危険なバス停 全国調査がヤバイ!死亡例も、画像・動画あり!

スポンサーリンク
ニュース

交差点のそばにバス停があるため、路線バスが停車中に横断歩道を塞いだり、道路を渡る歩行者が対向車の死角に入ったりする「危険なバス停」が各地に存在する事が問題となっています。

国土交通省は、全国のバス事業者を対象に、事故の危険性の高いバス停があるかどうかを確認する調査に乗り出したという。

早急に報告を求めるという。

「危険なバス停」の画像検索結果
スポンサーリンク

危険なバス停 全国調査

菅官房長官が2日午前の記者会見で明らかにした。

菅さんは、「調査結果を踏まえ、安全性確保のために必要な対応を行わなければならない。安全安心の確保は極めて大事だ」と述べた。

また、国交省とバス事業者に加え、子どもが通う学校や自治体などとも連携して対策を取る方針を示したという。

 読売新聞が全国47都道府県のバス協会などに取材したところ、危険なバス停は少なくとも16都府県で計441か所に上ることが判明している。

ただ、バス停の数や危険性の実態を把握していない協会も34道府県に上り、全国調査を求める声が専門家から上がっている。

 危険なバス停を巡っては、横浜市で昨年8月、バスを降りて道路を渡ろうとした小学5年の女児(当時10歳)が対向車にはねられて亡くなる事故が起きています。

現場は信号機のない市道で、バス停が交差点の角にあり、停車したバスが横断歩道を塞いでいたという。

遺族は再発防止を求めており、菅さんは会見で、「ご遺族の気持ちを重く受け止め、二度と起きないようしっかり対応したい」とした。

スポンサーリンク

危険なバス停 全国調査、画像・動画

スポンサーリンク

危険なバス停 全国調査、ネットの声

いつでも止まれるスピードでも車に当たると小さな子供の場合無事で済むとは言えない。
打ちどころが悪けりゃ死亡事故になる。
安全に運転できる、安全に歩行できる、これは個人の努力だけでは難しく、やはり行政がしっかり調査し改善しなくてはいけない。
ただ、行政任せでは限界があると思う。
これは市民の声を頼りにするのも悪くない。
危険なバス停を役所のサイトを通じて情報をすくい上げてはどうだろうか?
多くの市民が指摘する処から改善していけば良い。

Google mapで現場を見たが、センターラインすらなく路線バスが通るにはあまりにも狭い道だ。
ただし、逆に言えばいつでも止まれるような速度で走らなければならない道路なのは明白。
バス停の位置にも問題はあるが、近隣のドライバーの意識も大事だろう。
抜け道だからと住宅街なのにスピードを出すドライバーが多すぎる。

このような事は危険な交差点で人が2人以上死なないと信号をつけてくれない事は常識だ。日本という国はどうでも良い事はだらだら審議するがこのように危険な事わかっていても死人が出てはじめて動くのが日本です。
話は少し変わるが香港を見てほしい。どうぞ若い人の力が今日本には必要です。
今回の事でも若い人たちが先行して動いてほしい。
頼みますよ。

ゼブラゾーンは安全地帯とされ、横断歩道もこれに属します。

横浜での事故は、バスの影と言う死角が原因の事故ですが、同じバス停でもカーブの内側や、五差路などの見通しの悪い場所に設置してあると、譲り合いが原因の衝突事故もあり得ます。

自動車事故のおよそ70%は、朝夕の通勤・通学の時間帯や、薄暮の頃に起きると言うデータもあり、より一層の注意が必要でしょう。

実際、路線バスの停留場は危険な場所が多いと思います。交差点直前直後、見通しの悪い左カーブ上、峠道の頂点近くなど。大型車両なので、スペースの問題や地元の何かしらの圧力などもあるのでしょうね。それでも、安全を最優先に、事故を誘発しない取り組みに注力していただきたいです。

スポンサーリンク

危険なバス停 全国調査、終わりに

全国には、危険なバス停が多数存在していますね。

事故で、死亡してしまう人まで出ています。

これは、深刻な問題ですね。早急に改善が必要だと思いますが、政府は、どこまで動いてくれるのでしょうか?

今後の動きが気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました