フェリシティ・ハフマン 実刑判決にザワつく!【動画あり】

スポンサーリンク
ニュース

アメリカの名門大学に子どもを不正に入学させるため賄賂を贈った罪などに問われた有名女優に13日、懲役14日の実刑判決が言い渡されました。

スポンサーリンク

フェリシティ・ハフマン 実刑判決、概要

アメリカの有名女優フェリシティ・ハフマン被告は13日、夫と手をつないで出廷した。

この事件は、ハフマン被告が長女を名門大学に入学させるために入試関係者に賄賂を贈り、不正に点数を上乗せさせたとして逮捕・起訴されたものである。

13日の法廷で裁判長は、

「『良き母でありたかった』という被告の言い分は言い訳にはならない」

などと述べ、懲役14日・罰金3万ドル(約320万円)などの有罪判決を言い渡したという。

判決を受けてハフマン被告は「いかなる判決も受け入れます」との声明を出した。

この不正入学事件では、複数の有名女優を含む51人が起訴されていて、親に対する最初の判決となった今回の法廷は、大きく注目されていました。

スポンサーリンク

フェリシティ・ハフマン 実刑判決、動画

こちらは、ゴールデングローブ賞受賞の際のフェリシティ・ハフマン被告の動画

Golden Globes 2006 Felicity Huffman Best Actress Drama
スポンサーリンク

フェリシティ・ハフマン 実刑判決、ネットの声

日本でもこういった類いの罪に対して基本的に実刑を課してほしいものだ
明らかな悪意がなければ猶予がつく傾向にあると感じる
本人の更生は実刑を以ってするだと思う
また、それが抑止力にも繋がると感じる

気持ちは分かるが、駄目でしょ。そもそも日本の大学と違って入ってからの方が大変と聞くし、卒業できんでしょう。

アメリカでは入るより卒業するほうが難しいんだから、入学する時点でこんなことしているようじゃあ、たとえ入学出来たとしても、卒業はおぼつかなかったかもしれませんね。

米では超名門私立大学でもセレブの子どもが寄付で正規に入学出来ると聞いていたが、わざわざ賄賂をしたのか?

アメリカでは裏口不正も刑罰の対象なのか…日本見習うべきだ。と、思うが、多くの私立の学校法人が経営難の今、難しいのが現状でせうな。

賄賂を贈ったりする事にお金をかけるより
自分の子供にお金を掛けて賢く育てればよかったろうに…
お金の使い方を間違えましたね…

ウィリアム・H・メイシーも大変だな。
しかし、14日とは言え実刑を課す、有名人であろうと不正不公正は
許さないというアメリカの司法のあり方は素晴らしい。

国会議員、大臣経験者や官僚、財界、芸能人などの子女がお世話になっている、慶應の幼稚舎も同じだと思う。マスコミの子女も世話になっているから、どこも動こうともしないけど。

スポンサーリンク

フェリシティ・ハフマン 実刑判決 、終わりに

アメリカの大学は、卒業が難しいそうなので、裏口入学させたところで、、、といった感じですね。

ネットでは、日本でも、こういった裏口入学を取り締まれば?といった意見もありました。

当たり前ですが、やはり、正当に受験するのが正しいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました