日本産ウイスキー 1億円、世界が認めたウイスキーとは?!

スポンサーリンク
ニュース

希少な日本産ウイスキーが16日、香港で競売に掛けられ、1億円に迫る719万2000香港ドル(約9750万円)の超高額で落札されました!

「イチローズモルト・カードシリーズ 画像」の画像検索結果
スポンサーリンク

日本産ウイスキー 1億円、概要

英競売商ボナムズが発表しました。

世界的に高い評価を集める「ジャパニーズ・ウイスキー」の人気を証明した格好だ。

 競売に掛けられたのは埼玉県のベンチャーウイスキー(肥土伊知郎社長)が発売した「イチローズモルト・カードシリーズ」の計54本セット。

それぞれにトランプにちなんだ名前が付けられ、2005~14年に順次発売された。

いずれも限定本数しか販売されておらず、一部のウイスキー愛好者の熱狂的な人気を集めたという。

 事前の予想落札価格は450万~600万香港ドル(約6100万~約8100万円)と見込まれていたが、実際は大きく上回った。

15年にボナムズが実施した別の競売で同様のセットが約380万香港ドル(約5100万円)で落札されており、4年間でほぼ倍増した。

 ボナムズ担当幹部のダニエル・ラムさんは競売前、「日本のウイスキーに対する市場の需要は過去最も強い」と指摘。

さらに「シリーズ全部がそろったセットは世界に四つしかないとされている」と希少価値をアピールしていたそう。 

スポンサーリンク

日本産ウイスキー 1億円、ネットの声

2万円くらいの限定品国産高級ウイスキーを6年後くらいに大黒屋の質屋で売ると箱ナシで10万円以上で普通に売れるのもある。嘘のようで本当の話。10年くらい前から海外の需要が増してる影響や、中国の景気がいいせいもある。こんなのあると限定品投資目的で買い占める業者が現れそうだがバブルが弾けるリスクもあるからな。とにかくも今になって海外の日本のウイスキーブームが来るとはね。

自分は下戸だが日本産ウイスキーが評価されるのは素直に嬉しい。ただそんなに知識が無い自分でも出荷の中止などは聞いたことがある。

ウイスキーは生産しても熟成が必要だから致し方ない。ただ日本の蒸溜所も生産を増やしあとは熟成を待つだけの状況らしい。

ウイスキー愛好家は10年弱待てば素晴らしい時代が待っている。正直、羨ましい(笑)

イチローズモルトの12年を飲みましたが、とても美味しいウイスキーですね。
しかし、価格は少し高いかなと感じます。
こちらの記事と少し内容が違いますが、15年以上前に、サントリーの山崎蒸溜所と白州蒸溜所を訪れたときに、限定品のカスクオブ山崎と、カスクオブ白州を購入しました。
それぞれ1万円前後だったと思います、そのまま倉庫に入れて…忘れていましたが、近年のウイスキーブームで存在を思い出し、価格を調べてみたら!山崎が1本30万円、白州が20万円で取引されていて、びっくりしました。
日本のウイスキーは近年本当に美味しいなりましたが、昔からウイスキーの大好きな私には、好きなウイスキーが入手出来なくなり残念です。

日本人はビール派が多いので、外人に好きなお酒はと聞かれてウイスキーと答えると少数派だねと言われる。東南アジア系はビールよりカクテル派(ウイスキー等に混ぜて飲むもの全般)が多い印象。

市販のリーズナブルな価格のウイスキーも普段飲む分にはもちろんいいのだが、人気があってそれなりの値が付いているウイスキーはやはり芳香と味わいが格段に違う。ただ、1億円となると競売だからそんな値が付くんだろうなと思うし、完全に趣味の世界だと思う。

スポンサーリンク

日本産ウイスキー 1億円、終わりに

日本産のウイスキーが超高値で落札されたことは、世界が日本のウイスキーを認めている確かな証拠ですね。

「イチローズモルト・カードシリーズ」のセットは、かなりレア中のレアみたいです!

飲むのがもったいない代物ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました