ラグビー日本代表 健闘 称賛【動画あり】松島幸太朗が語るコメント!

スポンサーリンク
スポーツ

ラグビーのW杯日本大会第22日は20日、東京・味の素スタジアムなどで準々決勝2試合が行われ、日本は優勝2度の南アフリカに3―26(前半3―5)で敗れ、初のベスト4入りは残念ながらならなかった。

前回大会で劇的な白星を挙げた南アフリカを相手に、この日はFW戦で互角の戦いができず、ミスを連発。

今大会通算5トライのWTB松島幸太朗選手(26)らバックス陣も封じ込まれ、今大会初のノートライだった。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表 健闘 称賛、 松島幸太朗

試合が終わると、松島選手は自陣のポールの下で片膝をついた。

喜び、安心した表情をみせる南アフリカの選手たちを目に焼き付けた。

今大会5トライのフィニッシャー選手も、世界最強の盾にはね返された。

ノートライ。

複雑な苦味が残った。

 「悔しい気持ち、重圧から解放されてホッとした気持ち。もうちょっとやりたい気持ちもある。相手は準々決勝を何回も経験している。プレッシャーが違った

 だが、運び屋の役割は果たした。

チーム1位となる58メートルのボールキャリーを記録。

6歳まで家族と過ごし、高校卒業後に武者修行した南アフリカを相手に全てをぶつけた。

この日は地上戦だけでなく、空中戦でも輝きを放った。

ハイボールを確保し、前半23分にはビッグタックルを決めた。

 手応えも残った。

前回大会の「1」から「5」へトライ数を急増させた。

きょうも個人的には違和感はなかった。成長した」と語る。

4年間築いた当たり負けしないフィジカルという土台に持ち味のスピードが調和した。

そして、エースは最高峰の舞台を望む。

 「海外のいいオファーがあれば考えたい。いろいろな国の文化、考え方を学べる。そのために世界に出ていかないと

海を渡り、心身の厚みも増す。

4年後の4強へ!

東京で感じた複雑な苦味を忘れず、次こそは決勝トーナメントでの日本初トライを奪うだろう。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表 健闘 称賛、動画

こちらは、日本VS南アフリカのハイライト動画です。

【ハイライト】日本 vs. 南アフリカ ラグビーワールドカップ2019 準々決勝

こちらは、 日本VS南アフリカの試合全てです。

ラグビーワールドカップ2019 準々決勝「日本」対「南アフリカ」 2019年10月20日
スポンサーリンク

ラグビー日本代表 健闘 称賛、 ネットの声

松島君には今の日本代表のすべてを受け継いで次世代に伝えて欲しい。世界でもどこにでも羽ばたいて、そして4年後にまた日本代表として活躍してほしいです。今大会を通じて真のMVPだと思います。粘り強くあきらめずに黙々と仕事をこなす彼の姿に感動しました。

間違いなく海外のチームからオファーが来ると思う!今大会で一番プレーにキレがあった。ぜひ海外のチームで活躍をして欲しい!

海外に出て欲しい。そして、学生や社会人を始めとしたチームの底上げをこのタイミングでして欲しい。 新しい力を更に増やして下さい!松島さんお疲れ様でした!

松島はクールだね!凄い抜け出しを決めても涼しい顔をしているのが印象的。内には熱い闘志を秘めてるけどあまり顔には出さずに全てフィジカルに昇華してる。
是非日本ラグビーの更なる底上げを頼む!

その通り。
日本はティア2からティア1になったばかり。
今日は次のワールドカップのスタートの日。ジャパンはまだまだ強くなって、まだまだ熱くさせる。これが最高ではない、まだまだ上があるんだからね!!

本当に素晴らしいOneteamな大会だった。元おっさんラガーマンですが、ラグビー人気が日本でこれだけ盛り上がるなんてなんてスゴク素敵な事だと思います。

批判覚悟で言います。
純日本人だけのメンバーでどれくらいやれるのか見てみたい。

スポンサーリンク

ラグビー日本代表 健闘 称賛、 終わりに

2019年ラグビーW杯は、日本、念願のベスト8という結果で終わりましたね。

私も観戦していましたが、日本VS南アフリカ、前半戦は良かったと思います。

後半戦、南アフリカの本領発揮!

また、日本のパスを邪魔され、なかなか繋がらず・・・

いい戦いでしたが。

個人的な意見としては、日本のトライが見たかったです。

そして、4年前のように奇跡を起こし勝ってほしかった!

ですが、今回のラグビーW杯は、日本の多くの人を勇気づけ、ファンも増え、若い選手の今後に大きな夢を持たせたと思います!

日本代表、お疲れ様でした!

初のベスト8、おめでとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました