本当に初心者でもフルマラソンを完走できるのか?

スポンサーリンク
スポーツ

空前のマラソンブーム。東京マラソンは抽選で当たらないと走れない。他にも各地で大規模なマラソン大会が開催されている昨今。今までにフルマラソンを走った事が無い初心者は果たして完走出来るのか?これから半年間でマラソン挑戦するまでの軌跡を公開して行きたいと思います。

スポンサーリンク

なぜ40過ぎのおやじが今更フルマラソン完走をめざすのか?

私自身、中学・高校と陸上部に所属し1500メートルで関東大会に出場した経験が有ります。大学では箱根駅伝に出る事を志しますが、怪我の為、高校までで陸上を断念。

その後、社会人となり40歳を迎えたのを機にまた走りたい衝動に駆られております。彼是、社会人となり20年ほとんどをサービス業を従事しており、1日の大半を仕事に当てる生活を送っておりました。

特に20代の頃は深夜勤務が当たり前!睡眠不足な毎日。運動不足が祟り、 健康診断では中性脂肪の値がとんでもない事になっております。これではマズい!ともう若くない。自分の健康を省みないといけない年齢に差し掛かっている事を実感し、そろそろ健康を改めなくてはいけないと考え、このブログを開設するに至ります。

スポンサーリンク

毎日走る時間は無い。いかに楽してフルマラソン完走するか

中学・高校と毎日アホみたいに走り回っていたあの頃とは違い、今は日中仕事が有り、飲みの誘いもある。家族サービスもしないと、嫁や子供から何を言われるかわからない。

仕事から帰ってきて毎日ランニングする気力も沸かない。かといって早朝ランニングとかもってのほか。睡眠命である。こんなんでフルマラソン完走する気があるのかという話なのですが、自分自身は本気で考えている。いざとなったら気力と根性でなんとかなるのではないかと甘い考えもある。

ただ、気力と根性だけでフルマラソン完走出来るのであれば苦労はしない。陸上を軽くかじった身としてはそんな甘いモノではないと実体験として理解している。身体の内面からパワーが湧き出てきていた10代の頃とは違い、今では体型はその頃より10kg太り、腹は前面に存在感が日に日に増してきている。

毎日走る時間を設け、常にフルマラソン完走のために半年間、生活を行えば絶対に完走する自信はある。自分自身の驕りではないが1km4分で走れば3時間を切る。そこまでは今からでも狙えるポテンシャルは自分自身にあると信じている。

(ちなみに高校時代800m 1分54秒 1500m 3分56秒のベストタイム 陸上に詳しい方なら僕のレベルがわかると思います笑)

ただ、現実問題としてそこまでの時間と労力をマラソンを完走する為に充てる事は出来ない。そうなれば如何にして効率的に練習を行い、計画を練るかが鍵となる。

そこで自分なりにネットや本屋で如何にして楽してフルマラソンを完走すべく情報を検索。 1冊の本と出合う。

週1回のランニングでマラソンは完走できる!の表紙

『週1回のランニングでマラソンは完走できる!』(真鍋未央著、池田書店)

上記書籍を参考にし、半年間で如何に効率良くフルマラソンを完走出来るかに挑戦して行きたいと思います。

スポンサーリンク

練習ゼロでぶっつけ本番ではフルマラソンは完走出来ないのか?

そもそも一番の理想は練習ゼロでぶっつけ本番でフルマラソンは完走出来ないのか?この点に関しては怪我さえなければ出来ると思います。42.195キロ歩いてしまえばいいのですから。昔の人ならそんな事、日常茶飯事だったと思います。

ただ、マラソンレースには制限時間が有ります。42.195キロ歩いてたら間に合いません。ただ、練習しないでフルマラソン完走は私の健康改善の趣旨に反します。よくTVの企画で芸能人が東京マラソンに参加していますが、ろくに練習に取り組まず参加して完走しています。フルマラソンを完走する条件を考えて行きたいと思います。

①制限時間が長いレース

制限時間が長いレース。特に6時間以上のレースが理想でしょう。トイレに行きたくなったり、疲れて歩きたくなることもあるでしょう。1キロ8分程度のペースでも完走出来てしまいます。

ただ東京マラソンなどの大きな大会は自分自身がスタートするまでに20~30分スタート出来ない場合があり注意が必要です。制限時間より30分は余裕を持ったペース配分をして行きましょう。お金があればホノルルマラソンがおすすめ。制限時間はありません。これこそ気力が有れば完走出来るでしょう。

②出場人数が多いレースを選ぶ

練習中もそうですが、レース中も仲間の存在は力になります。友達同士で参加出来れば良いのですが、そのような方がいない場合はレース中に自分と同じ位の力量の方を見つけて走る方法です。

特定のひとりの方というよりは、場面場面で選んでゆきます。最初から最後までひとりで走っていてはメンタルが持ちません。足が痛くなって立ち止まる前に心が折れます。『25キロから30キロまではこの人に付いて行く』と目標を定めて走りましょう。

また、参加人数が多いレースは沿道の応援も多く有り力になります。見知らぬ人に声を掛けてもらうだけで支えになります。フルマラソンの完走はメンタル次第で結果に影響を及ぼします。

③コース環境と季節を考慮する

初マラソンはやはり過酷な環境は避けた方が良いと考えます。まずコースですが、高低差が然程ないコースが良いと思います。初マラソンは限界ギリギリの体力で走り切ることとなる。体力の消耗を防ぐためにアップダウンは少ないに越したことは無いでしょう。

おすすめはつくばマラソン。フラットなコースと言われております。高低差は10mほど。東京マラソンも15mほどです。

季節に関しては春、秋に実施されるレースを選びましょう。夏と冬はレース中は過酷というのは想像が付くと思います。

④スタートから気負いすぎない

大きな大会では目立とうとして最初メチャメチャ飛ばしている人いますよね。確実に死亡確定です。 初めてフルマラソンに挑戦することの怖さは、周りに影響をされてしまうこと。廻りの人のペースに惑わされ、自分を見失う。そうする事によりいつの間にやらオーバーペースになってしまいがち。最初ほど慎重にスローペースでレースに入る事をおすすめします。

東京マラソンであれば制限時間7時間。1キロ10分ほどでも完走出来ます。早歩き程度のペースで完走出来てしまうのです。(実際はスタートのしてからすぐに走れませんから、制限時間6時間30分で計算したほうが無難です。トイレなども考慮に入れたほうが良いでしょう)

⑤最後はメンタルで乗り切る

練習なしでぶっつけ本番を向かえフルマラソンを完走しようとするならばメンタルが強くなければ乗り切れないでしょう。他の人は多かれ少なかれフルマラソン完走に向けてコンディションを整えて挑戦してきます。そんな中、練習もせずぶっつけ本番を迎える時点で他の人より劣っている事は間違いなし。気合と根性で乗り切るしかないでしょう。

途中で足が痛くなっても、リタイアせず我慢して立ち止まることなく走り続ける。筋肉痛は絶対に起こります。筋肉痛は楽になるタイミングは訪れます。また、途中で立ち止まると余計に足が動かなくなります。辛くても立ち止まらずペースを落としてでも走り続けるのが理想です。

最後に

練習なしぶっつけ本番でフルマラソンを完走するための条件を走った事が無い自分が言うのも何ナノですが、高校までの経験を踏まえ考えてみました。

やはりレース選びとメンタルは大事だと考えます。自分はぶっつけ本番では臨みません。ちゃんとある程度、練習を積み確実に完走出来る下地を準備してから本番に備えたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました