中島翔哉 トップ下無双【動画あり】ポルト初ゴールがヤバイ!

スポンサーリンク
スポーツ

中島翔哉選手が本来の輝きを取り戻している!

現地19日に行われたポルトガルカップの5回戦に先発起用されると、移籍後初ゴールを決めてポルトを準々決勝進出に導いた!

急速にパフォーマンスを上げ、評価を高めている理由とは?

苦しみ続けた背番号10は、自由を得て力強く羽ばたき始めた!

スポンサーリンク

中島翔哉 トップ下無双、 ようやく決まったポルトでの初ゴール

土砂降りの雨でピッチには水が溜まる悪条件の中でも、軽やかに飛び回る背番号10は輝いて見えたという。

現地19日に行われたタッサ・デ・ポルトガル(ポルトガルカップ)の5回戦、サンタ・クララ戦に先発出場したポルトのMF中島翔哉選手がチームを勝利に導いた!

 待ちに待った瞬間が訪れたのは29分のことだった。

MFルイス・ディアス選手からのパスを受けたFWゼ・ルイス選手がペナルティエリア手前で前を向き、相手ディフェンスを釘付けにしながら右に走ったMFヘスス・コロナ選手へ展開する。

 コロナ選手は目の前のDFとの駆け引きを制すと、ゴール前に鋭いラストパスを送った。

そこにディフェンスラインの背後から飛び込んだのは、中島選手だった。

背番号10の日本代表は倒れこみながら、自身のポルト加入後初ゴールをねじ込んだ。

 結局、この1点が勝利の決め手となった!

大雨でそこら中に水たまりができたピッチでは両チームともポテンシャルを十分に発揮しきれず、ポルトを率いるセルジオ・コンセイソン監督が試合後の記者会見で、

「後半は正直、ゴールへのシュートを覚えていない」

「試合開始前からピッチが後半のような状態だったら間違いなく延期すべきだった」

と語った通り、後半は決定的なシーンが明らかに減ってゴールも生まれなかったという。

 中島選手は公式戦2試合連続の先発出場で、トップ下に近い役割を担った。

現地16日に行われたポルトガル1部リーグ第14節のトンデラ戦では、2つのゴールに絡んで3-0の快勝に大きく貢献。

最近になってポジションが中央に移ったことで、もはや無双に近い状態にある。

これほどまでに評価が一変したのは、正直に言って驚きだ。

 シーズン序盤から左サイドを中心に起用されてルイス・ディアス選手と競争を繰り広げていた中島選手は、ずっと控え選手の1人にすぎなかった。

だいたい後半の途中から、ゴールが欲しい場面や攻撃を活性化したい局面で起用される。

出場時間も毎試合10分前後で、短いとはいえ決定的なプレーが少なかったのも事実だった。

スポンサーリンク

中島翔哉 トップ下無双、 もはや止める術なし

サンタ・クララ戦で決めた初ゴールの場面では、起点となるパスを出したルイス・ディアス選手が左から中央へ斜めにドリブルを始めたが、中島選手はその動きを利用してDFの間を抜け、左サイドにポジションを取り直している。

視線がポルトの右サイドに向いたことで、逆サイドから走り込んだ中島選手の動きは相手ディフェンスの視界の外に。

裏をかく一連の巧みなポジショニングとゴール前に飛び込む泥臭さが光った。

 トップ下としてのチャンスメイクにも、中島選手らしさが随所に見られた。

序盤の7分、相手の中盤とディフェンスラインの間にポジションを取ってオターヴィオからの縦パスを引き出した中島選手は、反転して4人に囲まれながらペナルティエリア内まで侵入した。

惜しくもシュートはブロックされたが、この一瞬が後々のプレーへの伏線となっていく。

 17分には左センターバックのDFジオゴ・レイチ選手から縦パスを引き出すと、スムーズに反転してすぐにゼ・ルイス選手へとスルーパスを通し、GKと1対1のビッグチャンスを作り出す。

ここで中島選手は相手ディフェンスラインの手前、かつ4-1-4-1のアンカーの脇、インサイドハーフの背後という絶妙なポジションにフリーの状態でポジションを取ってパスを要求した。

両ウィングはアウトサイドに張り出し、相手サイドバックの注意を引いていたことも見逃せない。

 先制ゴールを決めた直後の31分にも中島選手は決定機を演出した。

今度は17分の場面と逆サイドで、相手ディフェンスラインと中盤の間にできたスペースを取り、中央に引いて縦パスを受けたルイス・ディアス選手からボールを受ける。

そして素早く反転して、相手に背後から寄せられながら、右アウトサイドを狙ったコロナにスルーパスを通した。

 中島選手が反転した瞬間、相手の4バック全員の視線がポルトの背番号10に集中し、その外側から走り込んだコロナ選手はフリーになっていた。

シュートは残念ながらGKにセーブされてしまったが、追加点が決まっていてもおかしくない完璧な決定機だった。

スポンサーリンク

中島翔哉 トップ下無双、 動画

スポンサーリンク

中島翔哉 トップ下無双、ネットの声

まあ大迫のワントップは堅いよね
南野の貢献度は代表No.1だし、リヴァプール移籍という付加価値まで付いたので、こちらもレギュラーは堅い

残り2枠を
中島ポルト、堂安PSV、久保レアル、安部バルサ、鎌田フランクフルト。。。
で争う形

すげぇ時代になってきたな

この監督。
凄いいい監督だよね。
熱くて選手の事考えてる

日本代表に欲しい監督だよ。
クロップやコンセイソンは
日本サッカー協会はラブコール送り続けた方がいい。

何がきっかけで
オシムのように日本に来てくれるかわからないよ。
こんな弱小国に来てもらうためには
心の繋がりを大事にするしかない。

他の方もコメントしている通り、サッカーの記事の中でも良記事。
中島がなぜトップ下に選ばれたのか、その経緯と現在のチーム状況がよくわかった。
このままレギュラー定着して怪我無く過ごしてもらいたい。
ポルトも古豪。10番を背負ってレギュラー定着ってだけでも凄いことだと思う。

先日のE-1で思ったのは、中島があれだけ日本代表でポジション無視して動き回り、混乱を招いているのは、本人の戦術理解度が低いのもあるけど、森保が舐められてるのもあるかもしれない。最低限の決まり事を設けない者が監督なら適当にやってもまあいいでしょと思っても仕方ないのかもな。

結局、サイドほど明確な守備のタスクを負わなくてよいので、海外チームに所属する日本人選手には合うというか、それ以外の場所では輝きにくいという側面はあると思います。

代表もサイドの人選が難しいですね。原口みたいな走力とスピードがあり闘える上に違いを見せられる選手、うーん、サイドって大変だな。

右から左からどっちからも中に来られると渋滞してしまう。
同じポジションに良い人材が被りすぎてる。
それをうまく使うことは今の代表監督じゃ無理だろうなぁ。
3バックにして中盤増やしたりしだすかもね。
ボランチの位置がマジで問題だと思う。

もともと、この程度はできて当然の選手だったからね。

ボールを取りに下がる理由は、そこまでボールがこないから。

取りに行かなければ、コロンビア戦の上田・久保・堂安のように
攻撃チャンスが得られなくなる。

攻撃の選手が、守備に戻るのは褒められるのに、
本業のためにボールを取りに戻ることが批判されるのは逆だろ。
ビルドアップできないチームが悪いんだよ。

そう言うチームは、攻守一体と言いながら「攻」の時は協力がない。
堅守速攻と言いながら、カウンターの時でさえコマが足りない。
いざゴール前では、敵のDFしかいない。

守備をサボる気持ちはないとは思うが、
サボったとしてもそこだけ責められるのはフェアじゃない、
といつも思っている。

ま、ポルトの監督も批判は受けていたが、現時点の最適解を見つけたようで。
ぜひ続けて欲しい。

森保には賢さも真摯さも期待できないのが残念だ。

相手はリーグ中堅でしかもカップ戦だけど、試合を通じて存在感を発揮してましたね。
後半は大雨でパスが殺されてしまったけど、ならばドリブルでという感じで、最後まで動きが落ちなかったし。

今のポルトはアレックス・テレスとオタヴィオで突っかけるのが生命線だから、司令塔タイプは貴重。
もうちょっとフィジカルが強ければデコみたいになれるかも、と思いました。

スポンサーリンク

中島翔哉 トップ下無双、終わりに

中島選手、おめでとうございます!!!

ネットでは、今回の活躍に期待が集まっているようですね。

また、「監督が熱くて、選手のことをよく考えて、いい監督」とのコメントもありました。

今後、中島選手の輝きは止まらないでしょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました