遊園地 逆年齢制限の詳細はこちら!富士急ハイランドに花やしき

スポンサーリンク
ニュース

飲酒や車の免許取得など、若い頃はできることが増えていく“嬉しい関門”だった「年齢制限」。

それが逆に歳を重ねたことが理由で「できなくなること」が出てきてしまう現状が話題となっています。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限、概要

孫と一緒に過ごすレジャー施設でも「年齢制限」は待ち受けている。

孫の場合は身長制限はあるが、祖父母になると年齢制限があるのである。

「富士急ハイランド」では、ジェットコースターとして「高さ」「巻き上げ高さ」「落差」「最高速度」の4項目で世界一の記録を持ったことのある「FUJIYAMA」。

「加速度」で世界ナンバーワンの称号を持つ「ド・ドドンパ」など数々の絶叫マシーンがあるが、それらはほぼすべて「64歳まで」という年齢制限が設けられています。

 8月に孫の夏休みで一緒に遊園地に行ったという埼玉県在住の65歳男性はこう嘆く。

「体の丈夫さが自慢で、これまで孫と山登りや川遊びなど様々なところに出かけてきました。

だからジェットコースターも一緒に楽しめると思ったのですが、まさか年齢で区切られるとは……。

孫と一緒に並ぶこともできないので、1時間ほどベンチに座って待つ羽目になった」

「浅草花やしき」でも、1953年に作られた日本最古の「ローラーコースター」を含め、スリル系の4つのアトラクションは、65歳以上は乗ることができない規定になっています。

 人生100年時代と言われるが、「シニアの年齢制限」がそんな時代の“生きにくさ”の原因になってはいけない。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限、ネットの声

万が一の事があった場合、例えそれが客側に原因があっても、施設側の責任が追求されます。施設側が可能な限り安全性を求め基準を設定するのは当たり前の事です。
偉そうにもっともらしい理由を付け、上から目線で意見だけ提示し、なんの責任も取らないマスコミに嫌悪感すら感じます。

自分は大丈夫と思っていても、絶叫系は体に負担がかかりそうですね。

首を痛めたとか、隠れた病気が刺激で現れ、命を落とすはめになるのも、十分想定内と思います。
それなら、まぁ、我慢して大人しくしてた方がいいかもですね。
お孫さんとは、違う楽しみを見つけたらいいですもんね。

年齢制限はあった方がいい
本人は大丈夫だと思っていても、案外大丈夫では無いときがある
車の運転がまさしく現れてる
条件反射、身体能力など
これからの日本はいままでに経験したことのないことが多くなっていく
年齢が重ねれば重ねるほど大丈夫が多くなり、周りに迷惑がかかる
年齢制限はあった方がいい

出産と同じで、見た目や精神の若々しさと体の衰えは比例しないので
万が一のことを考え、施設の判断で年齢制限を設けるのはまったく問題ないと思います。
その分シニア料金なども適応されているところも多いですし(記事の富士急や花やしきはシニア料金があります)

絶叫系に乗らない、違った楽しみ方を工夫されるのもよいかと思います。

65超えたら自分は丈夫とか運転がうまいと思うのは控えめにした方がいいと思います
確実に体力や運動神経は落ちてきてるので、自覚がないことも鈍ってきてる証拠だと思います
弱いと思えとまでは言いませんが、控えめに考えた方が自分のため、周囲のためだと思います

高齢は高齢。
何があるかわからない。
下手すれば賠償もの。賠償だけでなく風評被害だって。
リスクを避けるのは当然のこと。
気持ちはわからなくはないが、自分の健康も考えましょう。

人生100年だろうが、70代は現役だろうが、税収を目的に役所が言い出し、生命保険会社が都合良く乗っかった事

残念と思うが、落語で言えば御隠居さん
現場で個別に健康診断する事も出来ない事から、設定された制限
(楽しい時間にポックリ逝く事を望んでいるとは限らない)

制限を緩和するには、大株主あるいは経営をして制限の変更
同意書にサインをすれば楽しめるとか・・・

65才から割引になったり無料になるものって沢山あることから考えると、この制限はやさしさってことじゃないかな。素直に受け入れて、それぞれの場所で楽しみましょ。

スポンサーリンク

遊園地 逆年齢制限、終わりに

みなさん、いかがでしょうか?

富士急ハイランドは、絶叫マシンがスゴイので、逆年齢制限も分かりますが。

花やしき にも、逆年齢制限があったのは、驚きでした。

ですが、高齢になると、やはり体調も心配ですし、仕方がないのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました