銀メダル拒否 波紋【動画】どこが紳士の国?残念な行為にネット失望?

スポンサーリンク
スポーツ

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会の決勝が7日、横浜国際総合競技場で7万人を超えるファンを集めて行われ、南アフリカがイングランドを32-12で下し3大会ぶり3度目の優勝を果たしました。

戦前は、名将、エディー・ジョーンズ・ヘッドコーチが率いるイングランド有利の声が強かったが、想定外の完敗。そのショックと悔しさからか、表彰式ではロックのマロ・イトジェ選手が銀メダルを首にかけられることを拒否!

授与された直後に銀メダルを首から外す選手が続出するなどラグビー発祥の“紳士の国”の選手が見せた“紳士的でない態度”を海外メディアも一斉に報じました。

スポンサーリンク

銀メダル拒否 波紋、内容

「試合後、イングランドの選手たちは、ワールドラグビーの現会長で元イングランドとブリティッシュ・ライオンズのキャプテンだったビル・ボーモント氏から銀メダルを受け取るために並んだ。だが、イトジェはボーモントと握手を交わした後、あからさまに首に銀メダルをかけられることを拒否した」

「マピンピとの衝突で倒され、試合開始わずか2分で退場となったプロップのカイル・シンクラーは銀メダルを受け取った後、即座に首から外した。一番最後に銀メダルを首からかけられたジョーンズ・ヘッドコーチも、南アフリカの選手がW杯トロフィーで祝う表彰台に上がる前にメダルを首から外した

「大会の最後にメダルを即座に外すという汚名を残す行為を犯したイングランド選手に対してファンたちは『不愉快な敗者たち』、『スポーツマン精神に反する』と(SNSなどで)批判的な反応を見せた。ファンの1人は『イングランドはメダルをかけることを拒否するかんしゃくを起こしていた。哀れだ』とつぶやいた」

THE PAGE
スポンサーリンク

銀メダル拒否 波紋、 動画

こちらが問題のメダル授与の時の動画です。

ラグビーW杯 イングランドメダル拒否
スポンサーリンク

銀メダル拒否 波紋、ネットの声

負けて悔しいのはみんな同じ。
ニュージーランドはイングランドに破れてマスコミの厳しい攻撃もあったが、最後まで堂々としていたと思う。
そのニュージーランドを破ったイングランドがこれではいただけない。
いくら悔しくてもやり方はいくらでもある。
あれでは、紳士どころかただのワガママな子供だ。
批判されて当然だし、大会の最後に泥を塗られた形だ。
試合には破れたが、ニュージーランドやウェールズの方が真の勝者だと思う。

あと、南アフリカはすごかった!
あれだけすごいと日本も諦めがついてしまいます。
おめでとう!

ラグビー発祥の地としての意地と誇りは認めるが、勝負の勝ち負けで優勝と準優勝なら誰でも優勝を目指してるし、勝ちたいだろう。

勝負して負けたのだから、セレモニーの間は勝者に敬意を払い、メダルは首にかけたままにすべきだと思う。

発祥の地としてのプライドよりも紳士的対応の方が優先されるべきでした。

サイモン・トーマス氏は、ツイッターで彼らの態度を擁護した」とし、そのトーマス氏の「どれだけイングランドが落ち込んでいるかを物語っている。彼らはさらに上のものを望んでいたのだ」というコメントを掲載した。

届かなかったのは自分たちの問題。公の場で気持ちを表現すべきではなかった。
ティア1と言われるチームがこれかよ、と、がっかりしました。

気持ちはわかるが、見てて気持ちのいいものではなかった。
悔しい気持ちは胸にしまい、あの場はしっかり銀メダルを首にかけ、勝者を祝うべきだった。
逆に、中でもちゃんとかけてる選手がいて、すごく大きくかっこよく見えた。

メダルをすぐはずす行為は観ていてとても残念だった。選手の悔しい気持ちは十分に分かる。それでもそのメダルすら首にかける事が出来なかった他のチームの事を考えればせめて控え室に戻ってからやればよかったんじゃないだろうか。
今までラグビーに関心がなかったけど今回の大会を通じてラグビーがとても紳士的でフェアな競技だと知った。ノーサイドという言葉も目の前で何度も見る事が出来た。勝っても負けても誇り高い選手の姿をまた見せて欲しいです。

準決勝のNZが、イングランド戦で見せた自信喪失の表情。何で相手を上回れないのだろう?という表情。それが決勝では、逆にイングランドが南アフリカに、その表情をさせられるとは。

しかしチーム一丸でメダルを掛けなかったとは、表彰式の前にチームで、そうしようと打ち合わせでもしていたのだろうか?ラグビーのノーサイドの精神を踏みにじる様な行為でとても残念。

メダルを外したい気持ちは分かる。自分達は優勝に価するチームであると言う自負があるんだろ。しかしエディが規律を守ってこそ自由が生まれると言って、規律の重要性を説いていた。その規律は試合中だけで無く式典の時も同じこと。むしろプレー外の時こそ言葉の真価が問われる。メダルを受け取る事、胸に掛ける事は式典の中での規律。ラグビーを通して規律の重要性を感じただけに残念だ。

スポンサーリンク

銀メダル拒否 波紋 、終わりに

ラグビー発祥、「紳士の国」と」言われるイングランドなのに、とても残念な行為です。

ネットでも、残念というコメントが多くあがっていました。

プライドがあるのは、もちろん分かりますが、メダルは素直に受け取り、誇りを大切にするべきではないでしょうか。

今回のW杯は、世界的にも多くの人に影響を与えました。

こんな紳士でないニュースは、今後やめてもらいたいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました