佐野SA スト 経緯はこちら!やはりワンマン社長が原因?!

スポンサーリンク
ニュース

お盆真っ只中の8月14日、例年多くの観光客で賑わう東北道・佐野サービスエリア(上り線)は閑散としていた。

理由は従業員が起こした前代未聞のストライキ!

その後、運営会社「ケイセイ・フーズ」はストライキについて自社の見解を記した「事情のご説明」を報道各社に送付しました。

社長の岸敏夫氏(61)が会見するなど、大きな話題となった。

スポンサーリンク

佐野SA スト 経緯、概要

佐野サービスエリアは佐野ラーメンが名物で、年間利用者数は約170万人。

しかしストライキは長期戦の様相を呈し、いまだに本格的な再開には至っていない。

16日朝からフードコートと売店に限り、関連会社の従業員や日雇いスタッフを集めて営業を再開したが、佐野ラーメンが提供されるまで食券購入から50分を要したケースもあったという。

「営業再開後に佐野ラーメンを食べましたが、以前よりもスープが薄味になったと感じました。10人程のスタッフが厨房にいましたが、何をしてよいのかわからず、立っているだけの人もいた。夕方にも関わらず、フードコートは閑散としていましたよ」(立ち寄った客)

スポンサーリンク

佐野SA スト 経緯、 解雇部長への信頼は厚い

ストライキの端緒となったのは加藤正樹元総務部長(45)の不当解雇である。

加藤さんがケイセイ・フーズに入社したのは昨年5月。

元々は大手総合商社で働いていたが、東日本大震災をきっかけに故郷である宮城に戻り復興活動に従事していた。

そんな折、ケイセイ・フーズで働く知人から誘われ、同社に入社したのである。

「加藤さんは入社して間もないが、従業員の信頼は厚い」と語るのは加藤さんと共闘する同社支配人Aさんである。

「加藤さんは着任早々、様々な取り組みをしてきました。例えば北関東限定販売の、葵の家紋がデザインされたコカ・コーラの“徳川ボトル”。以前は冷蔵庫で冷やして売っていたのですが、加藤さんがお土産にちょうどいいからと、大きな売り場を作って、箱単位でも売り出したんです。それが当たり、地域限定ボトルの売り上げで佐野サービスエリアが全国1位を獲った。メーカーさんも驚いていました」

文春オンライン

上記のようにAさんは、語る。

スポンサーリンク

佐野SA スト 経緯、会社の嘘

ストライキを受けてケイセイ・フーズが報道各社に送付した文書「事情のご説明」には、「新規融資凍結処分」を受けたとの事実はないと記載されている。しかし労使交渉を録音した音声データには、このようなやりとりが記録されている。

《支払いなんですが、本当に言いづらいんですけど、ああいう情報が出ている状況で……》(加藤氏)

《どういう情報が出てるんだ! なんだ情報っていうのは》(岸社長)

《〇〇銀行から融資が止まっていると》(加藤氏)

《〇〇新規融資が止まっているという話ですよね》(監査役Y氏)

《はい》(加藤氏)

《それは事実なので、ただ今、それを正常化するように努力している。私のほうにも〇〇銀行から依頼ありましたので》(監査役Y氏)

《ですよね。私は非常に近しい人(取引業者)に現金で払ってあげられないと、それなら早く手配してもらった上で……》(加藤氏)

《それは(エアコンの)設置が終わってからでいいですか》(岸社長)

そして2019年7月、ついに佐野サービスエリアが異常事態に陥る。

「売店のバックヤードから商品がどんどんなくなっていったのです。8月初旬には、バックヤードからほとんどの商品が消えてしまっていました。しかもそんな危機的な状況下で、岸社長の子飼いだった当時の総支配人T氏による経費の個人的支出が露見したのです。T氏は会社の経費で700万円以上する高級車や、100万円相当の家電製品などに不適切な支出をしていたことが発覚しました。特に車は社長が『オレの側近が安い車に乗っていると恥ずかしい。高級車ならいいな』と言い出したから買い換えたというのです。従業員たちの不安が怒りに変わりました」

文春オンライン
スポンサーリンク

佐野SA スト 経緯、ネットの声

ストライキに対し、会社は違法であると主張し、損害賠償を請求するという。これに同調して、ストは違法なのだという論調の記事も目立つ。論点は、今回のストが正式に労組を結成し、団体交渉を経たものではないということだ(手続の問題)。この記事からわかるように、それだけ事態が切迫し、急激な展開でストに突入したということである。では、急な事態に対しては、ストライキを行ってはいけないのだろうか?
実は、ストライキの権利は憲法によって保障されており、労働組合を結成し、団体交渉を経るという「手続き」とは別に、権利を保障している。過去に外国人実習生の事例で、同じような状況でスト権が認められている。また、労組法上も、事前の予告や団交が必要かという点について、学説・裁判例の見解は分かれているのが実情だ。したがって、手続きに反した場合に必ずストが違法になるわけではない。ブラック企業が蔓延する今こそ、スト権の活用が必要だ

社長のワンマンが原因かと思います。
私は佐野PAのラーメンが大好きだし、従業員には頑張って貰いたいです。
従業員が一斉にストライキのニュースを見て最初は驚きましたが、何度か社長のコメントしている場合をTVで見て、納得しました。

NEXCO東日本とネクセリア東日本も入り、落とし処を模索しないと『佐野SA』の先は無いな

ただ、この社長での継続は無理だよね
TVのインタビューを見たけど、ワンマン経営が滲み出ていた

業者を変えるか、社長を変えるか の選択が必要かな

恐らく元総務部長ですから労務管理が詳しい筈です。
私も事業主で元労組㈹の経験があります。
税務管理より遙かに労務管理の方が難しいんです。何故か?相手が人間だからです。
労組には2パターンあります。
役職で上限を決め社員が強制的に加入する
ユニオンショップ
役職に拘らず誰でも加入できるオーブンショップ
恐らくこの会社は後者なんでしょう。
記事を見る限り正しく不当労働行為だと思います。
先ず其の日に解雇などありえません。
解雇するに当たり30日前に解雇予告をして解雇手当ての処理をしなくてはなりません。
*解雇予告手当ては原則課税対象外です。
労組に加入している従業員は正当な理由がなければ解雇できないと認識すべきです。
今は1人でも合同労組として労働組合法の保護を受けれますし、労働審判法の活用も可能です。
労働力の売り買いの観点に鑑み労使対等の原則がこの事業主は欠けているんでしょうね。

スポンサーリンク

佐野SA スト 経緯、 終わりに

ストライキの原因は、やはりワンマン社長にあったのですね。

元部長の思いもむなしく、ワンマン社長には届かず、解雇されてしまい、従業員の給料も支払われなくなってしまう、、、

今回のストライキは、なるべくしてなった感じですね!


コメント

タイトルとURLをコピーしました