笠りつ子 謝罪全文あり!「死ね!」暴言の詳細!ネット炎上か?

スポンサーリンク
スポーツ

女子ゴルフの笠りつ子さん(31)が31日、27日まで行われていたNOBUTAグループ・マスターズGCレディースで大会前にコース関係者に対して暴言を吐いた問題で、所属事務所を通じて直筆の謝罪文を発表しました。

スポンサーリンク

笠りつ子 謝罪、記事内容

この度、一部新聞などで報じられている通り、『マスターズGCレディース』の会場におきまして、私の不適切な発言により、大会主催者、コース関係者の皆様が不快な思いをされた事は事実です。決して言ってはいけない言葉であったと深く反省しており、当該週に大会主催者ならびにコース関係者の方に、誠意を込めて謝罪させていただきました」とした。

今後の活動についても当面、ツアーへの出場を自粛することを発表し「どのような処分が下されても、全てを受け止め、深く反省し、真摯にゴルフに取り組み、感謝の気持ちを忘れずに、プロゴルファーを目指す子供たちのお手本となれるよう努力していきます」とつづった。

日刊スポーツ
スポンサーリンク

笠りつ子 謝罪、謝罪全文

「笠りつ子 謝罪」の画像検索結果
スポンサーリンク

笠りつ子 謝罪、暴言などの詳細

こちらは、以前から問題となっていた記事です。

こちらが、笠さんの謝罪理由だと思われます。

また、暴言の詳細を書いてあります。

スポンサーリンク

笠りつ子 謝罪、 ネットの声

見方によっては


協会、会場が選手ファーストでは無いことをして、苛つく選手の言質を取った


とも言えるんですけどね。


プロとして最高の環境でプレイできないことへのいらつきはそんなに駄目かなと思うが

主催者はタオルぐらい出せよとおもいますけどね。
むしろ休める環境も含めて、従業員教育することも含めて
主催者の責任でしょ?

選手に暴言を吐かせるような環境しか作れなかった方がプロ意識が欠落していると思う。

ただ、
日本のスポーツは躾も含めて教育の意味も持っている。
だからカネを出してくれるスポンサー対応のために聖人君子でなくてはいけない。


選手だって人間。
公式の場で言ったなら問題ですけどね。

窮屈になっていく日本に残る人が減っていくようになるとさみしくなります。

よりにもよってスポンサーを敵に回したのは大きい
日本特有のナアナアで決着するのか
結果に注目

今回だけではないでしょうね。
過去にも人格否定されて悔しい思いした人はいたと思います。
クレームの域を超えすぎてますよ!!

程度の悪い子供のような発言
個人的には数年間出場停止して欲しい

ざんげの値打ちもない暴言
大事なスポンサーを敵に回して
しまっちゃ出場自粛だけじゃ
済まされないよね

笑うしかないこの「ご報告」。プロゴルファーとして子どもたちのお手本になるだ?
死ねという捨てゼリフ、これは最低な言動で、LPGAはプロライセンス失効以外の処分は有り得ない。今後どんな人生を送ろうと知る由はないが、ゴルフに携わる職に就く事はあり得ない。

タオルぐらいのことで大変な損失ですね。
この方以外にもタオルをパクって持って帰る女子プロがいたことも問題ですよ。

スポンサーリンク

笠りつ子 謝罪、 終わりに

以前、書いた記事と合わせますと、

笠さん、タオルが置いてなかったことをめぐり、「死ね!」との暴言まで吐いていた選手だったんですね。

ネットでも批判の声が相次いでいます。

自粛とのことですが、選手生命は、どうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました