いとうあさこ チャリティーランナー!【インスタ画像】

スポンサーリンク
スポーツ

8月24日(土)、25日(日)に放送される「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(日本テレビ系)でチャリティーランナーを務める、いとうあさこさんから意気込みコメントが到着した。

今回のチャリティーランナーは、いとうあさこさん、ガンバレルーヤよしこさんと他2人(今後随時発表)の計4人であることが、7月14日に放送された「世界の果てまでイッテQ」内で発表。

さらに、1人42.195kmずつ走って4人でつなく「24時間フルマラソン駅伝」形式になることも発表され、初めての会場となる東京・国技館のゴールを目指す。

そんな、いとうあさこさんについて、調べてみました。

スポンサーリンク

いとうあさこ 困惑、マラソンで電波少年思い出す!

いとうあさこさんのコメント、

『24時間チャリティーランナーの“一人”に選ばれました』って内村さんから言われた時、何を言っているのかまったく意味が分からなかった(笑)。

未知のことすぎて『怖い』でも『頑張ろう』でもなく、ただただ『?』だった。でも、『もう一人発表します』って言われて、ガンバレルーヤのよしこの顔を見た瞬間に、本当に理由が分かんないんですけど、涙が止まらなくなって。

そこで『あ、ホントに走るんだ』っていう実感と『よしこがいるから頑張ろう』という気持ちがわいてきて。そこで改めて内村さんから『やりますか?やりませんか?』と聞かれて、ようやくちゃんと『やります』と言えました。

やりますか?やりませんか?なんて『電波少年のやり口だな。それで無人島行ったな』って思い出しましたけど(笑)。

いとうあさこさんは、裕福な家庭で育ったにもかかわらず、家で同然で何のコネも無いお笑いの世界へと飛び込んできました。

そんな、いとうあさこさんが無名時代に、日本テレビ系「進ぬ!電波少年」で「電波少年15少女漂流記」という企画に参加していた。この企画は、踊りを間違えたことによる罰ゲームでした。

必然的に無人島へ行くように仕組まれた踊り、とてもややこしくて難しい踊り。それを、いとうあさこさん達は、踊らされ、やはり誰かが間違えてしまい、無人島行きとなるのである。

この15人は、タレントやお笑いの卵たちで、最後までリタイアしなかったのが、いとうあさこさんを含む8人である。森三中の黒沢さんも残っていたという。

この企画に参加していた人のうち、現在、活躍しているのは、いとうあさこさんと、黒沢さんだけである。

ちなみに、この企画でいとうあさこさんは、有名になったわけではないのです。これまでの苦労を積み重ねてきた結果でしょう。いとうあさこさんは、まさに今回のマラソンにふさわしい、ど根性の持ち主ですね。

スポンサーリンク

いとうあさこ 困惑、インスタでは?

スポンサーリンク

いとうあさこ 困惑、ネットのコメント

いやがるのをやらせるのは、パワハラではないのですか?
裏で話しついてるのなら、ひっぱらんでいい。
そもそも未経験者がフルマラソンそれも真夏なのに、1ヶ月で準備できるとはおもえませんが。

ヤフーニュース

毎年思うが、真夏に長距離を無理やり走らせて身体にいいわけがない。
これで膝を悪くした人も沢山いるのでは?
誰かにメリットがあるのですか?
こんな危険なことは、早く止めさせるべきだと思う

ヤフーニュース

そもそも熱中症を呼びかけてる中の24時間マラソンなんていらんし
事務所がOKしてるからって断れない状況の中発表するのってただのパワハラに見えるし
もし裏で事前に本人がOKしてたのならそんなヤラセいらんし。
頑張ってる姿を見せるのはわかるけど、今の時代にあってなさすぎると思う。

それなら何かに挑戦したい芸能人を募集して、選考して決めた方が良いんじゃないですかね。

ヤフーニュース

本人の意思もないまま、言われるがまま、困惑のままに役割をあてがわれて走っているのを見せられて、そこに感動を求めるのは違う気がする。ましてやそれをチャリティーと称するのは、疑問しかない。

しっかりと取り組む本人が目的意識と大義名分を持っていてこそ、なにかにチャレンジする姿は美しく意味を持つのでは?

ヤフーニュース

いとうあさこさんへの身体を心配するコメントや、パワハラといったコメントも目立ちますね。

あとの2人が誰なのかも、気になりますが、いとうあさこさんが怪我など、無理をしてしまわないか心配ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました