報ステ セクハラ 更迭が酷い!本人画像あり!権力を悪用し放題!

スポンサーリンク
ニュース

“身から出たサビ”である。

テレビ朝日の「報道ステーション」の男性チーフプロデューサー(CP)がセクハラで更迭されたという。

いったい何があったのか?

スポンサーリンク

報ステ セクハラ 更迭、概要

「更迭されたK氏は、1993年入社のベテラン社員。

普通ならテレビ局の人事は7月ですが、懲罰委員会が先月30日、社内向けに、

社員一人に『謹慎』の懲戒処分を行った>と通達しました。

名前や肩書が伏せられたものの、同日の報ステ放送後の反省会で、K氏が不適切事案により異動することが判明したのです」

とテレビ朝日関係者は語る。

 K氏は40代後半の妻子持ち

昨年7月に朝の情報番組「グッド!モーニング」から報ステに異動した後、安倍政権に批判的な放送をしないよう忖度したとされる人物である。

社員の一部からは、安倍首相と“メシ友達”である早河洋会長の子飼いだと指摘されていたという。

「K氏本人も『自分は早河会長に抜擢された』との意識を持っていたようです。

権威をかさに着ていたのか、女性社員へのセクハラ的言動が常態化していたといいます。

被害者の中には30代の女性アナウンサーもいて、一緒にご飯を食べた際に無理やりキスをされ、家に押し入られそうになったようです」とテレビ朝日関係者は語る。

スポンサーリンク

報ステ セクハラ 更迭、 週刊誌にかぎつけられ慌てて懲戒

女子アナを含め、被害者は十数人に上るという。

現場を取り仕切る役職であるのをいいことに、女性社員にLINEで「会いたい」と迫ったり、体を触ったり、抱きついたり、やりたい放題だったようだ。

 しかし、被害女性のひとりが今年5月にK氏のセクハラを告発したにもかかわらず、上層部の腰は重かったという。

週刊誌がK氏のセクハラ問題をかぎつけたことで、隠し切れなくなったそう。

だから、異例の時期に処分を下したのだとささやかれています。

 テレビ朝日にK氏のセクハラ行為や異動について問い合わせると、次のような回答だった。

「当社では7月上旬からコンプライアンス統括室を中心に慎重に調査を進め、その中間報告を受けて8月19日に調査委員会を立ち上げ、事実関係を確認しました。

その結果、ハラスメントととられかねない不適切な行為があったとして8月30日に当該職員を懲戒処分とし、あわせてその職務を解きました」(広報部)

 再発防止はもちろん、これで報ステは政権に忖度しなくなるのか?

スポンサーリンク

報ステ セクハラ 更迭、 本人画像

こちらがセクハラで話題のK氏こと、桐永プロデューサーです。

スポンサーリンク

報ステ セクハラ 更迭、ネットの声

これは今日の放送が楽しみですね。というか報道するわけがないか。テレ朝にしろ朝日新聞にしろ他人にはやたら厳しいが自分たちにはやたらと甘いですもんね。変にエリート意識があり他人を見下しているからこうなる。これでよく報道機関が名乗れたもんです。

さすがに今日の報ステでスルーはしないでしょうね?
このご時世でスルーするようなら
炎上間違いないだろうし。
ただ、TV局って世間を見下したような人間が多いし
それこそ金になればなんでもいいって瀬尾恵子みたいなやつも多いから
報道しないかもね~

安倍に忖度するのは論外だが、忖度する前の報ステはそれはそれで、民主党贔屓が凄い番組だった
丁度いい中立くらいの報道をして欲しいものだ。仮にも公共の電波を使ってるんだから

しかしテレ朝は問題が多い組織のイメージがある。

そもそもメディア経営者が特定の政治家と深い親交していたら中立性が担保できるはずないし、いい加減に組織内の派閥や親分子分の関係性は悪しき習慣として改めるべき。

会長の子分がセクハラ放題とは報道をする人間の風上にもおけん奴だ。

さすがに報ステは、この問題をスルーする訳にはいかないでしょう。
他人に厳しく、自分(身内)に甘いままだと報道機関、メディアと
しての矜持を持っているのか?と、多くの方が疑念を抱くのではな
いでしょうか。

スポンサーリンク

報ステ セクハラ 更迭、 終わりに

自身の権力を利用してセクハラし放題とは、許せませんね!

週刊誌にかぎつけられるまで、会社が動かなかったのも、どうかと思います。

本当に最低で、酷い話ですね!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました