結婚後成功した俳優まとめ!【ツイッターあり】あげまんゲットは誰?

スポンサーリンク
ニュース

昨年、社会現象を起こした『おっさんずラブ』の劇場版が、興行収入30億円を狙える好スタートをきった。同作で一躍、時の人となったのが、芸歴20年目となる田中圭さん(35)である。

スポンサーリンク

結婚後成功した俳優、概要

「ギャラはリーズナブルで、どんな役でもこなす巧さもある。

『おっさんずラブ』でブレイクする前から、名バイプレイヤーとして多数の作品に出演していました。

しかも、爽やかなルックスの持ち主。

売れる要素満載なのに燻(くすぶ)っていた原因は彼の奔放な性格にあった。

無類のギャンブル好き&酒好きで、一晩で給料を使い切ることもありました」と、芸能プロ幹部は語る。

そんな田中さんを変えたのが、2011年に結婚した元タレントのさくらさん(36)だという。

「カネ遣いの荒さを知っていたさくらは、結婚と同時にお小遣い制にしました。

2015年に田中とグラドルとの浮気が発覚したことをきっかけに自分自身芸能界から完全引退。

夫の田中に一家の長としての自覚を持ってもらうため、そして自身が完全サポートにまわるためです。

田中のブレイクは内助の功なしでは考えられませんね」と、キー局ディレクターは語る。

『今日から俺は!!』のキレッキレなヤンキー役で人気が爆発した賀来賢人さん(30)も、結婚後にブレイクした俳優のひとりである。

「大手芸能事務所の所属でかつ賀来千香子の甥というストロングポイントが、本人にはコンプレックスだった。

妙に尖(とが)っていた時期があり、業界では『使いづらい』と言われていたのですが、榮倉奈々との結婚を機に変わった。

『悩んでいる時間がもったいない』と開き直った。

丸くなったことで現場ウケが良くなりましたね。

なかでも日本テレビは賀来をかなり気に入っていて、10月から始まる連ドラで主演させることが決まっています」と、キー局プロデューサーは語る。

2018年度、妻の安藤サクラさん(33)と映画賞を総ナメにした柄本佑さん(32)も「結婚によって知名度を上げ、若手の個性派&実力派の枠に上手くハマった俳優のひとり」と言えます。

「佑は柄本明&角替(つのがえ)和枝夫妻の長男。

二世タレントではあるのですが、いぶし銀俳優の子なので話題性としては弱い。

個性派俳優として売るにも、ルックスが特徴的な弟の時生のほうが需要があった。

ところが、嫁のサクラも奥田瑛二&安藤和津という渋い親を持つ二世。

”親の名前ではなく実力で評価される二世俳優夫婦”という珍しさで話題になりました」

結婚は誰にとっても人生の大きなターニングポイントとなるが、こと俳優に限っては仕事に直結するケースが少なくない。

なぜなのでしょう?

「芸能界で成功するためには、家族の理解とサポートが必要不可欠。

たとえば、小栗旬&山田優夫妻

何度、小栗の浮気が報じられようと夫婦仲が揺らがないのは、ともに芸能人だからでしょう。

芸の肥やしとして他者と交わる大切さを知っているのです。

だから、小栗が深夜に役者仲間を家に連れて帰っても、山田は嫌な顔はしないそうです。

”小栗会”が隆盛になることで仕事が生まれることもよくわかっている。

ハリウッド挑戦が噂されていますが、あの夫婦なら実現させるかもしれません」と、制作会社スタッフは語る。

人気俳優になるためには、伴侶を選ぶ目も大事なのですね。

スポンサーリンク

結婚後成功した俳優、ツイッター

スポンサーリンク

結婚後成功した俳優、ネットの声

別に結婚を機にって訳じゃないよね。
田中圭なんて随分前から色々出てたし
他の二人も存在感ありました。
何きっかけでブレークするのはわからないものですが、高橋一生とかも、ずっと活躍してるのに急にブレイクしたみたいな扱いで、本人も戸惑ってたみたいですよね。

柄本佑さんは大好きだなぁ

彼の演技はいつ見ても素晴らしい

肩の力が抜けている感じはお父さんからのDNAを感じるし、だからこそのセリフの抑揚は時に色気も感じれば、殺気を感じる時もある。

安藤サクラさんがその全てをお見通し感があって夫婦共に同じ方向を向いてる感じが好感持てますね

田中圭は脇役時代から好きだったけど、同世代の瑛太、妻夫木聡、小栗旬などと比較するとイケメン俳優としてはパンチがなかった。それは顔立ちだけではなかった気がする。
完全におっさんずラブの役柄が契機になったと思うけど、主役の方が逆に彼の地味さと良さを際立せてくれる気がする。

いやいや、女性ファンを舐めてる。さすがフライデーさん。
あのねー、女性ファンが男性芸能人を応援するのが独身であわよくばみたいな思いだと決めつけているのが凄い古くさくてかっこ悪い。
性別に関係なく、芸能人を応援するのはその人の仕事・パフォーマンスありきでしょ。
顔だけで評価されている人もいるな、と個人的には感じる芸能人もちらほらいるけど、いまさら共通点とか言わなくても、力があれば結婚云々じゃなくてちゃんと評価されるんですよ。
もうフライデーはいい加減くだらないことを偉そうに言わないでほしいし、ほんとうに不快

田中圭は結婚を機にブレイクしたわけじゃないけど、
既婚者だからこそ今のブレイクがあったとは思う。
今まで同世代の俳優に比べて顔がいいわけでも、存在感があるわけでもなく、演技も飛び抜けてるとは言い難かった。
恋愛ドラマの相手は全く人気が出ないタイプ。
既婚者だからおっさんずラブのような作品も余計な誤解を与えることなく出られるし、ミステリーも出られるんだと思う。
すでに結婚しているから人気失速の恐れもなく人気もまだ長く続くと思う。

結婚したことへの心境の変化などはあると思いますが、それを内助の功というのは少し違うでしょう。
鳴かず飛ばずで何年も奥様が支えてやっとブレイクしたなら内助の功だと思いますけど、
名前出てる人は結婚前からすでに売れてたから内助の功より本人の魅力に世間が気づいただけの話し。

スポンサーリンク

結婚後成功した俳優、 おわりに 

ネットでは、色々な意見がとびかっておりますが。

結婚を期に成功しているということは、奥さんが「アゲマン」ということでしょうね。

素晴らしい結婚相手にめぐり合えて、みなさん良かったですね。

今後の活躍も、期待しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました