人工血液 動物実験成功が凄すぎ!献血の必要性がなくなる?!

スポンサーリンク
ニュース

防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発したことを発表し話題になっています。これにより、献血の必要性が無くなるのでは?血液型を調べる必要性もなくなる?

スポンサーリンク

人工血液 動物実験成功のメリット

記事によると今回のメリットは下記のようです。

  • 献血で集めた血液の保存期間は血小板が固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどで、血液型ごとに大量に準備する必要がある。輸血には患者の血液型を調べる必要があり、その必要性が無くなる。

  • 常温で1年以上保存でき、血液型を問わない。

  • 病院に着く前に事故現場で輸血でき、救命率が上がる。

然程話題になっていませんが、これすごいことじゃないですか!

なんだか、映画や漫画の世界ですね!

この研究が実用化されれば、献血の必要性も少なくなるし、常温で保管可能で、しかも血液型不問な所がすごい!

今まで救えなかった命が救える可能性が飛躍的に向上しそうです!

献血のシステムが確立していない国にとってはメリットがすごいと感じます。

こういう研究にしっかりと、税金を投入して早期に実用化してもらいたいものです。

スポンサーリンク

人工血液 動物実験成功  記事内容

人工血液、動物実験に成功 1年以上の常温保存も可能


 防衛医大などは大量出血した負傷者を救命する人工血液を開発した。ウサギの実験で成功した。人工血液を素早く輸血できれば、大けがによる死者を減らせるという。論文を米輸血学誌に発表した。



 血液に含まれる傷口をふさぐ血小板と体細胞に酸素を運ぶ赤血球の二つが出血で失われると死に至る。保存期間は血小板が固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどで、血液型ごとに大量に準備する必要がある。輸血には患者の血液型を調べる必要があり、救急救命士などは輸血できない。

 チームが開発した血液は、人工の血小板と赤血球からなる。それぞれリポソームという細胞膜成分で作った微小な袋に、止血成分と酸素を運ぶ成分を詰めた。重篤な出血状態のウサギで試したところ、10羽中6羽が助かり、本物の血液を輸血した場合と同程度だったという。血液が固まるなどの副作用もなかった。

 常温で1年以上保存でき、血液型を問わない。このため、実用化されれば、病院に着く前に事故現場で輸血でき、救命率が上がる。研究チームの木下学・防衛医大准教授は「離島など十分に血液を準備できない地域もある。人工血液でこれまで救えなかった命を救える」と話している。

 研究成果の論文は(https://doi.org/10.1111/trf.15427)で読むことができる。(三上元)

朝日新聞デジタル
スポンサーリンク

人工血液 動物実験成功  ネットの反応は?

大きな話題になってはいないが、これは結構凄い発明では無いだろうか。いままでは保存期間が切れた輸血用血液のヘモグロビンを再利用する人工血液が研究されていたが、記事を見る限りでは完全な人工による血液が開発されたようである。血液型をも問わないので緊急でも使用出来る。用途は計り知れず、恩恵を受ける人も限りなくいると思う。

これは、画期的な発明ですね。実用化されれば、献血で調達する問題点を全部解消できる。献血制度自体が整っていなかったり、あっても不足したり配送に問題がある国も多いでしょう。

輸血医療の大改革が起きます。ノーベル賞が与えられていいと思います。

>常温で1年以上保存でき、血液型を問わない

常温でってのもすごいし、血液型を問わないってのが本当にすごい!

血液型を問わない → Rh-の方にも対応可能という事かな??
知人にもいるので、早期での実用化を期待したい!

4羽のウサギさんの冥福をお祈りします。
残りの6羽もいずれは実験の犠牲になるわけです。
犠牲になる動物たちのおかげで人間の命は支えられています。
これが実用化されれば今まで失っていた命も救われます。
命を捧げてくれた動物たちに感謝します。
いつか動物実験をしなくても研究できるといいですね

エホバの証人のように、宗教的理由で輸血できない人がいる。本人はそれは承知だからそれで全然構わない。問題は子供に輸血が必要な時に、親の宗教的理由で輸血させないで子供が死に至る事例があり、非常に心が痛む。子供自身は生きたいと望んでいるにもかかわらず。
最近このケースにおいては医療関係者の裁量権が大きくなって、いざとなれば輸血が可能かもしれないが、それでも親とのやりとりで面倒だろう。時間との勝負もあるし。それだけに、今回の成功は嬉しいものです。

・ 保存が簡単・血液型を選ばない
・ 生体内でちゃんと機能する
のは便利ですね。

後は、体内でどう分解されるか、赤血球は100日・血小板は1週間程度の寿命です。急に分解されても、まったく分解されなくても、どちらも問題なのです。

最終的には長期的影響がないかでしょうね。

献血する人が不足している現状、これはかなりすごいことじゃね? 特にレア・ブラッドの人は、不足したらその場の誰かに献血してもらえばいいやじゃないしね。一年以上の保存が利くのもいい。買い替える予算を抑えられる。
あとは、大量生産のコストがネックか。しかしこの技術で救われる命や生まれる利益を考えると、国が補助金がどんと出す価値がある。用途どおりに使われているか、きちっと監査しさえすればいい。

吸血鬼ものの作品で、人工血液が開発されて人間の血を吸わなくてもいいようになったなんて設定がたまにあったりするけど、リアルでそうなるのね……。

初めて見たのは、白い血液で。
映画なんかでもアンドロイドが、エイリアンに攻撃されてゲロゲロ吐いたりしてたなぁ。

アメ軍なんかも、医療開発に力を注いでてSFの世界を見ているようなのを、製品化させてて驚いた覚えがある。血液なんかもその1つで。

動物の世界には、既に登場して居たけど。

日本がやりましたか。
保存期間も、血小板が固まらないよう揺り動かして4日間、赤血球は低温で20日間ほどと言うから、凝固を防ぐための装置が居るから保管コストが掛かりそうだけど、自衛隊が派遣されるような災害現場で隊が配布されていれば、医官の判断で輸血が可能になり出血性での死亡者は変わるかも知れんな。通常、汚染はされないから輸血のリスクはないし。

新鮮で若い子のを輸血すると、細胞が若返ったりするけど。
人工だから、そう言う効果は恐らく無いだろうね。
けど、そうした効果が付いたのが開発されたら健康で長寿になるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました