黒ヒョウ 仏アパート 捕獲【動画有り】110年ぶり野生黒ヒョウ動画!

スポンサーリンク
ニュース

フランス北部で、野良ネコのように建物の屋根の上をうろつくクロヒョウが見つかり、建物内部の隅に追い込んで捕獲したと報道が有り、話題になっています。

クロヒョウについて気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

黒ヒョウ 仏アパート 捕獲

クロヒョウはヒョウの突然変異。

昼間は黒く見えても、夜間に赤外線を当てると、ヒョウ柄が浮かび上がります!

まずは、こちらが110年ぶりの野生のクロヒョウの映像!

野生のクロヒョウは大変珍しいらしいです!

アフリカ・ケニアで110年ぶりにクロヒョウを撮影(19/02/15)

今回のフランスでの捕獲されたクロヒョウの映像

これで生後5~6ヶ月らしいです!

一見、黒猫と思いきや、よく見ると体格が違いますね!

自分の家のベランダにこんなのが居たら、通報しちゃいますね!

      クロネコ↓          クロヒョウ↓

no title

やっぱりクロネコの方がカワイイ!

スポンサーリンク

黒ヒョウ 仏アパート 捕獲 記事内容

黒猫と思いきやクロヒョウ…仏アパートで捕獲 違法飼育か

【AFP=時事】フランス北部リール(Lille)郊外で18日夜、野良ネコのように建物の屋根の上をうろつくクロヒョウが見つかり、建物内部の隅に追い込んで捕獲したと、地元当局が明らかにした。

 地方消防局はツイッター(Twitter)で、「危険動物がいるとの通報を受けて出動した」と発表。合わせて投稿された写真には、クロヒョウが赤れんがの建物の最上階の窓から中をじっと見つめたり、市街を眺めたりしている様子が写っている。

 地元紙によると、クロヒョウは個人のアパートから逃げ出したとされる。警察はまず、建物の周囲に急いで非常線を張った。住みかとみられるアパートの窓からクロヒョウが内部に入った際、獣医師が呼ばれ、クロヒョウを麻酔銃で撃ったという。

 生後5~6か月とみられているこのクロヒョウの飼い主は、野生動物の違法飼育で罪に問われるのを恐れ、同じ窓から逃走したとみられている。クロヒョウはおりに入れられ、動物保護団体の元に移送された。

 フランス警察は、大型のヘビや子ライオンといった野生動物を、個人宅で発見することが少なくない。【翻訳編集】 AFPBB News

AFP=時事
スポンサーリンク

黒ヒョウ 仏アパート 捕獲  ネットの反応は?

黒猫と思いきや佐川ということは日常茶飯事なのだが…

前にイギリスの地下鉄にサソリが出たというニュースもあったよな…
個人で危険動物を飼育するのは本当にやめてほしい。

3枚目と4枚目の写真には仔ヒョウらしいあどけなさが見て取れる。
ネコ科動物は赤ちゃんの頃は非常に可愛らしいが、基本的に肉食動物であることをしっかり認識して飼わないと。
それにしてもフランスもどこかの国と同じく倫理観が低いのかな。

殺されなくて良かった。
無責任かつ身勝手な飼い主を絶対捕まえて欲しい。

野生に返すにも人間に飼育された以上、簡単ではないし可哀想だ。

>フランス警察は、大型のヘビや子ライオンといった野生動物を、個人宅で発見することが少なくない。

フランス警察って大変だね…
というか、普通に生活してる人たち、危険すぎないか?
少なくない=多い、だよね。。。

売る方に問題がある。動物たちは何も悪くない。
魅力的な野生動物ならば、手に入れてみたいと思うのが人のサガ。倫理観があれば、それが良いことなのか悪いことなのか判断出来るだろうに。

どう見てもクロヒョウ

檻の中の写真、黒ニャンコ状態で可愛い。。。
高かったんだろうが、大きくなったらどうするつもりだったんだろう。ヒョウはライオンより獰猛なのに、、、

コメント

タイトルとURLをコピーしました