森永ラムネ 人気!歴史は?大粒ラムネが大人気の理由?

スポンサーリンク
ニュース

今、昔からのロングセラーの「森永ラムネ」が人気らしい。子供の頃よく食べていたラムネがなぜ大人に人気なのであろうか?気になったので調べてみました。

懐かしの森永ラムネが大人や受験生に売れまくる理由



 水色のボトルが目印の森永製菓「森永ラムネ」。子どもたちから長年愛されてきた超定番商品だが、この数年、大人のファンが急増しているという。2018年に大人に向けて発売した「大粒ラムネ」は、一時は販売休止になったほど大きな話題を呼んだ。昔懐かしい森永ラムネが、なぜいま大人たちの注目を浴びているのだろうか。(清談社 真島加代)


● ビジネスパーソンが ラムネを買っていく

 森永製菓の「森永ラムネ」といえば、1973年に“食べるラムネ”として登場して以来、いまも愛される身近なお菓子のひとつ。

 「おなじみのラムネボトルを模した『森永ラムネ』のメインターゲットは、小さなお子さんがいるお母さんです。子どものおやつとして購入する“買い与えニーズ”は、いまも大きな市場でもあります。その一方で、5年ほど前から受験生やビジネスパーソンなどが自分用にラムネを購入する、というケースが増えていきました」

 森永製菓マーケティング本部菓子第二マーケティング部・江原敦子氏は、森永ラムネの購入層が広がった理由について「SNSを中心とした口コミがきっかけ」と明かす。

 「2014年ごろに『二日酔いのときに森永ラムネを食べるとスッキリする』という内容の口コミが、インターネットを中心に拡散されたのがはじまりだったようです。また、森永ラムネにはぶどう糖が90%含まれているのですが、メディアを通してぶどう糖に期待されるさまざまな効果に注目が集まったことも、ラムネブームを後押ししました」

 ぶどう糖は脳のエネルギー源でもあり、SNSの口コミやぶどう糖ブームが到来。2015年度にはラムネの売り上げが前年比の120%の伸びを記録した。子ども向けの商品棚にあるボトル入りの森永ラムネをビジネスパーソンが買っていく、という現象が起きたという。

● 苦難の末に生まれた 「大人向けラムネ」が大ヒット!

 大人向けラムネの苦戦が続く一方、ボトル入りの“元祖”森永ラムネの売り上げは右肩上がり。

 「そこで「『森永ラムネ』について調査をしたところ、認知度は85%と高く、味わいについても高評価が得られました。なじみのないパッケージデザインの大人向けラムネは、手に取りにくかったようです」

 森永製菓は、多くの人が親しみを感じている森永ラムネのブランドを生かしつつ、大人向け商品の開発をすることに。そして、2018年に販売されたのが「大粒ラムネ」だった。

 「パッケージカラーは、森永ラムネと同じ水色とロゴの赤色。ひと目見れば『あのラムネと同じだ!』とわかるデザインにしました。味わいは同じですが、ボトル入りのラムネとの最大の違いは粒の大きさです。森永ラムネよりも、粒を1.5倍大きくして、食べごたえが増したことで“大人向けの商品”だと認識してもらえるようにしました」

 子どもの目線に合わせたお菓子棚とは異なり、パウチ入りの商品は、コンビニなどで大人の目につきやすい場所に陳列されることが多い。すると、子ども向けのお菓子というイメージを抱いていた人も「森永ラムネの大人向け商品が出たんだ!」と感じ、目につきやすくなるのだという。

 そして、苦難の末に誕生した「大粒ラムネ」は、2018年3月の発売と同時に大きな反響を呼んだ。

 「発売から1ヵ月足らずで年間販売計画数量を売り切り、販売休止になってしまったんです。正直、ここまで売れることは予想しておらず、小売店さんやお客さまには大変ご迷惑をお掛けしました。その後、同年7月に西日本で再販、10月には全国と順次再販を開始し、現在も売れ行きは好調です」

ダイヤモンドオンライン
スポンサーリンク

森永ラムネ 人気!の理由は?

なぜ、昔からの定番商品「森永ラムネ」が今、大人気なのでしょうか?

大人用ラムネ「大粒ラムネ」の商品発売

パッケージは従来容器と同じ水色をベースにして、アクセントも同じ赤色。

また形状は、子ども向け菓子の棚にわざわざ大人のお客様が足を運ぶことは少ないので、グミやキャンディのように大人がパッと買える場所に置いていただけるよう吊り下げ型のパウチパッケージに。

中身のラムネは、大人の方が食べて満足できるように通常のラムネの1.5倍の大きさにしました」

パッケージに「ブドウ糖90%」の成分表示し話題

「2018年にブレイクしそうな商品」として「森永ラムネ」の詳しい成分や評判が新聞に取り上げられた。この記事が出た直後も売上が跳ね上がったといいます。

さらにカーリングの日本代表選手が「森永ラムネ」を食べている姿が話題になり、トレンドに敏感な人たちが大量に購入するケースが増えた。

ブドウ糖は「脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質」

人体にとっても重要な栄養素

また、 二日酔いにもこの「ラムネ」効くと、ネットで話題になりました。

ビジネスマンや受験生が集中力UPを期待し購入

「ビジネスマンだけでなく、ボトルの森永ラムネや大粒ラムネは10代の愛好者がとても多く存在。10代の購入層は受験生が中心で『試験勉強のお供にしている』『塾仲間が買っていたから』『塾の先生が教えてくれた』など、受験が契機になり口コミで広がっていったようです」

 近年では、受験期の子どもを持つ母親が、子どものためにラムネを購入するというケースも増えているそう。大粒ラムネのヒットは新たな市場開拓につながっている。

現在販売しているか定かでは有りませんが、こんな商品も!

「森永ラムネ」の画像検索結果
スポンサーリンク

森永ラムネ 人気 ネットの反応は?

登山の行動食で食べてます。ボトルタイプはすぐ無くなるので重宝してます。出来れば甘さを抑えて酸味をアップしたスポーツタイプも出してもらえたら嬉しいです。あと原寸大ラムネボトルのビッグタイプも(笑)

子供が欲しがって買ってから、久しぶりに食べたら美味しさに驚いたのを覚えてます。
以降、私のバッグにはよくボトルタイプのほうが入っています。
お出かけ中にパクッと食べられるのが良くて^^*

今年からスーパーのレジパートを始めたのですが、レジ横に置いてあるこのラムネが本当によく売れます!
大粒のほうも出ますが、やはり通常のボトルのほうが多いです。
ちょうど配置が子供目線の下のほうなんですが、大人も買います。
変わらないデザイン、手頃な価格、爽やかな味が良いですよね!

森永ラムネおいしいですよねー。私もよく買ってしまう。この頃は大粒のをよく購入します。
栄養とか吸収とかよくわからないのですが、世の中糖質制限、炭水化物を減らすと痩せるというのがありますがラムネはそのまんま糖質。なのに売れてるとな。
うちの会社でもジム行って糖質控えてダイエットしている女子達いるんですけど、仕事中ラムネ食べてて。
三食の糖質制限してラムネ?と思っていたのですが、炭水化物とラムネの糖質は別物?太らないのかしら?
食事で糖質制限してラムネ食べるなら食事をしっかり摂ればいいのに、と思う私。糖質の質がなんか違うのかなー。私は三食しっかり食べているにも関わらずついついラムネ‥やめられない‥

私も長距離運転の前によく買う
あと細かい作業をする時とかいい感じ
何より美味しい……美味しいのだよ……

尿病だった父がお散歩の供にしてたことを思い出しました。
偶然にもつい先日、高校生の娘に言われて、ボトルに入っていないタイプが売ってることを初めて知りました。
世代を超えて長く愛されてるんだな、としみじみ。私も久しぶりに買ってみようかな。

職場で仕事をしながら
少し糖質を摂取したいときに
ぴったりで重宝しています。
チョコや他のお菓子だと
おやつ感がすごくて
雰囲気的に食べにくかったりします。
前まではチロルチョコでしたが
コスパとカロリーからラムネに
はまっています。

スポンサーリンク

森永ラムネ 人気 最後に

短い時間で仕事をこなす。近年は働き方改革も叫ばれているが、そのカギは“集中力”だと言われている。『森永ラムネ』はそんな時代にハマった商品なのではないだろうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました