フラット35 不正拡大がヤバイ!氷山の一角に過ぎない?

スポンサーリンク
ニュース

住宅金融支援機構が提供する長期固定の住宅ローン「フラット35」がマンション投資に不正に使われた問題で、その件数はすでに機構が把握している113件に加え、別に30件超あることが朝日新聞の取材で明らかになった。

不動産業者が「自己資金なしで投資できる」と勧誘して中古マンションを割高な価格で販売し、多額の融資を引き出していた。

「新築 画像」の画像検索結果
スポンサーリンク

フラット35 不正拡大、概要

フラット35は持ち家購入促進のため、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供する。

賃料収入に期待してマンション投資するのが目的なのに、居住用と偽って借りる手口は「なんちゃって」とも呼ばれ、融資契約違反である。

発覚すれば一括返済を迫られる。

 朝日新聞は、フラット35をマンション投資に不正に使った複数の業者の顧客名簿や賃貸管理表などを入手。

2014年以降に不正にフラット35で投資された50件超の実態を調べたところ、30件超が機構の調査対象外であった。

機構がすでに把握した113件以外にも不正があったことになる。

 フラット35をマンション投資に使う不正は、朝日新聞が5月に報じて明るみに出た。

 投資を勧誘された人らに朝日新聞が取材したところ、不正を主導した業者グループは少なくとも四つ確認された。

家賃収入を約束して若い会社員を誘い、中古マンションを販売。

業者が客と口裏を合わせて目的を偽り、フラット35で多額の融資を引き出す手口は共通する。

 SNS上での小遣い稼ぎの誘いや職場への営業電話などに加え、女性が恋人になった男に投資させられた「デート商法」とみられる例もあったという。

 機構は昨秋の情報提供で浮上した、不正の疑いがある融資113件について調査中である。

これらはフラット35のうち、国の補助金で金利が下がる優良住宅向けローンで、試算では今年3月までに900万円の補助金が支出された。

機構はフラット35全体についても不正のあぶり出しを進める。

 日本銀行の大規模な金融緩和で住宅ローンは歴史的な低金利である。

金融機関が低金利をPRして融資するなか、それを逆手に取って不正なマンション投資に手を出すケースが後を絶たない。

スポンサーリンク

フラット35 不正拡大、ネットの声

この様な場合、業者と金融機関はグルになっていると考えた方が自然。フラット35の原資は国民の税金なので、警察は詐欺罪を視野に入れた厳しい対応を望みます。
住宅支援機構は審査が形式的過ぎて、物件や契約内容について全く審査が出来ていないと思う。そもそも超低金利時代に存在理由が薄い。民業圧迫にもなるし、解散しても良いのではないか?

同業者なので、今回の問題は不動産業界の闇の一部が暴露されただけで、徹底的に探せばもっと見つかると思います。フラット35の審査基準が年々緩くなって来ていることが少し疑問であります。私がこの業界に入った時は、民間金融機関は基本的に勤続年数2年以上で源泉徴収票等の資料が確認出来ることだった記憶がありますが、(公庫は記憶が曖昧ですがそれでも1年分の源泉徴収票だったと思います。)今では1ヶ月分の給与明細×12ヶ月分の見込み年収で審査されますし、昔は年収の4~5倍が借入限度額だったのが、今では7~8倍までいけます。僕らからすとと審査がガバガバなので今まで買えなかった人が買えちゃう状態になっています。審査の段階でふるい落とされていた人が買っている状態なので、今後無理に買った人が大量に手放す自体になりそうで怖い。買わせているのは僕らなので我々の責任もかなり重いです。

書類の偽造や審査のごまかしは80年代のバブルの時も米のサブプライム問題の時も見られたものだ。
バブルには必ずモラルハザードが付随する。
土地ころがしの狂乱の中、人は乗り遅れまいと不正行為に手を染めることを厭わなくなるのだ。

記事にもある通り歴史的な低金利が数十年続き、またアジアの新興国の隆盛で海外から投資資金が流入した結果、市中に溢れた多量の資金が不動産に流入し、資産バブルになっている。
このままこの状況が続けばモラルハザードが常態化して社会全体の倫理観が低下し、80年代に見られたように、横領、不正会計=粉飾決算、詐欺などが増えていくだろう。
歴史は繰り返す…

これを防ぐには、人間心理を理解し、心理学的=行動経済学的な手管を加えた経済政策が必要なのだが、残念なことに日本の行政は未だそのレベルには達していない。(アメリカではオバマ政権が政策に行動経済学的を取り入れる指令を出しているが。)

お馴染みになってしまいますが
公的資金を運用する会社は、かくも不正を起こしてくれます。

役人、半役人、の方々は原資が自分で稼いだ金で無く
国民から預かってる、との意識もサラサラに無いまま
目先の、自分の、益になる事しか考えていない事が
原因なんでしょうね。

本来、選抜された我々よりは能力の優れた方々の集団のはずが
何故、この様な不正連発を防げないのでしょうか。

我々が黙っているのが問題なのかもしれませんが
もう少し公僕意識を高める改革を検討される時期ではないかと
思ってます。

悪いのは「不正使用」を勧める業者や金融機関。
確かに金利が低い「今」は良い。
民間の10年固定金利の方がお得ではあるが、10年後もしもインフレになってたらどうなる?一定の上限はあるけれど、金利が上がり支払額が増え家を手放す人が増えてしまう可能性が高まる。
そう言った意味で、フラット35は支払額が一定で先が見越しやすい良い商品だと思います。
この金融状況が刻々と変化する中、目先の安さにとらわれ、「民業圧迫」とか言うのは違うんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

フラット35 不正拡大 、終わりに

今回の問題は、みなさんあまり驚いていないようですね。

氷山の一角に過ぎないということでしょうか?

「フラット35を廃止すれば」との意見もありましたが、ネット上では、「悪いのはフラット35を悪用する人である」といった意見も多くありました。

今後、買った家を手放す人が増えてしまうのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました