プレミアリーグ VAR判定物議【動画】見えすぎてしまうのが問題?!ネットの反応は?

スポンサーリンク
スポーツ

11月10日行われたプレミアリーグ首位攻防戦で、またもVARが議論を呼ぶこととなり、話題になっています。リヴァプール自陣ペナルティエリア内でトレント・アレクサンダー=アーノルドの手にボールが当たっている。これが、ハンドの判定にならず、物議を呼んでいる。

スポンサーリンク

プレミアリーグ VAR判定物議 動画

正確な判定を行い、議論をなくすためにも今季からプレミアリーグでも導入されたVAR。

しかし、結果として、ここまでは新たな議論を生じさせることとなっている。

VARの物議を呼んでいる問題のシーン

リヴァプール自陣エリア内にてトレント・アレクサンダー=アーノルドの手にボールが当たっているシーンを動画で振り返りましょう。

ハンド疑惑のシーン

問題のシーン1:30頃~

リヴァプール 3-1 マンチェスター・C プレミアリーグ 2019.11.10

VAR導入することにより、明らかなGOALが得点として認められなかった世紀の大誤審を防げる役割は大いにあると思います。

このような明らかな誤審がVAR導入により無くなるはず?!

完全にゴールラインを超えていた! 誤審によって認められなかった幻のゴール集 海外サッカー
スポンサーリンク

プレミアリーグ VAR判定物議  記事内容

「VARは最悪だ!」「なぜ再び悩まされるのか」プレミア首位攻防戦の判定が物議

先制点を巡って様々な意見
10日行われたプレミアリーグ首位攻防戦で、またもVARが議論を呼ぶこととなった。

プレミアリーグ第12節、リヴァプール対マンチェスター・シティ。首位を走るリヴァプールが2連覇中の王者マン・Cを本拠地アンフィールドに迎えた、序盤戦の大一番。試合は開始6分にファビーニョの強烈なミドルシュートでリヴァプールが先制すると、その7分後にはモハメド・サラーが追加点を奪う。さらに後半開始直後にも3点目を奪い、反撃を1点に抑えたリヴァプールが3-1と勝利を収めた。

この結果、リヴァプールは勝ち点を34まで伸ばし、2位レスターに8ポイント差をつけて首位を独走。一方敗れたマン・Cは、勝ち点25のままで4位に転落。両者の差は9ポイントまで広がっている。

この一戦では、再びVARが大きな議論を巻き起こすことに。リヴァプールの先制点のシーン前には、自陣ペナルティエリア内でトレント・アレクサンダー=アーノルドの手にボールが当たっている。リーグ側は「不自然な体勢ではなかった」と説明しているが、元選手からはSNSで様々な声が上がった。

チェスターFCで監督を務めるアンソニー・ジョンソン氏は、「VARはこれまで試合に持ち込まれたものの中で最悪だ! トレントは実際に(ラヒーム)スターリングにわたるボールを止めた…」と主張。またプレミアリーグで長年プレーした経験を持つポール・ディコフ氏は、「なぜペナルティじゃない? VARは恥だ!」と判定に不満を述べた。

そして、リヴァプールのOBもこの判定に反応。ロビー・ファウラー氏は「明らかにハンド……だが、それはベルナルド(シウバ)のハンドからトレントへ」とし、直前に相手選手の手に当たっていたと主張。ティム・ケーヒルは「最初はシウバのハンド、次にトレント・アレクサンダーのハンド……なぜVARに再び悩まされるのか。ゴールは与えられたが、未解決だ。ハンドに分類されるものはなんだ?」とファウラー氏とおなじように言及しつつ、VARに苦言を呈している。

またこれ以外のシーンでも、追加点の場面でサラーがオフサイドだったか、サディオ・マネがラヒーム・スターリングを倒したのではないか、など多くの判定について様々な意見が飛び交う状況となっている。

正確な判定を行い、議論をなくすためにも今季からプレミアリーグでも導入されたVAR。しかし、結果として、ここまでは新たな議論を生じさせることとなっている。

GOAL
スポンサーリンク

プレミアリーグ VAR判定物議  ネットの反応?

いやいや、明らかな誤審を避けるためのVARなのだから、やはり意義は大きい。最終的には人の判断が介在するので、微妙な判定になることは当然あり、それをVARのせいにするのは、議論の焦点がずれている。(VARでなくても生じる問題。)

最終的なジャッジは審判に委ねられてるから結局、審判の裁量であって不平不満は残るよね。唯一、その裁定に至った判断材料を見てる側も確認できるって言うのがメリットだと思っていたけど、それさえも判断が分かれる不満要素になっちゃった感じがする。

審判ごとに違うからなぁ。アーセナルとパレスの試合なんか主審よりVAR担当の方が権力を持ってジャッジしてたし。
ハンドはまぁ主観的に判断するとして、映像を止めたタイミングで数cm変わりそうなあのくだらないオフサイド判定はサラーのゴールに適用されてたのかな?ああいうのは冷めるからやめてほしいけど。

審判の判断とVARを使っての誤審
審判の判断のみの誤審
どちらの誤審が納得するか
二重チェックを通じての誤審の方がまだ説得力があると思うがね
これはVARが駄目な訳ではなく、VARも最終的にはそれを見た人間が判定を下すシステムだから、もし判断を間違えたとしたら
その人間が判断を間違ったまでの話

セリエAを主に見ています。

イタリアでは2シーズン前から導入されましたが、初年度は運用に大いに不満が出ていました。(VARを確認するしないの権力が主審に集まっていたため、不平感は変わらなかった)
2年目は運用面の定義がしっかりとしてきて、大きな不満はありませんでした。(ちなみに3年目の今シーズンはチームによって判定に偏りが出始めている状況です)

今年が初年度のプレミアは、まだ試行錯誤をしている最中なんだと思います。大きな議論を巻き起こす判定を精査して乗り越えながら、FA全体で底上げをしていく必要があると思います。

ハンドの定義が曖昧(定義はあるが実際の運用が曖昧)なことに問題があるのであって、VARに問題があるわけじゃないと思うのだが。

サッカーのルールはなんとなく把握していても、その運用方法などまでは把握している人が少数なんですよね
そもそも毎年ルール変わっているのに、昔のままの記憶で把握した気になっている人も多い
そもそもハンドについては主観が入る余地が大きいですしね
今年の改正で少しハンドについて明確化されたけど、昔の感覚でいると少し違和感感じると思います

サッカーが手を使ってはいけないというルール以上に審判のジャッジは絶対という前提は忘れて欲しくないと思います

私は正直者が馬鹿を見るのはあまり好きじゃないのでVARは賛成派
審判やる身からしても心理的不安の軽減になります

VARが悪いんじゃない
VARを使ってる人間が悪い。判断材料が増えた中、それを正しく使えていないのであれば。

これまでのようにほぼ主審の主観でのみ判定するというのも実はありなんだけどね。
それは臭いものに蓋をするようなもんなんだけど、それは主審の裁量を認めるという前提を受け入れているわけで。

VARで揉めるくらいなら戻してしまってもいい。
なまじ中途半端にVARという手段を与えられてしまったもんだからこれまで主審の権利を認めることで諦めていた曖昧な部分が紛糾することになる。

スポンサーリンク

プレミアリーグ VAR判定物議  さいごに

VAR最悪という記事おかしいというのが率直な感想。

VARを導入していなくても起きる問題。

結局のところ、ジャッジを主審の裁量に委ねる部分が多いため、

結局の所、VARをうまく活用出来ていないと感じる。

VARを導入することにより、明らかな誤審を防げるとは思いますが?

主審も負担が減ると思います。

ラグビーのTMO(テレビジョンマッチオフィシャル)の方がうまく

活用出来ている印象です。

ただ、ビデオ判定は試合が長時間してしまう問題点も?

試合が中断することにより、良い流れが止まってしまうケースが出てくることも。

一概にVAR導入が全て良いとは言えないです。導入するのであれば、

結論を出すまでのスピードアップが課題と感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました