて計算すると、鶏肉1キログラムには450リットル、豚肉1キログラムには5900リットル、牛肉1キログラムには2万600リットルの水が必要。

こうした水使用が生産地の水環境を悪化させる

 小泉環境相が何グラムのステーキを食べたかはわからないが、仮に一般的なサイズとされる300グラムを食べたら、6180リットルの水を消費したことになる。

東京に住む人が1日に使う水の量が約250リットルなので、25日分の量である。

スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判 、ネットの声

スポンサーリンク

小泉環境相 ステーキ 批判 、終わりに

小泉環境相、まさか自分がステーキを食べただけで、こんなにも問題になるとは、思ってもみなかったことでしょう。

私も、ビックリです!

環境相という、立場から、批判を受けてしまったのでしょうね。

ネットでは、小泉環境相を擁護する意見が多く見られます。

地球上の問題ではありますが、小泉環境相一人を攻めるのも、どうかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました