開星野球部監督 退任要求の詳細【体罰の現状】校長・野々村前監督コメント

スポンサーリンク
スポーツ

強豪校が揺れている事態。

春夏通じて13度の甲子園出場を誇る開星高校(島根)で、体罰問題が浮上していることが8日までに分かりました。

スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、内容

秋季島根大会準々決勝・平田高校戦(平田愛宕山野球場)が行われた9月24日。

開星は1―2で敗れ、来春甲子園出場を逃した。

「試合に敗れた直後でした。帰りのバスに乗ろうとした部員に対し、同校の山内弘和監督(44)が『学校まで走って帰れ!』と激しい口調で叱責。球場から学校までの約30キロの罰走を命じたのです。部員たちは宍道湖沿いの国道431号(通称・湖北線)を走って学校に向かった。試合に来ていた観客も含め、多くの人がその光景を見ています」

 全力で試合を戦い、体力、精神力を使い果たした直後の罰走。

しかも、部員たちが走る国道431号は片側1車線の狭い道路で、歩道が途切れる箇所もある。

この話を聞きつけた一部の保護者が、部員が交通事故に遭っては大変だと学校に問い合わせたうえで、自らの判断で車で駆けつけ、後ろから部員たちを見守ったといいます。

スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、罰則とは?

罰走、素振り2000回

 県内高校野球関係者の話です。

「その後、学校は山内監督に連絡。事情を聴いたうえで、バスで部員を途中まで迎えに行くことにした。それで終わったかと思いきや、山内監督は学校に帰った後にも部員たちに2000スイングもの素振りを課した。さすがにやり過ぎたと感じたのか、数日後、山内監督は部員を集め、『決して腹を立ててやったことではない。夏に向け、頑張ってほしいという気持ちでやった』と釈明したそうです。学校内外では『これは体罰だ』と大騒ぎになり、地元マスコミも取材に動きました」

 山内監督は「腹切り発言」で物議をかもした名将・野々村直通前監督の教え子で、コーチ、臨時監督を経て、2012年4月から正式に監督就任。

春夏甲子園に3度導いている。

しかし今年2月には部員への暴力行為による体罰で4カ月間の謹慎処分を受けたという。

今回の一件は、謹慎が解けた後のことです。

スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、校長コメント

「秋の大会直後の9月にも、高野連にその件の連絡があり、それを受けて学校でも調査をした。体罰ではないと学校としては判断している。学校として保護者の方にもお話をして、そういうふうに思っている保護者は基本的にいない、と。逆に生徒たちの活動を妨害することに対して、学校もしっかりやってもらいたいとのことでした。保護者の中に協力しない人がいるけれども、それは多数ではないということは言われていますので。現時点ではこれ以上のコメントは差し控えさせていただきます」

 日刊ゲンダイの「暴力行為のみならず、体罰と受け取られるような指導は必要だと思うか?」との問いにも、「これ以上、コメントすることはない」と答えるのみだった。

日刊ゲンダイ
スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、 野々村前監督コメント

「たしかに、そうした話が聞こえてこないわけではないですが……。山内監督は教え子で、私が監督在任中にコーチとして来てもらった。監督として頑張ってもらいたいと思って、何度かアドバイスをしたこともある。私も教え子に手を上げたことはありますが、試合で疲れている中、長距離を走らせ、しかもその後2000回もの素振りを課すのは、教育から逸脱した体罰、いじめとみられても仕方がない。感情的にひとりの部員を執拗に責め立てることも含め、もはや、人の道からも外れてしまっているのかもしれない。子供たちのためにもならず、非常に情けないこと。指導者から身を引くべきではないでしょうか」

日刊ゲンダイ
スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、ネットの声

甲子園を目指すとなれば、厳しい練習は必要でしょうし、監督はそのために効果的な指導、練習をするわけですよね。

しかし、負けた試合後に30キロ走らせること、その後2000回素振りさせることは本当に「効果的」だと思っているのでしょうか。
それが選手の能力を向上させるという信念があるといえるのでしょうか。

「腹立たしさではなく、頑張ってほしかったから」と部員に話したそうですが、結局どちらも自分の気持ちを押し付けただけですよね。

こういう指導の名を借りた行為が、選手や保護者を麻痺させ、それが昭和から令和になっても続いている現状。指導者の意識改革なくしてこの連鎖はなくならない。

もう40年近く前だが、僕も強豪と言われた高校の野球部員でした。当時ならこの監督の言動は当たり前。でも今は、世間がそれを許さない。特にSNS主体のネット社会となり、その真意が上手に伝わらず、結果だけが先走り非難の的に。選手達の体や心も僕らの頃とは変わり、今の指導が出来ない指導者は、もう一度指導法について学ぶべき。

指導者に求められるのは科学的根拠に基づいて経験則を複合させた練習内容を考えること。高校生は身体的に成長期のため効率性が大事。ただし精神的にも成長させる必要は間違いなくあり、指導者の気持ちなども含まれて然るべきではある。現状は経験則や精神論のみが先行してしまっている。
自身の経験として過去にATの研修会(野球指導者がパネラーにいて学生野球の指導者も多数参加)に学生時代参加した時に選手のトレーニングやウォーミングアップの仕方について科学的根拠に基づいた方法の提示に対して参加されていた指導者が反発するような状況を見た事もありました。

「俺の頃はこうだったから」と言う経験則が強過ぎる指導を高野連が主体になって変えていかなければこの問題は解決しないし現在の野球人口の減少に歯止めをかけれなくなってしまいます。

相手に結果を掴ませようとする時、俺は本気だ!と感情を表に出さないと伝わらないことが多いです。
嫌われ役は嫌です。厳しいことを言うのは本当に辛いです。しかし、組織には誰かがそういう役目を担う必要があることも事実です。

今回の監督が行き過ぎたことがあるのかもしれませんが、厳しい指導者が全て悪いとされることを心配します。

多くの人は失敗したり、悔しい思いをしたり、辛いことを乗り越えて成長します。強くなります。
もちろん技術的な指導も大切なのですが、人として厳しい指導も必要です。
こんな厳しい練習を乗り越えた!耐えた!と自信になることもあります。

行き過ぎた指導を肯定するのではありません。いじめや身勝手な暴力はいけません。本当にいけません。しかし、こういうことが起こる度に、先生や指導者に対して愛のある厳しさまでも失くさせるようなことにならないようにして欲しい。

現在、多くのスポーツで、指導者のライセンス制度導入が進んでいますが、高校野球では導入がないのでしょうか?
いくら部活動とはいえ、国民的なメジャースポーツ。
指導者にも責任を持たせる時代になっていると思います。

厳しさ、しごき、愛情、頑張ってほしい気持ち…などなど、どれもハラスメントになるラインがあいまいで、受ける側の印象に任されるから難しい。
でも、そういう時代。自分が学生時代にしごきに耐えてきた人は、少しくらい厳しくないと…と言うが、しごきで心身を壊された人にとっては、少しくらいも許せることじゃない。
時代が変わったことに気づけない指導者は残念ながら身を引いてもらうしかない時代なんですよね。

開星高校が強豪校?島根が39校と少なくて争う相手がいないだけ。
甲子園の最高成績だって3回戦まで。
プロに何人出た?まともに活躍しているのは梶谷と糸原くらい。

そもそも21世紀枠に負けたからって、向こうは夏の決勝12回優勝7回を誇る和歌山県勢。智辯和歌山の影に隠れた強豪校だっているだろう。

勘違いしちゃいけない。
他県からは開星高校を強豪校なんて誰もみていない。

だからこそ、強くなりたい。
というのであれば、スイング2000回はまだ理解できる。
疲れた状態でやると無駄な力が抜け、自然体なスイングを掴むことができて効果的。

だけど試合後の罰走30kmはやりすぎ。
陸上選手だってハーフマラソンを超える距離を走ろうとすれば、ある程度調子を整えてからだろう。
アスファルトの上を長距離走るのは膝に大きな負担がかかる。
試合後になんの心構えもない状態でやらせるモノではない。

スポンサーリンク

開星野球部監督 退任要求、終わりに

今回のニュースは、いじめ・体罰と考えられても仕方がないのでは?

野々村前監督コメントでもあったように、たとえ教え子であっても厳しい意見を述べています。

ネットでも、色んなコメントがありました。

退任するのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました