雨の日のランニング練習はどうする?レース当日までには体験しておこう!

スポンサーリンク
スポーツ

せっかくランニングしようと思い立った時に限ってあいにくの雨。モチベーションはダダ下がり。特に梅雨の時期は毎日雨なんてことも。雨だから練習はおやすみ。そんな事では一向にマラソンの練習なんか出来ません。ここでは雨の日にどうやって練習するかの準備と注意点をお伝えします。

スポンサーリンク

雨の日のランニングのメリット

マラソンレース当日に悪天候になった場合の練習が出来る。

マラソンのレースは多少の雨でも決行されます。雨の日に走った事がある人ならわかると思うのですが、濡れるだけでなく、とにかく 走りづらい。雨の日に走る事は、日ごろのトレーニングの集大成として臨むレースの時の自信につながります。

「自分はああいったコンディションでも走ってきたんだ」「天気が崩れても自分の力をきっと出し切れる」といった思いが追い風になることでしょう。

雨の日に練習をしたことが無い人が、本番の悪天候で走ることになった場合、十分な準備が出来ておらず、満足な走りが出来ない可能性が高いです。

そこで普段の練習から雨の日を想定したトレーニングを行うことで、不測の事態にもうまく対応することが出来ます。本番のレース前には雨の日のランニングを経験しておくことをおすすめします。

身体が冷えやすく、足元も滑りやすいのでしっかりと準備して練習に臨みましょう。

雨の日でも練習を行う事により、脚力ダウンを防ぐ

仕事のの残業で疲れていたり、急な飲み会があったりと、忙しい日々の中で何とか作ったランニングの練習をしようと思ったらあいにくの雨・・・

走りたいのに悪天候で練習を断念する日々が続くとブランクが長くなり、せっかくつけた脚力の維持にも影響を及ぼします。

そうやって練習を先延ばしにしていくとモチベーションも下がり、1ヶ月練習していなかった、なんてことになりかねません。

練習を行うと決めたからには、多少の雨であれば雨の日のランニングを行い、脚力の維持に努めましょう!

スポンサーリンク

雨の日のランニングに必要な所持品&装備品

雨から身を守るウエアーで

夏場であれば、普段のランニングスタイルでいいと思います。多少の雨は心地よさすら感じるかもしれません。しかし肌寒い春・秋、真冬はそんなことは言ってられません。

服が濡れると身体を冷やしやすく、風邪や怪我の原因になる場合があります。

そこで撥水性のあるウインドブレーカー(レインジャケット)を着用しましょう。服が雨に濡れるのを防ぎ、寒さを和らげてくれます。

また、雨の日は視界が悪くなるため、安全への注意も必要です。車のドライバーや歩行者が気が付きやすいように、蛍光色の明るい色を着用するように心がけましょう。

夜間のランニングもそうですが、車通りの多い道を走る際には特に注意が必要です。

つば付きキャップを着用する

キャップを被ったところで、髪はびしょ濡れになってしまうのですが、つば付きのキャップを被ることで、顔に当たる雨の量を減らす事が出来ます。これだけでかなりの雨の日対策になります。

さらに撥水性のあるキャップを選ぶことで濡れるストレスはかなり軽減されるでしょう。

またキャップは夏の日の日差し対策、冬場の防寒対策として、ランナーとしては1つは用意しておくと良いでしょう。

撥水性のサングラスを着用する

雨の日に走った事がある人ならわかると思いますが、雨が目に入ってきて鬱陶しいです。キャップをしていればある程度は防げますが、それでもちょくちょく手で顔を拭わなければいけなくなります。

また、サングラスは撥水性があるものを着用して下さい(撥水性がないものは撥水スプレーを使用してください)

撥水性能が無いものは、サングラスに雨が付着し、視界が悪くなります。雨が目に入るのを防げても視界が悪くなっては意味がありません。必ず撥水性能があるサングラスを着用しましょう。

履き古しのシューズを雨用に!

シューズに関しては、いつも同じ一足で通して使っている場合、履き古したものがあれば、汚れてもいい雨の日用として使うのも一つの方法です。

しかし雨の日は、裏面が磨り減っているシューズは滑って転倒し怪我をする恐れがあるので使用は控える様にしてください。

スポンサーリンク

雨の日のランニングにおいての注意点

雨の日のストレッチは入念に!

室内や雨が遮る屋根のある場所でランニング前のストレッチやエクササイズを行いましょう。外へ出てからは走るだけという流れがベストです。

雨に濡れると身体が冷えてきます。また、滑らないように地面を意識する事も。普段より末端の筋肉を使った走りになりがちです。いつも以上に念入りに準備運動を行うように心掛けましょう。

マンホールや白線は滑りやすいので注意!

雨で路面が濡れているとマンホールや白線は大変滑りやすいです。特にマンホールは滑りやすいので注意が必要です。

特に曲がるときは滑りやすいので、路面をチェックしマンホールや白線は避けて通るように心掛けましょう。

また、シューズの裏面が磨り減っているものは極力使用を避けましょう。

あと、雨ざらしのコースを走り通すのは大変ですが、雨を避けられる場所を選んで走る方法も有ります。雨に出来るだけ濡れない場所を走るルートを構築して下さい。

高架下、トンネルや木々が生茂った公園など、じかに雨が当たるのを防げる雨の日コースを事前にリサーチしておくのも有りです。

ランニング後は身体をすぐに温める。

雨の日のランニング後は身体が冷えやすいです。帰宅後は速やかに入浴・着替えをしましょう。湯船に浸かりマッサージし身体をしっかりケアしましょう。

スポンサーリンク

雨の日のランニングは走り出せば案外平気!

走ろうとする日が雨だと気が滅入ってしまいます。雨の中へ駆け出すのに億劫になってしまうのは人間の心理として仕方のないことだと思います。

ここまで準備してまで雨の日に走る必要があるのか?と思われる人もいるかもしれませんが、冒頭に話したようにマラソン本番は天候を選べません。

ウザったい雨の日に重い腰をどう上げるかが大きなポイントです。ひとたび走り出してしまうと、雨なんて大して気にならなくなることが案外多いのではないでしょうか。

雨の中を走ること自体がつらいのではないと思います。走るぞという気持ちをいかに掻き立てるかです。

普段から雨の日に慣れておけば本番もうまく対処することができるでしょう。そして、何回か雨の日に走っていると全く気にならなくなってきます。

むしろ夏であれば吹き出す汗を洗い流してくれて、良い感じで冷やしてくれるので走っていて気持ちが良いです。

それでも冬の雨の日のランニングは控えましょう。ただでさえ寒いのに雨のランニングは尋常ではなく寒いです。体調を崩しては本末転倒です。

やっぱり雨の日は外で走りたくないあなたは?

雨の日に外で走るのはどうも気が引けるというあなたは・・・室内で出来る練習をしましょう。

トレーニングジムでランニングマシーンで走るのもいいですし、ステーショナリーバイク(自転車)やマシーンを使ってフィジカルを鍛えるのもいいと思います。

スポンサーリンク

最後に

いままで一度も雨の日にランニングを行ったことが無い人はレース当日までに必ず行うことをおすすめします。

事前準備にもなりますし、 自分はああいったコンディションでも走ってきたんだ」「天気が崩れても自分の力をきっと出し切れる」といった思いが追い風になることでしょう。

しっかりと雨の日の準備をして、走り出してしまえば何てことはありません。私自身だんだんとテンションが上がっていつのまにかいつも以上に走っていた何て事もありますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました