元木大介 ヘッドコーチへ昇格!嫁の大神いずみ激太りし劣化

スポンサーリンク
スポーツ

巨人の元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)が来季からヘッドコーチに就任することが判明し、話題になっています。

スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチ 内容

原監督は元木コーチに対してこのような評価をしています。

「凄くチームに浸透した。感謝しています。クセ者じゃなく、技量を持っている。周りが見えている。それが凄い」

絶大な信頼を寄せているようです。

元木コーチは

U12世界少年野球大会における日本代表監督を務めた経歴が有り、

ムードメーカー的な役割を担ってきた印象ですが、作戦面においても、2連覇に貢献できる存在なのでしょう。

スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチ  嫁の大神いずみ

元木コーチの嫁は元日テレのアナウンサー

大神いずみさん

アイドルアナとして活躍していた日テレ時代とはかなりかけ離れ、大幅な劣化が一時話題となっていました。

今の姿はガーーーン

【劣化】大神いずみがオバサン化で別人みたい。糖尿病?【元巨人軍 元木の妻】2.jpg

劣化しすぎ!

画像比較です

「元木大介 嫁」の画像検索結果

実は大神いずみさんは、TV番組「人生の正解TV~これがテッパン!~」で、初期の糖尿病と宣告されたことがあるそう。

血液検査では正常値な血糖値が70~99 の所、彼女は108もあり、HbAlcの正常値も5.5以下の所 、6.1もあり両方オーバー。

糖尿病は15歳加齢してみえるらしい。

正直残念です。

スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチ  記事内容

巨人 来季から元木ヘッドコーチ就任 原監督評価「クセ者じゃなく技量持っている」


 巨人の元木大介内野守備兼打撃コーチ(47)が来季からヘッドコーチに就任することが28日、分かった。29日にも発表される。今季は就任1年目ながら、現役時代に「クセ者」と呼ばれた野球観で5年ぶりのリーグ制覇に貢献。明るい性格でチームの雰囲気を盛り上げるなど、多才な手腕を発揮した。



 今季はヘッドコーチを置かず、4年ぶりに復帰した原監督自身が全責任を背負い、選手の起用から作戦まで決断を下してきた。優勝決定後の9月下旬、指揮官は元木コーチについて「凄くチームに浸透した。感謝しています。クセ者じゃなく、技量を持っている。周りが見えている。それが凄い」と評価。絶大な信頼が来季の組閣につながったもようだ。

 野球に関して勉強熱心な一面にも定評がある同コーチ。若手選手以上に大声を出してノックを打つ姿は印象的だ。試合中は三塁のベースコーチを担当し、的確な判断で1点をもぎ取った。自身も長嶋茂雄監督の下でヘッドコーチを務めた原監督が、シーズン前に「くそ食らえ」と言ったコーチの担当の垣根を越え、野手目線で投手にも助言を送る姿もあった。

 メディア対応にたけていることなどからも総合的に適任者と判断され、リーグ2連覇へ向けて幅広く作戦面を担当することになる。

 ◆元木 大介(もとき・だいすけ)1971年(昭46)12月30日生まれ、大阪府出身の47歳。上宮では甲子園に3度出場し、通算6本塁打。90年ドラフト1位で巨人入団。内外野ともに務め、05年限りで現役を引退した。通算成績は1205試合で打率.262、66本塁打、378打点。今季から内野守備兼打撃コーチに就任した。

スポニチアネックス
スポンサーリンク

元木大介 ヘッドコーチ  ネットの反応は?

イエスマンではなく監督に意見が言えるヘッドコーチあってほしい

ヘッドコーチは今年も空席で来年阿部が入ると思ってたけど元木か
ジュニアだけど監督経験もあるし、案外適役かも
ムードメーカーにはなれるし、あとは全体を俯瞰できるかどうかだね

元木コーチのノックは凄いです。キャッチャーフライのノックは非常に難しいのですが、いとも簡単に思うところに打ちます。
ノックが上手いと言う事は、バットコントロールが上手いと言うことです。歴代のヘッドコーチを見ると凄い方ばかりです。いずれ監督に昇格しても良いのではないでしょうか。

元木ヘッドは前監督で実現してほしかった。
野球脳は抜群だし、歳も近いから(OB会では監督に下っ端させられないと、自ら雑用を買って出てた)、うまく機能したんじゃないかな。

一番の欠点だった「地蔵」が元木ヘッドなら解決しただろうし、明るい雰囲気になったと思う。

試合中の円陣、シートノック、岡本選手や若手への接し方をみても、選手との距離が非常に近いんだと思います。
円陣の動画が結構楽しく見られるのは過去の巨人には見られなかったこと。
ヘッドコーチ、すごく期待しています。
原監督に退場などの万が一があった場合は、監督代行か~。

巨人は、シーズン前にあれだけ人的補強をしたのに、日本シリーズではSBに比べ選手層の厚みが薄いとか言われてた。
あれ程いた選手はどこへ行ったのか?

思うに野球に限らずスポーツ選手は、コンディションに維持が大変で、外から自分を観てくれるコーチとの二人三脚が不可欠と思う。
自分で成長できる力を持った選手は花開くが、多くの手助けを必要とする選手は花開くこと無く終わってしまう。

コーチは選手のコンディション維持を最優先に、時には監督に意見・提言するくらいじゃないと、良い選手をいっぱいゲットしても宝の持ち腐れではないか。
コーチの能力は、いくらコーチ自身のレベルが高くても、その高いレベルを、各々の選手にアレンジして伝えられなければならないと思う。

選手は一流、コーチはイエスマンでは、巨人は単なる日本中のエースと四番のコレクターか、そして多くの有望な選手を見殺しにするハカイダーかと思ってしまう。

意外と阿部の前に、元木監督挟んだらしてね。笑

ここまでコーチセンスがあるとは思わなかったのかな。
原監督二次政権時代に、コーチやらせてれば監督人事とかの流れも変わってたのかもね
由伸や阿部も余裕があったのかもしれない。

由伸、阿部、まだまだ現役観たかったな!ってね

良いと思う。巨人はおとなしい選手が多いので、明るいキャラクターとコミュニケーション力のある元木コーチはいろいろな意味で力を発揮するだろう。

ヘッドコーチとして要望を二つ。一つ目は、原監督のイエスマンにならないこと。自分の意見をしっかり伝えられる存在になってもらいたい。二つ目は、根気よく選手を指導すること。活気あるチームの舵取りに期待する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました