日本人と結婚した海外セレブ画像でまとめ!意外?有名?

スポンサーリンク
ニュース

日本人と結婚していた海外セレブがいるってご存知ですか?

それも、意外とたくさんいるんです! 

今回はよく知られているカップルから、あまり知られていないカップルまで、日本人と恋に落ちた海外セレブとその日本人パートナーをまとめてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

日本人と結婚した海外セレブ、概要

スティーブン・セガール&藤谷美也子

「スティーブン・セガール」の画像検索結果

1970年代に空手に打ち込み日本に空手留学までしていたスティーブン・セガールさんは、日本文化に入れ込んでいたのか、1974年に米国に帰国後に、合気道教師の藤谷美也子さんと出会い、結婚。

現在は離婚しているものの、女優としてアメリカと日本で活躍する娘の藤谷文子さんがいる。

イギー・ポップ&浅野スチ

「イギー・ポップ&浅野スチ」の画像検索結果

日本でも、過激なパフォーマンスと『トレイン・スポッティング』の主題歌『ラスト・フォー・ライフ』で知られているイギー・ポップさんの2番目の妻は、日本人の浅野スチさん。

すらりとした美しい女性です。

ジャン・アレジ&後藤久美子

「ジャン・アレジ&後藤久美子」の画像検索結果

日本人とセレブのビッグな国際結婚といえば、F1レーサーのジャン・アレジさんと女優の後藤久美子さん。

結婚後、しばらく表舞台から退きぶどう園の経営やワイン醸造、フランスの自宅のお城の管理、子育てに専念していたそう。

その後はCMやモデル業などで日本のメディアにも登場するように。

現在はジュネーブ在住で、長男のジュリアーノ・アレジもカーレーサーになりました。

オリビア・ハッセー&布施明

「オリビア・ハッセー&布施明」の画像検索結果

海外セレブ+日本人妻の組み合わせが多い中で、1組だけご紹介したいのがオリビア・ハッセーさんと布施明さんの夫妻。

映画『ロミオとジュリエット』で15歳でジュリエットを演じ、当時日本でもアイドル的人気が高かったオリビアを起用した<カネボウ>のCMのテーマソングを布施さんが歌ったのが、2人の出会いのきっかけと言われている。

1980年に結婚し、9年後に離婚。

伊達公子&ミハエル・クルム

「伊達公子&ミハエル・クルム」の画像検索結果

今年、現役引退を発表したテニス選手伊達公子さんの元夫はカーレーサーのミハエル・クルムさん。

伊達選手が40代で現役復帰の快挙を成し遂げた後も、多忙ながらもおしどり夫婦として知られていたけど、2016年に15年間の夫婦生活にピリオドを打った。

ビリー・ディー・ウィリアムズ&テルコ・イレーヌ・ナカガミ

「ビリー・ディー・ウィリアムズ&テルコ・イレーヌ・ナカガミ」の画像検索結果

『スター・ウォーズ』のハン・ソロの友人ランド・カルリジアン役を演じたビリー・ディー・ウィリアムズさんが1972年に結婚した3人目の妻、テルコ・ナカガミさんは日本人です。

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ

「ジョン・レノン&オノ・ヨーコ」の画像検索結果

『ビートルズ』のジョン・レノンさんの2人目の妻は、ご存知の通り日本人の前衛芸術家オノ・ヨーコさん。

ジョンさんが世界的スターで熱狂的なファンが多かった上に、出会った当時まだジョンさんは最初の妻シンシアと結婚しており、周囲からは強い反発があった。

しかしヨーコさんとの出会いによって、ジョンさんの音楽活動にも強い影響があり、代表的ソロアルバム『ジョンの魂』にはヨーコさんが共同制作者としてクレジットされている。

スポンサーリンク

日本人と結婚した海外セレブ、ネットの声

やっぱオノヨーコが最強だと感じる。
ほんと凄いことだったと思うよ。世界中の女性ファンを敵に回した。
日本国内でジャニーズや福山ファンを敵に回したどころの騒ぎではない。

オノヨーコさんはすごいと思う。ジョンレノンのドキュメンタリーを観たけど、時代的にアジア人への偏見も強く、ヨーコさんに対して見た目が醜いと酷い言葉散々言う人達がいた。世界中のファンから、罵詈雑言を浴びせられても(別れた時期もあったけど)家庭を築いたのは、ふたりにとても強い絆があったから。
ジョンの感性にとても影響を与えた方だと思う。

ニコラス・ケイジはなかなか日本人と結婚できないね。何度も偽日本人に騙されて。
見た目より中身で選ばないとまた失敗するかもね。

殆どが日本人女性だな。
これは気分が良くない。
頑張ろう日本男子。
僕は日本女性がいいけど。

オリビアハッセーと布施明に
一番驚いたわ。

おもしろい記事。

スポンサーリンク

日本人と結婚した海外セレブ、終わりに

いかがでしたでしょうか?

ネットでは、驚きのコメントから、オノ・ヨーコさんはスゴイとのコメントまで、様々でした。

意外な結婚もあり、ビックリですね。

こんな面白いニュースも、たまにはいいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました