関大 モラハラ問題 見解詳細!織田信成の主張と違いすぎ!ネットは?

スポンサーリンク
スポーツ

9月まで関大スケート部監督を務めた織田信成さん(32)が精神的苦痛を受けたとして1100万円の損害賠償を浜田美栄コーチ(60)に求めた件について、関大は10日、関係者に対して行ったヒアリング調査の概要などを公式サイトで発表しました。

織田さんの主張と異なる見解を示したという。

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解、内容

発表によると、7月1日に芝井敬司学長と面談した織田さん側から
(1)練習時間の変更
(2)部則の変更
(3)8の字練習

についての浜田コーチの不満とともに、浜田コーチの解任要求があったという。

この3点について、関大は関係者へのヒアリング調査を実施。

要望を受け入れるのは総合的にみて妥当ではないと判断したという。

 また、調査結果の概要も公表しています。

5人でする8の字練習は危険なので止めるように注意したが無視されたという点について浜田コーチは「その時、自分はリンクにいなかった」と返答。

織田さんが反対されたと主張する部則の変更は「何度も同席の上で話をするよう提案しているにも関わらず、織田監督は欠席して応じていない」と主張しました。

 この概要は11月21日に織田さん側に文書で通知しており、最近の活動から体調不安が払拭されたと判断して公表したと説明。

6日に実施した保護者への説明会で「多くの親や子どもたちが不安を感じている」として公表を求める要望もあったとしました。

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解、モラハラ問題の詳細

こちらは、前々から問題となっているモラハラ問題の詳細記事です。

織田さんの公式ブログ全文や、関大側の公式文書全文もあります。

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解、ネットの声

関大は織田に何をして欲しかったの?指導?客寄せパンダ?
浜田コーチにしてみたら「片手間で口を出すな」ってなる。

パワーバランスは監督が上だが、どちらが上かを決めなかったから監督とコーチの衝突が起きた。

モラハラや、TVで泣くじゃくるのは大人としてどうかと思うが、ここまで拗れたのは関大の責任。

コーチとして結果を出していた浜田コーチとしては、突然、監督もコーチも未経験の人間を自分の上に置かれてたら腹が立って当然だと思う。

織田さんは素直な性格だろうから、自分なりに色々進言したんだと思う。織田さんは組織に属したことのないから態度がストレート過ぎたんだと思う。

完全に関大の配置ミス。

織田さんが、大学側に長年指導をしてきた浜田コーチの解任を要求していた事は意外でした。
そこまでするのはどうかと思いました。

織田さんは、なぜ、その事を会見の時に言わなかったのか?疑問。

最悪の状態ですよね。
やはり訴えるべきじゃなかったのかと思ってしまうくらいに。

今や関大を離れている織田に大学が付くわけなく、生徒を引っ張ってこれる人気コーチにつくのは当たり前。

真相は当事者しか分からないが、織田の不都合な時間に会議の時間を設定して欠席を非難することも出来るだろうし。

ただ、織田も様子見てことを進める慎重さはあってよかったのかもしれないと、泥沼化を見て思う。

高齢の母親が息子が被害者のはずなのに、
再度関大のコーチを引き受けたという事実が全てだと思う。
普通息子が本当に醜い目に合ったのなら受けないでしょう。
何だが尻拭いをしているように見えてしまう。

織田氏も泣いたらあかん、そういうキャラかもわからんけど、そのキャラを逆手にとって「オマエ、なめとんのか!!」くらいの啖呵きってたら、日頃とのキャップで一件落着やったかも。涙目で「無視されて、ショックです」では、信長公も納得されてないと思います。

残念ながら織田は部が悪い。ほぼ現場にいない監督。日々選手を育てているわけではない監督。たまーに大会や練習に顔を出すだけの監督。
万が一正論をぶつけてても、そこに、毎日のように面倒を見て強くしてくれるコーチに保護者や選手はついていくんじゃないかな。

先日の記者会見でもこの関大の発表を読んでもサッパリ分かりません。

したがってコメントできるのは、当事者の方々も、メディアも、もう少し凡人に分かるようにできないものでしょうか、ということ以外にありません。

スポンサーリンク

関大 モラハラ問題 見解、終わりに

織田さんの主張とは、異なるコメントを関大側は出していますね。

ネットでは、様々まコメントがありました。

織田さんは、涙もろいキャラですが、会見で泣いていたのが良くないとの声もありました。

まさに泥沼状態ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました