追い越し車線 規定誤解の真相はこちら!あおり運転への影響も

スポンサーリンク
ニュース

追い越し車線2kmまで走っていいは間違い?

最近、あおり運転の誘因として注目を集めているのが「追い越し車線を走り続ける行為」 である。

今回は、 追い越し車線について調べてみました。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、交通違反の出来事

追い越し車線は本来、追い越しのためだけに使う車線で、追い越しを終えたら速やかに走行車線に戻らなくてはならない。

正当な理由なく追い越し車線を走り続けることは、「通行帯違反」という交通違反を犯していることになる。

30数年前に自動車免許を取得して以来、ずっと「追い越し車線はおおむね2kmまでなら走ってもいい」と思っていた人がいる。かなり遠い記憶だが、自動車学校でそう習ったからだという。

3年近く前、新東名高速道路を西向きに走行中、沼津近辺で青切符を切られたのは「通行帯違反」が理由だったという。

確かにその時は追い越し車線を走っていたが、後続車に追いつかれたわけでもなく、そろそろ走行車線に戻ろうと思っていた時、どこからともなく現れたパトカーの赤灯が視界に入って来た。

そして、停止を求められたのだ。

わたしを停めた警察官の一言は、「ちょっと速かったですねえ」。速度違反をしたときのお決まりの一言。

しかし、そのあと予想外の言葉が続いた。

「追い越し車線を走り続けたら違反になるのは知っていましたか」

「え? はい。(それは知っている。2km以上走ったらダメなのだ)」

(え? 追い越し車線2kmも走ったっけ?)と心の中で思いながらも署名をした。しかし、後日、「補足欄」を良く見たら、なんと「約1.5km通行」と書いてある!

「え? 1.5kmでも捕まる? 2kmじゃないの?」と驚いたという。

その時は、気が動転していて、補足欄を確認することを忘れていたのだ。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、県警の回答

ネットで調べてみたら、同じように通行帯違反で捕まったひとたちがSNSに「1km走行でも捕まった」「1.5kmで捕まった」などと書いているのである。

そこで、静岡県警に聞いてみたらしい。

その会話がこちら。

「追い越し車線はおおむね2kmまで走っていいと教習所で習ったのですが、違うんでしょうか?」

「2kmと言う規定はありません。追い越しが終わったら、速やかに走行車線に戻ってください。追い越し車線は、追い越しのためにだけ使われる車線です」

「追い越し車線は何kmまで走っていいのでしょうか?」

「おおむね2kmですね」「だいたい2km以内で走行車線に戻るよう学科教習で教えています」「追い越しをして、走行車線に安全に戻るために必要な距離ということで約2kmと教えています」

AUTOCAR

ざっくりまとめると、4か所すべて「追い越し車線は2kmまで走ってもいい」との答えである。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、 通行帯違反の取り締まり件数

追い越し車線を走り続ける「通行帯違反」に関しては年間どれくらいの取り締まりが行われているのだろうか?

平成30年交通安全白書にある、「平成29年高速道路における交通違反取締り状況」によると、総数は52万4161件。

1位は最高速度違反で37万4085件、それに続く2位が車両通行帯違反で6万1362件となっています。

速度違反に次ぐ2位とは、意外に多いと思うかもしれないが、平成26年は8万2459件あり、ここ数年は通行帯違反の取り締まり件数は減りつつある。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、あおり運転への取り締まり

防止対策として大幅に増えているのが、「車間距離保持義務違反」の取り締まりである。

平成29年が6139件だったのが平成30年には1万1793件と2倍近い件数にまで増えている。

車間距離を詰めて先行車両に接近する「車間距離保持義務違反」は、あおり運転につながるということだろう。

もちろん、それは否定しないが、ではなぜ適切な車間距離を取らずに先行車に接近する事態になるのか?

 ここにも注意が必要である。

車間距離を取らずに接近する=先行車に追いつくということ。

このような状況にも適用される道路交通法がある。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、正しい追い越し車線の走り方

・追い越し車線は追い越しが終わったら安全を確認して走行車線に戻る。その際距離は関係なく、2km以下でも通行帯違反の取り締まり対象となり、逆に交通状況から渋滞などで2km以上走行せざるを得ない場合は違反とはならない。

・法定速度以下で走行中に追いつかれた先行車は後続車に道を譲る義務がある。追いつかれても道を譲らず後続車の走行を妨げることは、あおり運転を誘発することにもつながる。あおり運転のほとんどは、先行車がノロノロ走っていて道を譲らないことから始まっている。

AUTOCAR
スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、ネットの声

走行キロ数、距離の問題ではない。追い越しのために右車線に出たら、後方をチェックして、追いついてくる車が減速する前に左に移動する、それが出来るくらい周囲や後方に目配り気配り出来るドライバーが利用するもの、記者のように気づいたらパトカーが後方にいた。なんて言ってるような注意を広く向けれないドライバーは追い越し車線走らないようにしましょう。

通行帯違反を厳しく取り締まれば、煽り運転も減って渋滞も減って良い事が沢山だと思う

そもそも皆が周囲を見て運転し、円滑な交通の流れを作るようにすれば
トラブルも起こりにくくなると思う

ルールはルールで理解できるのですが、高速道路の大型車の走行帯を示した標識については罰則はないのでしょうか?
真ん中の車線や追い越し車線を悠々と走っている大型車を普通に見かけますよね。
(もちろん、そうでない大型車のドライバーさんもいますが。)
警察の取り締まりの基準の一貫性があれば問題ないと思いますが、各都道府県・警察官の基準のバラつきが大きすぎる気がします。

観光バス運転手してます。
追い越しが終わったらすぐに戻りたい気持ちはあるのだけどなにせ車間詰め詰めで走ってる乗用車がいるもんで12メートルあるバスとしては戻りたくても戻れない。
そして戻ろうとすると追い越された乗用車が嫌がらせのごとく並走する。
頼むから登り坂で速度落ちるのはやめて下さい。
助手席の人と喋るのは良いけどスピードメーターを良く見てください。
そして真ん中車線を80で走るのはやめてほしい。

走行帯違反で捕まるのも、煽られるのもただ単に不必要に右車線走行、後方確認が出来てないだけと思う。
追い越し車線から走行車線に戻ってもすぐに追い越し車線に出なければならない、何台もゆっくりな車が連なっている状況だったら警察もすぐ検挙とはならない。
左車線がスッキリ空いている状況での右車線通行がダメでしょう。
というか、そもそもパトカーが覆面であっても、追いついて来た車がいる状況で不必要に追い越し車線走っているから捕まる。
覆面が左車線にいたとしても追い越した車が走行車線に戻るか見ているし前が詰まっていて戻れない状況だったら捕まえはしない。
高速慣れしている人、職業ドライバー、警察などは常に前方1キロ、後方数百メートルくらいは見て走っているが高速走るんだったら当たり前の事。
それが出来ないドライバーが通行帯違反で捕まる、煽られる。

スポンサーリンク

追い越し車線 規定誤解、 終わりに

いかがでしたでしょうか?

知っているようで、実は知らない追い越し車線の規定。

私自身も、勉強になりました。

しかし、ネットでは、色々な意見があがっていますね。

今後、あおり運転が減ることを願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました