Apple 謝罪がヤバイ!Siriプライバシー侵害!

スポンサーリンク
ニュース

(ブルームバーグ): 米アップルは音声アシスタント機能「Siri(シリ)」を取り巻くプライバシー問題について謝罪しました。

録音されたシリとの会話の保持をやめるなど、一連の対応策を明らかにした。

スポンサーリンク

Apple 謝罪、概要

アップルをはじめ大手ハイテク企業は音声認識機能の改善を目的に、ユーザーとのやりとりをソフトウエアではなく人間に分析させていたとして、批判を集めていた。

アップルは消費者からの指摘を受け、このプログラムを数週間前に停止しました。

ただ今秋のソフトウエア更新でプライバシー保護におけるユーザーのコントロールを強化する変更を加えた上で、 Siri プログラムを復活させる計画である。

アップルは28日、「見直しを行った結果、われわれが目指す高い理想にまだ達していないことを認識した。これについておわびする」と発表。

このプログラムがユーザーのプライバシー侵害に当たるとして、アップルへの集団訴訟が起こされている。

アップルの発表によると今後は、アップルがシリのサービス向上の目的で匿名のサンプル音声を聞くことについてユーザーは許可を選択できるようになり、後で許可を取り消すことも可能になる。

こうした録音は今後保管されなくなるが、コンピューターが文字起こしした会話のテキストは、ユーザーを特定しない格好で最大6カ月間記録されるという。

過去に分析が行われたシリとの会話は、全体の0.2%に満たないという。

スポンサーリンク

Apple 謝罪、主な見直し

  • 初期設定として、Siriとユーザーとのやりとりの音声録音を保持しないようにする。一方コンピュータが生成した書き起こしは、Siriの改善のために今後も使用する
  • ユーザーがSiri改善のため、音声サンプル録音を許可できるようにする。改善プログラムに参加する場合でも、いつでもやめられる
  • 改善プログラム参加を選んだ場合、Siriとのやりとりの音声サンプルを聞くことができるのは、Appleの従業員だけにする
スポンサーリンク

Apple 謝罪、ネットの声

Siriに限らずこの手の音声アシスタント機能の音声の保存云々って、
当初から利用規約にもしっかり書かれていたし、今更もいいところだと思うのですけどね。
通信もせずにスマホの内で処理していると思っていたユーザーが多い…のだろうなぁ。

スマホで外国語の音声翻訳機能を使う際も、GPS座標付きでサーバーに保存されていると思いながら使うほうがよいと思っています。

もしかしたらアカウント情報とも紐付けられて、カレンダーやウェブ閲覧履歴も監視されているかも。

極力、アプリのアクセス権や、写真のクラウドサーバー保存は避けましょう。

AIを実用レベルまで性能を向上させるには、膨大なデータが必要になる。
囲碁でも将棋でも実用までには人力による膨大なデータ入力が行われている。
言語の場合、日本語に限っても地域によるイントネーションの違いや同音異義語などがあり、人力によるデータ解析を行わないと実用レベルに達していないのだろう。
男女の差や個人差による音声周波数の違いなどもあるしね。
ともあれ、スマホやPC、今後は家電も含めてネットに繋がっている機器の操作情報は全てサーバーに蓄積されると認識しておいた方がいい。
まあ、普通に使っている分には不都合を被ることはないはずなんだけどね。

以前、iPhoneの調子が悪くカスタマーセンターに問い合わせました。担当者が画面共有をし、指示を出されるまま作業をしていたら、突然暗証番号が変更され、ロックが開かなくなるアクシデントが起こりました。

もともと調子が悪かったので仕方ないと思いましたが、担当者が『後ほどご連絡致します』と言って電話を切った後、連絡が来ない。こちらから連絡し、経緯を説明するも、『そのような担当者と、アクシデントの記録は残っておりません』と言われて驚きました。

Appleへ問い合わせを行うと、必ず担当者は内容について記録し、問い合わせ番号を発行します。しかし、私の問い合わせは故意に記録されておらず、担当者名、役職名を伝えても、『分かりません』としか言われませんでした。

Siriへの問いかけを自動録音するくらいなら、問い合わせの電話を『自動で』録音して下さい。強く改善を求めます。

スポンサーリンク

Apple 謝罪、 終わりに

まさかシリとの会話を録音されて聞かれていたとは、驚きです。

ネットでは、Appleに対して批判の意見もあがっていますね。

ネット社会の現代ですが、プライバシーの保護には、気をつけたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました