難読球児 アナウンサー困惑!甲子園2019選手一覧

スポンサーリンク
スポーツ

いよいよ開幕を迎えた夏の甲子園!

令和最初の大会ではどんなスターが生まれるのか?

高校野球ファンの興味は高まるばかりだが、各代表高の「メンバー表」を見ると「あれ……?」と戸惑いを覚えるかもしれない。

球児たちの名前が、とにかく「読めない」のである。

そんな球児たちの名前について、調べていこう。

スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑!概要

成、勇陽、海音、彪雅、史陽、天晴

彼らの名前を全員読めれば、相当な高校野球フリークだろう。

彼らはいずれも今大会の“主役”候補である。

遠藤 成 (じょう)

「遠藤成」は、激戦区・神奈川を制した東海大相模の3年生。

打っては高校通算45本塁打のスラッガー、投げては最速145キロのストレートを誇り、プロ球団のスカウトが注目する二刀流である。

名前は「せい」ではなく、「じょう」と読む。

西舘 勇陽(ゆうひ)

地方大会の話題を独占した163キロ右腕・佐々木朗希(ろうき)を要する大船渡を、岩手大会決勝で下した花巻東。

メジャーリーグで活躍する菊池雄星や大谷翔平の系譜を継ぐ同校のエースが「西舘勇陽(ゆうひ)」である。

2人の大先輩に比肩する150キロの速球が武器だが、地方大会では安定感を欠いただけに、甲子園で真価が問われそうだ。

野口 海音(みのん )

春夏連続出場を果たした大阪・履正社。

今大会の優勝候補筆頭に挙げられるチームを扇の要として支えるのが主将の「野口海音(みのん)」である。

高校ナンバーワン捕手の呼び声高く、U-15日本代表の主将も務めた強いリーダーシップもスカウトからの評価が高い。

梶塚 彪雅(ひょうが)

群馬県勢初の4大会連続出場となる前橋育英では、エースの「梶塚彪雅(ひょうが)」がチームを引っ張る。

名前の由来は「氷河」で、広大な氷河のごとく壮大な気持ちを持ち、常に冷静な人間であるように」と両親に名付けられたとのこと。

黒川 史陽(ふみや)

春夏5季連続出場を成し遂げた智弁和歌山。

その5季すべてで甲子園出場を果たすキャプテンの「黒川史陽(ふみや)」は、強打のリードオフマン。

和歌山大会決勝では先頭打者ホームランで勢いをつけた。ちなみに父・洋行さんは、1993年のセンバツで全国制覇した上宮(大阪)の主将である。

徳丸 天晴(てんせい)

黒川が牽引する智弁和歌山で4番を張るのは、スーパー1年生の「徳丸天晴(てんせい)」。

和歌山大会では打率5割。

“あっぱれ(天晴れ)な男に育ってほしい”と願って父親が名付けたそうです。本人も気に入っているようで、名前の由来についての質問にはにかみながら答えていました。

武岡 龍世(りゅうせい)、 島袋 翔斗(しょうと)

八戸学院光星(青森)の遊撃手「武岡龍世(りゅうせい)」は、いまや球界を代表するショートとなった同校OBの坂本勇人選手(現巨人)を彷彿とさせる動きから、「坂本2世」と呼ばれる。

ちなみに1番2番でコンビを組むのは「島袋翔斗(しょうと)」。

こちらは沖縄出身で、50メートル5秒9の俊足が持ち味。武岡の活躍に隠れがちだが、“センターのしょうと”も注目だ。

小林 未来雄(らいお)

日本文理(新潟)には「脅威の9番打者」がいる。

「小林未来雄(らいお)」は上位に繋ぐチャンスメイクだけでなく、チーム3位タイの打点を挙げる勝負強さも兼ね備える。

新潟県勢初の全国制覇を狙う同校のキーマンである。

林 彪太郎(こたろう)、 江川 輝琉亜(きるあ)

今夏は公立校の“復権”にも注目が集まる。

昨年は8校だったが、今年は14校。

15年ぶりの広島商、23年ぶりの高松商などが夏の甲子園出場を決め、オールドファンを喜ばせた。

そうした古豪の一つ、熊本工(6年ぶり21度目)にはエースの「林彪太郎(こたろう)」や、外野と投手をこなす二刀流の「江川輝琉亜(きるあ)」がいる。

スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑! 記者のコメント

こうした選手たちを取材するメディアにも苦労があるようだ。
「親御さんが考え抜いて付けた名前を間違えるわけにはいきません。ただ、注目選手はともかく、ベンチ入り全員を覚えるのは無理。試合前に記者席に掲示されるスタメン表を見て、スコアブックにふりがなを書き込んでいます。紙媒体ならそれで対応できますが、テレビのアナウンサーなどはもっと大変でしょうね」(スポーツ紙記者)

newsポストセブン
スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑! ネットの声

これを見てたら早実荒木や横浜松坂の大輔ブームがあったことを思い出した。荒木大輔のピッチングに全国が注目を集めこの時生まれた子供に大輔と名付ける親が多かったように記憶してる。そしてその世代から再び甲子園で注目を集めたのが松坂大輔。超高校級のピッチングで甲子園決勝でノーヒットノーランを達成し一大ブームを起こした。

読みが難しい名前でも活躍すれば自ずと知れわたり覚えてもらえるようになる。今年の出場選手の中にも「◯◯ブーム」、「◯◯フィーバー」、「◯◯世代」など見てる人の感情を大きく動かすような選手やスターが現れる事を期待してます!

確かに高校球児にもキラキラネーム多くなってきたな
まぁ顔と合ってたらいいと思うけど、全然合ってない子のキラキラネームはかなり違和感

「親御さんが考え抜いて付けた名前を間違えるわけにはいきません」

子供の将来の事は考えていないような気がするけどね。

今の高校生世代は、キラキラネームが定着してしまってたころに産まれてるんだね…。

最近は、キラキラネーム批判の世論をうけて、落ち着いた名付けに回帰する傾向もみられる。
いいことだと思う。

気の毒なのは、全国ネットでキラキラネームを嘲笑される、真面目に生きてる高校生たちかな。
ミーハーな名付けした親の罪なのにね…。

スポンサーリンク

難読球児 アナウンサー困惑! 終わりに

みなさん、やはり一目では読めないようですね。私自身も、読めない名前がたくさんありました。

キラキラネームと言ってしまっているコメントも、多いですね。

球児本人たちも、困ることが多いのではないでしょうか?

名前は、ともかく、今後の活躍に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました