治療が必要ないびきがヤバイ!こんな人は早く受診して!

スポンサーリンク
ニュース

女性はもちろん、男性も気にしている人が多い「いびき」。

昔は「熟睡している証拠」といわれていましたが、家族などから「うるさい」と言われるほどのいびきは睡眠に悪影響を与えるうえ、病気の原因にもなるので注意が必要。

いびきは体からのシグナル。早めに対策をとりましょう。

「いびき」の画像検索結果
スポンサーリンク

治療が必要ないびき  睡眠時無呼吸症候群(SAS)

いびきや睡眠中の無呼吸はどうして気をつけなければならないのでしょうか?

いびき・無呼吸が繰り返されることにより、狭心症や心筋梗塞(こうそく)などの心疾患、脳梗塞や脳出血、クモ膜下出血などの脳血管疾患、糖尿病といった突然死や命に関わる疾患を引き起こすことは珍しくないからです。

睡眠中に10秒以上呼吸が止まる「無呼吸」が1時間に5回以上発生するのが「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」です。

無呼吸のあとは、大抵「ガハー」といった大いびきになります。

SASはさまざまな生活習慣病を引き起こしたり、悪化させたりすることが知られています。

中でも注目されるのが、脳卒中など深刻な疾患と深く関わっている高血圧です。

呼吸が止まると血圧が高くなるのはなぜでしょう?

睡眠中に何度も無呼吸になると、そのたびに体内の酸素が不足します。

その影響で全身の血管が収縮し、血圧が上昇するのです。後述する「上気道抵抗症候群」の方も同様のリスクを抱えています。

さらに、SASは不眠、頭痛、だるさ、集中力低下などの症状が出る場合も多く、これが交通事故やうつ症状といった、より重大な問題につながる心配があるのです。

毎日大きないびきをかくだけなら「単純いびき症」といい、それだけであれば健康に大きな影響はありません。

しかし、進行するとSASに移行することもあり、注意が必要です。

スポンサーリンク

治療が必要ないびき どんな人がいびきをかきやすい?

体質や体の状態によって、いびきをかきやすい人がいます。

●太っている
肥満はいびきの最大の原因。

太ると上気道にも脂肪がついて狭くなり、空気の通りが悪くなります。

また、代謝のために必要な酸素の量は体重に比例して多くなるので、肥満の人はより多くの酸素を必要として懸命に呼吸します。

たくさんの空気が一度に上気道を通ろうとするので、いびきの症状が出やすくなります。

●顎(あご)が小さい
顎の骨格が小さい、あるいは顎が後退していると舌がのどの奥に沈み込むなどして上気道を狭くする可能性が高くなります。

●男性、閉経後の女性
女性ホルモンにはいびきを防ぐ働きがあります。

そのため男性や、閉経後で女性ホルモンの分泌が低下した女性は注意が必要です。

●過度の疲労やストレス
心身が疲労しているときも、人は酸素を多くとり込もうとして口呼吸になりがち。

さらに疲労時は上気道の筋肉のゆるみが顕著になり、舌がのどに落ち込みやすくなります。

スポンサーリンク

治療が必要ないびき  治療が必要ないびきとは?

いびきは放置すると深刻な病気や、睡眠不足による生活への影響を引き起こす恐れがあるので、検査や治療を検討しましょう。

最近は「睡眠時無呼吸外来」「いびき外来」を設けている医療機関が増えてきました。

医療機関では、まずいびきと無呼吸の種類や程度を検査します。

SASや上気道抵抗症候群と診断されたら、治療の必要があります。

特に高血圧などの合併症があるなら、悪化を防ぐためにも積極的に治療しましょう。

治療には「CPAP装置」という呼吸を補助する機械や、マウスピースなどの器具を使用するとともに、減量を目指します。

一方、いびきをかいても呼吸は正常、あるいは無呼吸でもそれほど頻繁ではない、日中の眠気などの自覚症状がほとんどない「睡眠呼吸障害」という場合は、様子を見ることが多いようです。

ただ、いびきが気になってよく眠れない、家族に迷惑をかけてしまうなど生活に支障がある場合は、医学的に必要なくても治療対象と考えてよいでしょう。

うるさいだけのいびきでしたら、耳鼻咽喉科で口蓋垂・軟口蓋の切除、あるいは扁桃肥大のある場合は縮小術という方法もあります。

受診する医療機関に迷ったら、鼻やのどに問題がありそうな時や子どもは耳鼻咽喉科肥満傾向の人は呼吸器内科へ相談してください。

スポンサーリンク

治療が必要ないびき  ネットの声

仕事上、車を運転することが非常に多いのですが、20年くらい前に、運転中に意識が飛ぶ、そうで無くとも昼食後の眠気がひどいと、産業医に相談しました。当時は無呼吸症候群など一般的でなく、単に生活の不規則等気が弛んでるとかで、睡眠導入剤やら鎮静剤等を15年以上処方されてきました。1年ほど前に、外泊じに同室者からいびきがひどいと数人から言われたこと、運転中の睡魔がひどいことから、睡眠時無呼吸症候群の検査を初めて受診したところ、重症と診断されてCPAPを始めました。運転時の眠気が驚くほど少なくなったこと、同室者からいびきは聞こえない、と言われCPAPは手放せなくなりました。維持費が保険適用でも高いのが難点ですが、やめられません。睡眠時無呼吸症候群は近視や老眼のように直るものでも無いようなのが残念です。

睡眠時無呼吸症候群て、前に聞いたことあります。睡眠中に呼吸が止まってしまうとかで、下手すると死ぬこともあると聞いて、怖いなぁと思った憶えがあります。
いびきが病気の原因であったり、症状であるとは、普通あまり考えないと思いますので、見逃されがちだと思います。
人によっては重篤ないびきである場合もあるみたいですので、こちらの記事をよく読んで参考に、心あたりがあったら受診したほうが良いかと思いました。
良い記事でした。

数年前にCPAP機器が日本では海外より高く販売されていること、医療現場では基本機器はレンタルで買い取り出来ないシステムになっているなどの問題点を報道されました。
医療費が毎年増える日本で安く買えるものが高値でレンタルされる矛盾をもどかしく思います。
治療費を安くするためにオーストラリアなどから購入している患者のかたの事例も取り上げららました。
日本で数ヶ月レンタルするならオーストラリアなどから機器を購入したほうが安いのです。
製品に問題はなく、オーストラリアなどでは一般の人達が簡単に購入できます。
社会保障費、特に医療費が増え続けるのに企業の儲けのために制度があるようで納得いきません。

私もそうだったのですが、周りからいびきがすごいと言われたり、自分自身でよく睡眠時間をとっていても日中眠気がする、疲れが取れないなどの症状がある場合は、睡眠時無呼吸症候群の恐れがあります。

すべてが睡眠時無呼吸症候群ということではないので、まずはいびきについて診察できる耳鼻咽喉科で診てもらい、舌が太っていて寝てるとき喉を圧迫している恐れがあると言われた場合は、睡眠科にいき一泊二日で睡眠時無呼吸症候群の診察をしてもらうと良いかと思います。

なお、症状には軽度から重度まであり重度の場合は睡眠するときに装着する呼吸器を借りなければならないようです。
病院により値段には差があるかもしれませんが、保険が効くらしく1ヶ月7000円程度と聞きました。

症状が出ていない人でも不安な人は、運転中に事故を起こしたりする前に診断してもらうのが良いかと思います。

睡眠時無呼吸症候群でCPAP使用しています。
使用前は寝ても疲れが取れない、昼間に睡魔が酷い、集中力が続かないなどありましたが、使用を始めて本当に改善しました。
約8年くらい鼻に装着するタイプを使用していますが、現在寝る時には必ず装着しています。無いと不安になるくらいです。当時は検査のために入院が必要でしたが、今は改善してるかも。
機械の利用を始めると毎月通院しなければならないとか不便なところもありますが、引き換えに身体は楽になりますよ。
疑いを持たれている方は受診してみたら良いと思います。

スポンサーリンク

治療が必要ないびき  終わりに

みなさん、 睡眠時無呼吸症候群を経験しているようですね。

男性に多いイメージでしたが、女性もリスクがあるのですね。

いびきは、他人からしか判断がつかないので、難しいですよね。

いびきが気になっている人は、早めに受診しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました