タイガー・ウッズ 偉業達成!PGA勝利数ランキング!サム・ニードとは?

スポンサーリンク
スポーツ

タイガー・ウッズが日本初開催のPGAツアーZOZOチャンピオンシップ で ツアー記録に並ぶ82勝目を達成し、話題となっています。

「タイガーウッズ」の画像検索結果
ヤフーニュース
スポンサーリンク

タイガー・ウッズ 偉業達成

今回の ZOZOチャンピオンシップ でPGAツアー82勝目

ツアー記録に並んだタイガー・ウッズ

優勝は今年4月の「マスターズ」以来。

最終ラウンドを単独首位で迎えた場合の勝利は46回中44勝、

同じく3打差以上つけた場合は25回中25勝となった

【ZOZOチャンピオンシップ】タイガーウッズ優勝の瞬間!

タイガー・ウッズ ベストテンショット

タイガーウッズ 10のベストショット
スポンサーリンク

PGAツアー優勝回数ランキング

PGAツアーの勝利数ランキングです。

10位 トム・ワトソン (39勝/メジャー8勝)
9位 フィル・ミケルソン (44勝/メジャー5勝)
8位 ウォルター・ヘーゲン (45勝/メジャー11勝)
7位 ビリー・キャスパー (51勝/メジャー3勝)
6位 バイロン・ネルソン (52勝/メジャー5勝)          5位 アーノルド・パーマー (62勝/メジャー7勝)
4位 ベン・ホーガン(64勝/メジャー9勝)
3位 ジャック・ニクラス (73勝/メジャー18勝)
1位 タイガー・ウッズ (82勝/メジャー15勝) 1位 サム・スニード (82勝/メジャー7勝)

もう現役を引退した選手ばかりです。

スポンサーリンク

PGAツアー優勝回数  1位タイ サム・ニードとは?

今回タイガー・ウッズが優勝回数に並んだ、偉人サム・ニードとはどんな選手だったのか、気になったので調べてみました。

サム・スニード。撮影は2001年マスターズ(Stephen Munday/ALLSPORT/Getty Images)
GDOニュース

ウッズが並んだ「伝説」のサム・スニードはこんな人

タイガー・ウッズが、サム・スニードが持つツアー歴代最多勝利記録の82勝に並んだ。スニードは1912年バージニア州生まれ。34年にプロ入りすると36年に初優勝を挙げ、50年以上にわたりゴルフ界の第一線で活躍した。世界で最も華麗なスウィングと評され、ゴルフファンに愛された。

1965年までの30年間で82勝を挙げた。そのうちメジャーは1942年、49年、51年の「全米プロゴルフ選手権」、46年の「全英オープン」、49年、52年、54年の「マスターズ」で合計7勝。「全米オープン」だけは4回2位になったのが最高位で、キャリア・グランドスラムには一歩届かなかった。
年間最多勝利は1950年の11勝で、いまも破られていない。欧米選抜戦の「ライダーカップ」にも7度出場し、その後3度キャプテンを務めた。シニアになってからも6勝を挙げ、シニアのワールドカップでも5勝を遂げた。
米ツアー以外の国際試合を含めると、キャリア通算135勝に達する。1974年にはゴルフの殿堂入りを果たした。79年には「ウェストチェスタークラシック」(現在のザ・バークレイズ)で史上最年長予選通過記録(67歳2カ月21日)を更新した。
2002年のマスターズでは始球式を務めたが、同年、脳卒中のためバージニア州ホットスプリングスの自宅で死去した。享年89歳。90歳の誕生日まであと4日だった。
1975年生まれで現在43歳のウッズは、96年に初勝利を挙げてから23年間で82勝と、スニードよりも7年速いペースで勝利を積み重ねたことになる。メジャーは97年に史上最年少の21歳3カ月で制した「マスターズ」から、記憶に新しい今年の同大会まで15勝とスニードを大きく上回る。

GDOニュース
スポンサーリンク

タイガー・ウッズ 偉業達成  記事内容

◇日米ツアー共催◇ZOZOチャンピオンシップ 5日目(28日)◇アコーディア・ゴルフ習志野カントリークラブ◇7041yd(パー70)
日本初開催のPGAツアーで、タイガー・ウッズがツアー記録に並ぶ通算82勝目を飾り、歴史的偉業を達成した。日没のため順延されていた最終ラウンドの残り7ホールを2バーディ、1ボギーとし、通算19アンダーで逃げ切った。通算16アンダーの2位に松山英樹。



1996年に初優勝したウッズが、サム・スニードが1965年に打ち立てた記録に54年ぶりに肩を並べた。スニードは当時、52歳。ウッズは43歳の若さで到達した。
優勝は今年4月の「マスターズ」以来。最終ラウンドを単独首位で迎えた場合の勝利は46回中44勝、同じく3打差以上つけた場合は25回中25勝となった。日本ツアーとしては、2006年の「ダンロップフェニックス」以来となる3勝目。
ウッズは初日を「64」として、首位タイで飛び出した。大雨の影響で2日目の競技中止を強いられた後、26日(土)に行われた第2ラウンドも「64」として単独首位に浮上。長丁場となった27日(日)には、最終ラウンドの11ホール目まで終えて通算18アンダーとし、後続に3打差をつけて、初日からの首位を守り切る完全優勝へ王手をかけていた。
逆転を目指した松山は、地元日本のギャラリーの声援を受けて奮闘したが、3シーズンぶりの優勝には3打届かなかった。

GODニュース
スポンサーリンク

タイガー・ウッズ 偉業達成  ネットの反応は?

ウッズ優勝おめでとう。日本初開催のPGAツアーの優勝に相応しい優勝でした。また最後まで優勝争いを演じた松山選手もこの大会に相応しい活躍でした。本年度の優勝は間違いないでしょう。頑張れ松山英樹。

日本で開催されていることもあるけど
タイガーを追える選手が松山選手だけというシチュエーションは
本当にエキサイティングでした!

素晴らしい試合をありがとう!
ZOZOサイコー!

おめでとうございます、やっとここまで来ましたね。
あと1勝すれば誰も破れないアンタッチャブルな記録になることは確実。
サム・スニードの82勝と言っても出場選手が10数人とか4人とか、プレーオフなしで4人とも優勝とか疑問符のつく8勝が含まれてるからね。  
いずれにしろ、ターガーが超伝説の現役ゴルフプレイヤーであることは間違いない、 同じ時代に生きられて幸せです。

怪我して調子落としてからも含めて、
出場4試合に1回平均で勝ち続けた天才。

絶対に2度と現れないだろうなぁ
タイガーと同じ時代に生まれて良かったよ。

松山が物凄い引き立て役になってしまっだけど、
これをキッカケにして、また調子良かった頃のように活躍して、タイガー対松山で今度は松山が勝つところ見たいな!!

さすがタイガーでした。
松山君に逆転優勝して欲しかったけど、タイガーにも勝って欲しかったので、とにかく良かった。
しかし、あれだけの観客を集められるのだから、今後も続けて欲しいな。来年のオリンピックも楽しみ。

やっぱり強かったなタイガー。
なんか若い頃より凄みが増した感じあるわ。

松山もよく頑張った!

ウッズの偉業達成と松山の猛追で、いろいろあった大会も本当に盛り上がった。
やはりウッズは史上最高のゴルフ界のスーパースター。

度重なる怪我やトラブルから復帰し、ツアー勝利の最多記録に並ぶ偉業を日本で達成してくれて、とても嬉しい。
順延などもあったが、日本でもタイガーの人気は抜けていて、暖かい祝福を受けての記録達成は、タイガーにとっても素晴らしい日になったのでは無いかと確信している。
この調子なら最多勝更新も近いだろう。
また、日本での開催で、最後までタイガーに迫り盛り上げてくれた松山にも最大限の拍手を贈りたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました