反抗挑発症 素行症 対応詳細はこちら!クラスに1人はいる?

スポンサーリンク
ニュース

小学3年生のMくんは、毎日のようにカンシャクを起こします。

「かんしゃく フリーイラスト」の画像検索結果

特に家庭では日ごろから口答えが多く、ゲームをやっているとき、母親が「ごはんだよ」と声をかけるだけで激怒し、「死ね」と叫びながら物を投げつけるなど、些細なことから問題が勃発します。

学校では、普段は穏やかに過ごすことが多いのですが、クラスメートにからかわれたりすると、突然怒り出し、相手を蹴ったり殴ったりすることがあります。

止めに入った先生に対しても罵声を浴びせます。

 中学2年生のNくんは、中学に入学してしばらくした頃から、授業中に教室から抜け出すようになりました。

先生が注意すると、「うるせえ!」と反抗的な態度をとります。

夜遅くまで数人の仲間と街を徘徊し、コンビニで万引きを繰り返した末に、つかまると店員に暴言を吐きます。

ある日、バイクを盗んで無免許運転しているところを警察に補導されました。

スポンサーリンク

反抗挑発症 素行症 対応、 反抗的態度

思春期前後に、親をはじめとする大人からの指示に反抗したくなることは、多くの人が経験していると思います。

ところが、このような通常の反抗とは異なり、Mくんのように度を越えた反抗的態度を示す子どもがときどき存在します。

このような子どもは、「反抗挑発症(反抗挑戦性障害)」と診断されることがあります。

「カンシャクを起こしたり、イライラしたりするなど怒りっぽい」

「大人への口答えや挑発的な言動が目立つ」

「トラブルを何でも人のせいにする」

「意地悪で執念深い」

などの特徴がいくつも重なってみられ、それが半年以上持続している場合、反抗挑発症と診断されます。

 Nくんのように、反抗や挑発的態度だけでなく、万引き、恐喝などの反社会的行動や、夜遊びなど年齢相応の社会的規範からの逸脱が目立ってくる場合、

「素行症(素行障害)」と診断されます。

一般的な言葉である「非行」と重なる部分が多いのですが、

「脅迫、威嚇、暴力、強奪、性行為の強要など他者への強い攻撃性」

「放火、他者の物を壊す」

「うそ」

「窃盗」

「夜遅くの外出、無断外泊、学校の無断欠席などの重大な規則違反」

などが複数にわたってみられる状態が1年以上持続すると、素行症と診断されます。

ヨミドクター
スポンサーリンク

反抗挑発症 素行症 対応、 本人の気質と生育環境の相互作用

反抗挑発症と素行症は、秩序を壊す傾向が強いこと、自分で衝動をコントロールするのが難しいことが共通する特徴。

どちらも男の子に多く、幼児期から落ち着きがなく、カンシャクを起こしやすい特徴がみられるのが一般的です。

 原因は特定されていないという。

要因としては、子ども本人に、もともと感情や衝動を抑えることが難しい気質があったり、ADHD(注意欠如・多動症)などの発達障害があったりすることが指摘されています。

しかし、これらの特徴がある子どもでも、反抗挑発症や素行症にはならない子どもは多数います。

 生育環境も影響するとみられます。

「養育者による行き過ぎたしつけや暴力などの虐待」

「過干渉」

「貧困」

「犯罪の多い地域に住む」

などが要因に挙げられますが、こうし環境で育った子どもでも、過半数は反抗挑発症や素行症になりません。

 現在は、子ども側の要因と生育環境の要因が複合的に影響すると考えられています。

スポンサーリンク

反抗挑発症 素行症 対応、 親への支援と関係機関の連携

こうした子どもへの対応では、まず、親が子どもへの接し方を学ぶことの支援が行われます

 反抗挑発症や素行症の子どもたちの多くは、それまでの成長過程で叱られることが多く、たまに良い行いをしても、正当に認められなかったという経験があるそうです。

親も、問題行動にばかり目が向きがちです。

 子どもが良い行動をとった場合は、それをしっかり認めて褒める。

反対に、良くない行動をした場合には、こちらが攻撃的にならないよう注意しながら、はっきりと問題を指摘し、どう行動するべきなのかを示すことが重要となります。

このような接し方を学ぶために、一定のカリキュラムのもとで行われる「ペアレント・トレーニング」と呼ばれるプログラムもあります。

 子ども本人に対しては、感情や衝動のコントロール法や、トラブルが起こったときの相談のしかたなどを学ぶための「ソーシャルスキル・トレーニング」などが行われます。

虐待を受けた経験がある子どもには、トラウマに対する治療が必要な場合もあります。

 家庭、学校、医療機関が密に連携しながら関わることは必須ですが、素行症で暴力や反社会的行動が激しい場合には、児童相談所、警察、司法関係者などとも連携する必要があります。

家庭だけでは対応が難しい場合や、反社会的行動が繰り返される場合には、児童自立支援施設で生活などの指導を受けることや、少年院での矯正教育を検討します。

スポンサーリンク

反抗挑発症 素行症 対応、 ネットの声

そういう小学生を教えていて、お父さま、お母さまともよく
お話をしました。同居のお祖父さまも含めて温和で至極真っ当
なのになぜと思いながら奮闘しました。理由が該当するケース
もお多いとは思いますが、そうとは限らないケースも相当数
あるように家庭教師をやっていて思いました。

この記事を読むとそうではない事も多いけどADHDなど発達障害の子がなりやすい印象を受ける。発達障害の中でもADHDだけですか?ASDは?LDは?しっかり統計が取れてないなら発達障害との関わり出さなくても良かったのでは?

我慢がきかない、集中力が続かない、それを少しでも良くしたいと幼少期から必死に親は療育もしたり育ててます。それでも素行が悪いような態度を取るように成長してしまったらどうしたら良いのですか?そこまで書いて欲しいです。

保育士してますがクラスに2人もいる…

遊び途中にいつになったら片付けて給食だと伝えると、その時はわかった。というが、いざその時になると、近づいただけで(すでに周りの雰囲気で片付けの時間なのは気づいてる)「しね!」「殺すぞ」と暴言をはく。まだその先の攻撃はないが… ほかには決まった席があるのに、他人の席に座り困らせ張り付いて動かないや通りすがりに作品を壊したり、棚の上の物をわざと落としたり… でもそんな彼もすごく甘えんぼうで、誰かと一緒にいたくて、1人でいい!とかいいながらも他人に近づきトラブルを起こす。
一対一や家族など小さい集団の時は頻度は少ないが気に入らない事があると同様な態度になる。
だから親からも叱られることも多い。
まず赤ちゃんの母子の関係から広がって行く時の周りとの関係形成の時他児より丁寧なじょうずな関わりが必要な子だったんだろうな…

対応をどうしたらいいのか書いてほしい。本当にそういう子どもが集団にいると 対応に困る。保育室に保育士一人だと 周りの子どもがその子の行動で怪我しないように見守ることで精一杯。
ここまでなると 親も叱るだけになるだろうし悪循環 集団にいても 注意することしかなくなり 周りの子も困ったことして認識してしまい さらに悪循環。誉める瞬間に誉めてはいてもそれは継続されないし ほんとうに些細なことになってしまう。改善方法なんて できることあるのか 毎日憂鬱。

これは犯罪者脳というか、前頭葉の働きが弱く理性のブレーキが効かない先天的疾患じゃないの?
成長過程で生まれる乱暴者とは根本的に違う。
戦いの場では戦闘員として使える必要要員だったみたいだけど、文化的な時代になると不要になる存在。
薬で抑えるしか無いと思う。

今の世の中、親が子供を叱るときですら、実力行使はダメとされる。
反面、実力行使無しに、過剰な反抗を示す子供を正す方法はどうすれば良いか示されていない。
「しね」「ころす」なんて言葉を小さい時から使い慣れる状況は、まず正すべきで、それを子供に実力行使せずに納得させるにはどうしたら良いんですかね。
子供は欲求(面倒くさい含む)を許すと、どんどん欲求を増幅させる。
大きくなる前に、ある程度のモラルを仕込まないと、気持ちが子供の大人が出来てしまうんじゃ無いですかねえ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました