池江璃花子 近況報告!白血病症状は?インスタ・ツイッターは?

スポンサーリンク
スポーツ

白血病と闘っている競泳女子の池江璃花子選手(19=ルネサンス)のマネジメント会社は7日、病気を公表してから約半年がたった池江選手の近況について「入院と一時退院を繰り返し治療を継続しております」と公式サイトで報告しました。

競技復帰の時期については「現時点では明確にお伝えすることができませんが、これからも治療に専念して参ります」としています。

スポンサーリンク

池江璃花子 近況報告!概要

「入院以降一部メディアの皆さまから治療をサポートするご家族、水泳関係者(コーチや選手)、大学関係者(教員や学生)、医療機関、その他関係者への個別取材や待ち伏せ等の行為が続いております。そういった行為を止めていただくよう申し入れを行って参りましたが、ご対応いただけておりません。改めて直接の取材行為は一切お控えいただきますようお願いいたします」と関係者への取材の自粛もあらためて要請しています。

 池江選手は、昨年のジャカルタ・アジア大会で6冠を達成。

7月の世界選手権では、五輪女王のサラ・ショーストロム選手(スウェーデン)が「回復を心から願う。戻ってくる日を待っている」と語るなど、ライバルたちがエールを送っています。

スポンサーリンク

池江璃花子 近況報告!プロフィール

「池江璃花子」の画像検索結果
  • 名前:池江璃花子(いけえ りかこ)
  • 生年月日:2000年7月14日
  • 年齢:16歳(※2016年現在)
  • 出身:東京都
  • 所属クラブ:ルネサンス亀戸
  • 身長 168.5cm
  • 体重 55kg
  • 足のサイズ 25.5cm
  • 好きな音楽 テイラー・スウィフト

なんと0歳の頃から、脳の発達が良くなるということで、自宅に設置されたうんていにぶら下がっていたそう!

1歳6か月には逆上がりも出来るようになったそうです!
ものすごい運動能力です!

水泳は、3歳10ヶ月で始めました。

5歳の時には全ての泳ぎ方で50mを泳げるようになったそうです。

中学入学の直前のジュニアオリンピック春季大会で、50m自由形で優勝。
初めての全国優勝を果たしました!

中学校は、東京都江戸川区の「小岩第四中学校」。
高校は、東京都豊島区にある「淑徳巣鴨高等学校」です。

淑徳巣鴨高校の水泳部は、非常にハイレベルで有名です。

スポンサーリンク

池江璃花子 近況報告!インスタ・ツイッターは?

スポンサーリンク

池江璃花子 近況報告! 病状

白血病に詳しい江戸川病院腫瘍血液内科副部長の明星智洋医師はこう語る。
 
「白血病にはさまざまな種類があり、必要な治療法もそれぞれ異なります。年齢や報道されている症状から、池江選手はリンパ性だと予想されます。リンパ性の場合、最初は『寛解導入療法』と呼ばれる強い抗がん剤治療を行います。それによって、『完全寛解』という骨髄機能が正常に近づく状態を目指します。パズルやぬり絵をされているということなので、おそらく今の池江選手は熱もなく平穏に過ごされているのだと思います」

「抗がん剤を投与している期間がきついのは当然なのですが、それ以外にも無菌室に閉じ込められている状況は非常にストレスがたまるんです。無菌室は基本的に面会謝絶状態。他人と会話もできず、たったひとりです。話し相手がいないと将来への不安や病気による死の恐怖を抱くなど、ネガティブになってしまいがち。患者さんの中にはうつ病を併発してしまう方も珍しくありません。だからこそ、医師や周りの人間がしっかりとメンタルをケアしなければなりません」

「池江選手は映画などで上手に息抜きをしているようですが、部屋でスクワットなどの筋トレを行って気分転換をしようとするアスリートの患者さんもいます。『スクワットなんかできるのか?』と思うかもしれませんが、白血病患者は抗がん剤治療中以外は普通の人と同じなんです。むしろ積極的にしていかないといけません。ベッドの上でずっと安静にしていると、筋力が一気に落ちてしまいますからね。ですから、われわれも患者さんには無菌室で筋トレしてもらうよう勧めているんです」

女性自身
スポンサーリンク

池江璃花子 近況報告!ネットの声

色んなストレスも病気には悪い。一日でも良くなるまでゆっくり待ってあげて欲しい。

まだ若いんだから、東京オリンピックの次でも活躍できる。ずっと応援しています。

残念ながら、マスコミというのは、人の痛みよりも売れることを優先する人たち。昔からそうだし、これからもそう。
大小様々なメディアがあるので、難しいでしょうが、メディア自らが声を上げる姿勢を示してほしい。

病と闘っている人に余計なストレスを与えないでほしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました