小林祐希 タトゥーに込めた想い!【画像あり】ネットの反応は?

スポンサーリンク
スポーツ

ラグビーワールドカップ2019日本大会に出場する各国の選手たちに対して、ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーより日本では“タトゥー”を隠すよう指示があったという。

「日本の文化を尊重する」と選手側から反発する意見はほとんど出なかった中、日本では賛否両論さまざまな意見が飛び交ったという。

スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、きっかけ

もともとタトゥーに興味はあったという。

ロサンゼルスに住んでいるHIROさんというアーティストがいて、

「タトゥー入れたいです。入れたい内容ももう決まっているんです」って話したが、

「日本だとタトゥーは受け入れられないからダメ。お前のことは好きだからお前には入れない」と2年くらい断わられていたそう。

「じゃあ、HIROさん、俺が家まで訪ねたらやってくれますか?」と聞いたら、「来ちゃったら考えるよ」と言われ、本当に家まで行ったという。

これは、23歳の時だったという。

まだジュビロ(磐田)でJ2の時。

まず家族の名前を一番最初に入れたという。

妹2人とお母さんの名前をデザインしてもらって。実は親父がすごく厳しい人で、親父には何も言わずにタトゥーを入れて帰ったらしい。
厳しい父親からは、「なんで俺の名前が入ってないんだよ」と言われたらしい。

スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、 タトゥーに込めた想い

自分の人生は自分で決める」、「自分のメソッドをつくる」という意味を持つ好きな言葉「OWN」は、オランダに着いた日に入れたという。

日付も、オランダにいた期間。

唯一ここだけ文字で、他はできるだけ柄のデザインで表現したかったと小林選手は語る。

実は背中にも大きく入ってるんだそう。

鏡に映らないと読めないという。

鏡文字になっており、「愛・感謝・縁・楽しむ・挑戦・道」と自分の好きな文字を並べて。

これらの文字は信念でもあるゆえ、自分の中心の背骨に入れたという。

スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、代表で長袖

代表へ行ったら長袖を着ないといけない、日本で経営者や目上の人と会う時は夏でも長袖にジャケット着ていく、出せない場面もたくさんあるので、ネガティブ・不便な点はあるという。

けれど、それが自分なので、ありのままに受け入れてもらい、あとは中身を知ってもらうしかないと言う。

ですが、海外の選手からは、「Fuck’n cool!!(めっちゃいいね!)」とタトゥーを褒められるという。

スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、 画像

「小林祐希 タトゥー」の画像検索結果
「小林祐希 タトゥー」の画像検索結果
スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、ネットの声

初めてスペインに行った時、タトゥーを入れている人を見て、筆者の印象は「怖そう」でした。それが正直なところです。
あれは2007年のことです。それから10年以上を海外で過ごして、いま、タトゥーを入れている人を見ても、怖いとは思いません。
ある種の「慣れ」であると感じますし、また、タトゥーを入れているという外見ではなく、そういう人たちの内面に自然と目を向けられるようになれば、次第に偏見はなくなっていくでしょう。
小林祐希選手が言うように、『そういう人もいるんだな』というくらいの姿勢、そのような寛容さがこれから必要になってくるのではないかと思います。
今回のラグビーのワールドカップで、多くの選手が、日本の文化を尊重してくれました。東京五輪に向け、今度は日本が少しずつ変わっていく番です。

「変えていきたいというよりも、そういう人もいるよってくらいでいいんですけど。受け入れられない人は受け入れられないと思うので、無理に受け入れてくれとは言わないです。そういう人もいるんだなくらいの感覚で見ていてくれれば。」
このくらいのスタンスでいるのがいいと思う。
受け入れるべきだーとか多様性がーとか、ギャアギャア騒いでる人達よりいさぎよい感じがする。

この人がしたいようにする分いいんやない?
日本では受け入れ難いのは仕方ない。
やっぱりいいイメージ持たない人が多いのは事実だし。
してる人に文句はないしただ日本がそうだからって日本がどうこう批判する人いるけどそれは違うと思う。

過剰に批判されるのは間違っているし、海外では普通だよなどと一般化されるのも間違っている。
けしからんとされる国は沢山あるし、タトゥーくらいでピーピー騒ぐなって感じの国もまた沢山ある。
だが、タトゥーを入れることが全世界的に賞賛されることではない以上、批判されるリスクは確実に高い。
そこを本人が納得できるなら別になんら問題ないと思う。
結局、気にする人もしない人も千差万別。
皆がみんな自分の意見が正しいと思ってるため、一定の結論など出るわけがない。
ちなみに、個人的には信念や想いをわざわざ体に刻む必要性はないと思う。
オシャレの一環だと言われた方がまだ理解出来る。

日本では刺青は特定の職業の方々(例えば火消しとか職人とか)が入れるものだという昔からの文化がある。
文化っていうのは、そうやって土着のものとして自然と出来上がっていくものなので、そもそも変えるとか変えないとか、受け入れるとか受け入れないとかの話じゃないと思うんですよ。

だいぶ後から日本に入ってきた「タトゥー」というものが文化として定着するには、それこそ刺青と同じくらいの時間がかかるんじゃないでしょうか。

入れてるのは否定しないけど、あえてアピールする必要は無くないかな?
入れ墨、タトゥーのイメージが悪いのは入れてる人の日頃の行いが悪いからだよね
イメージを良くしようって努力は認めるが、いくらサッカーの成績が良くてもイメージは良くならないと思うよ

あと、かっこいいからタトゥーみたいなファッション感覚を歌うなら色々な人の思いとか言わないでほしい
なんか綺麗事並べて正当化してるだけ

自分の身体なので自己責任でやるのはいい事です。
ただ、日本はタトゥー文化が根付いていないので
それを批判したり、遅れてる発言今後もしない方がいい。
それが、日本という国の文化なのだから仕方ない事、いずれタトゥーが認められる事になるかもしれないけれど、今は違うのですから、それを批判するのはおかしいし、余計に認められなくなるのでね。
小林選手の生き方でタトゥーの意味を主張していけばいい、今後も頑張ってください

スポンサーリンク

小林祐希 タトゥー、 終わりに

小林選手、タトゥーへ込められた想いが素晴らしいですね。

ですが、ネットでは賛否両論という感じです。

小林選手の意思を否定するつもりは、決してありませんが。

まだまだ日本では、海外ほどタトゥーを受け入れてはもらえないのでしょうね。

今後、タトゥーが当たり前になっていったとしても、時間がかかりそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました