サイレント盆ダンスって?動画あり!騒音被害を解消。

スポンサーリンク
ニュース

金沢市のタテマチストリートで10日夜、音が流れないユニークな盆踊り「サイレント盆ダンス」が行われました。

スポンサーリンク

サイレント盆ダンス、概要

金沢市のタテマチストリートで昨夜行われたのは一風変わった盆踊り「サイレント盆ダンス」。

参加者は配られたイヤホン付きの携帯ラジオを装着し、そこから流れる音楽を聞いて踊るため会場には一切音が流れません。

参加者は、
「楽しいです。耳で音が出ているので不思議な感じはしなくて、普通に盆踊りをする形でやっています」
「初めてやって必死だけど楽しいです」

 このサイレント盆ダンスは騒音問題などに発展することがない次世代の盆踊りとして注目を集めていて、全国的に広がりつつあるということです。

スポンサーリンク

サイレント盆ダンス、 動画

こちらは、実際のサイレント盆ダンスの動画です。

どうぞ、ご覧下さい。

サイレント盆ダンスダイジェスト
サイレント盆踊り
スポンサーリンク

サイレント盆ダンス、 ネットの声

そりゃ夜10時、11時まで大音量流してやるんなら問題だけどさ、盆踊りなんかせいぜい8時くらいでしょ。現代人がまだ活動してる時間帯じゃないのかね?

昔、商店街の人と組んで8月の暑い日に風鈴を並べてみようという企画を提案したことがあったがその時も3人のクレーマーのせいで潰れた。

これって根本的に民主主義に反してるよな。マイノリティが重要だっていうのなら独裁国家に亡命すりゃいいと思うんだけどな。

大きな声を上げる少人数のクレーマーと、声を上げない大多数の人がいたら、大きな声を上げる意見に従う今の日本
大丈夫でしょうか?

逆転の発想!とか発案、主催者側は思ってるのかも知れないけど、ケチつければ多くの人が過去よりずっと楽しんできてる事でも、行政ですらも動かせる。
なんて前例は潜在的なクレーマーをさらに表に呼び出すだけと思う。
彼らにとってこういう流れは「自分のクレーム(本人はクレームと思ってないだろうが)は大きな影響力を持っている。実際に動かした。」と捻れた自尊心を満足させる意味になる。
少数派意見とモンスターとは区別するべき。

何とも味気ないし、踊らず見ている側には不思議な雰囲気。とてもじゃないが、楽しそうに見えないんだけど。
除夜の鐘とかみたいに、騒音問題で淘汰されてしまうの?

スポンサーリンク

サイレント盆ダンス、 終わりに

サイレント盆ダンス、色々な意見がありますね。

動画を見ていると、踊っている人たちは、楽しそうですが、ちょっと風情が失われてしまうような気もしますね。

現代社会は、様々な時間習慣で生活している人がいると思いますが、昔から続く盆踊りは、はたして騒音なのでしょうか?

けれど、騒音と感じる人もいるからこそ、このようなサイレント盆ダンスが生まれたのでしょうね。

はたして、これは、全国に広がっていくのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました