ナゴヤドーム HRテラス計画【動画あり】ネットの反応は?球団側は?

スポンサーリンク
スポーツ

中日の本拠地ナゴヤドームが「ホームランテラス」の新設を計画していることが12日、分かりました。

球団関係者が「球団とナゴヤドームでの話し合いが本格的に始まった」と明かし、早ければ21年シーズンからの運用を目指しているという。

利用率の高いコンサートなどに対応するため、右翼と左翼がせり出し、かつ取り外し可能なヤフオクドーム型が有力である。

スポンサーリンク

ナゴヤドーム HRテラス計画、概要

今季中日は主催試合の観客動員が228万5333人で2年連続で伸ばした。

テラス席はホームランの迫力はもちろん外野手のプレーを臨場感いっぱいに楽しめ、集客増の一手になる。

7年連続Bクラスに沈んだチームにも追い風になりそうである。

今季チーム打率2割6分3厘はリーグ1位ながら、本塁打90本はリーグ最下位。

ナゴヤドームは両翼100メートル、中堅122メートル、フェンスの高さ4・8メートルと12球団最大級を誇り、本塁打が出にくいとされる

今季は12球団の本拠地別で最少の76本。

1試合あたりでも1・07本と最少で、神宮や東京ドームと比較すると約1・6本少なかった。

与田監督は、

「チーム打率は良くなっているが、点を取れるようにしないと」

と話しており、テラス席が出来れば得点力アップにつながりそうです。

シーズン中もビシエド選手や平田選手、福田選手らの打球がフェンスに当たって長打止まりのシーンが目立った。

ファンの声援とともに“アーチスト”が増えれば打線はパワーアップする。

スポンサーリンク

ナゴヤドーム HRテラス計画、動画

こちらは、ナゴヤドームでのホームラン特集です。

ナゴヤドームの5階席まで飛んだ特大ホームランまとめ
スポンサーリンク

ナゴヤドーム HRテラス計画、ネットの声

かつて日本野球は「箱庭野球」と揶揄されました。1988年に国際規格を満たす東京ドームが会場したころから、日本の野球場もアメリカに匹敵するフィールドの広さをもつようになりました。ところがその後、飛距離の出るボールを使用することによって帳尻を合わすようになり、そのことが叩かれるとボールの反発係数が抑えられました。
だからフェンスを前にすると言うのは、何か根本的なところで間違いがあるように思います。
国際大会を見ると、日本の長蛇力不足とは明らかです。今日本野球に必要なことは、ボールを遠くに飛ばせる選手をきちんと育てることであって、このような小手先のことをしていると、日本の野球はどんどん魅力のないものになっていくように思います。
パ・リーグのクライマックスシリーズのファーストステージでは、多くのホームランが出ましたが、そのほとんどはホームランテラスに入ったもの。ゲームの質を変えてしまっていました。

山田久志監督の時代だが、ホームランが少ないことを球団が問題視。当時のルールではホーム球場の使用球を球団が決めることができたので、反発係数の高いボールを導入してホームランを増やそうとなった。
当時中日には長打力のある選手が少なく、立浪さんが4番打ったりしていた。一方で巨人は、松井さん、清原さん、高橋由伸さん、江藤さん、阿部さん、二岡さんと4番打てそうな強打者がズラリ並ぶ強力打線だった。
結果どうなったか。中日戦のビジター戦でしかナゴヤドームで試合をしない巨人がナゴヤドームで放ったホームラン数が、ナゴヤドームで70試合近くこなす中日がナゴヤドームで放ったホームラン数を上回ったんです。特に松井さんにはよく打たれましたね。
今の中日も長打力のある選手は少ないので、テラスを作ったことでかえって対戦相手のホームランが増えたなんてことにならないよう祈るばかりです。

今季はついに、大本営である中日スポーツでもその話題に触れてましたからね。いよいよかという印象です。
テラスの設置については必ず賛否両論出ますから、全員が納得する回答はないでしょう。投手にとっては今より不利になり、野手もこれで言い訳ができなくなりますね。

早くても再来年のシーズンからなら、今から適応できるような野球を考えていく必要があると思います。来季は現状のナゴドスタイルで戦いながら対応を考える難しいシーズンになるのかな。
いずれにしても、最終的な判断は結果でされるので、選手の皆さんには頑張ってもらうしかないですね。

中日は、1997年にナゴヤ球場からナゴヤドームに変わり、ホームランは激減。それまで毎年ホームラン争いをしていた大豊、山崎などの長距離打者は成績ダウン。

翌年、大豊を阪神に放出し、阪神から久慈を獲得しました。久慈は、内野の守備はビカイチだけど、規定打席以上でもホームランが1本打てるかどうかの選手。

私はカープファンですが、
かつては、ゲーリー、落合、宇野などの打者を並べ、ホームラン攻勢が魅力だったドラゴンズが、広く高いフェンス(4.8m)のドームに変わり、守りの野球に舵をきったのを、
往年の中日ファンの方は、どう感じてるのだろうと思っていました。

その後、投手力守備力を強化し、守りの野球に変わった中日は、1999年に優勝。
以降そのスタイルは定着。

そして20年後、ホームランを増やし、魅力のある野球にしたいからホームランテラスを設置したい。
賛成か反対か投票したらいいのでは。

パリーグのファンだが、テラスホームランは本当に見ていてつまらない。
ヤフオクは左中間、右中間に抜けたあとの三塁打が魅力あったのに、それが減った。テラスを作るのではなく、フェンスを低くして、少し客席を増やすべきだった。
ZOZOにいたっては海に浮かんだ球場で風が問題なのだから、こちらはメラドのように、上に屋根を付けてドーム型にして風の影響を少なくする改築をすべきだったと思う。
各球団それぞれ違った対処をするべきで、皆が右に習えの発想がおかしい。球場が広いなら、パワーヒッターを沢山ドラフトで取るとか、足の早い中距離ヒッターを育てるとか、逆に落合のように投手力主体のチームを作るなどして、現存するハコモノに人間が合わせるべき。野球に限らず、全て人間に合わさせようとする考えがそもそも世の中をおかしくしている。

そもそもの話なんだけど野球って球場の大きさが統一されてないって非常に不公平なスポーツなんだよねぇ…
ホームランキングとかって球場ちっちゃい球場の選手がとり易いし防御率やセーブのセーブのタイトルは比較的広い球場の選手がとり易い。
ナゴヤドームは広い球場なんだから広い球場なりの選手を使って育てるべきだと思う。

中日の選手がナゴヤドームで本塁打が出ないだけなのでは?他チームの選手は結構出ていると思いますが?
地の利を活かした野球ができずに他チームの真似をすれば更に成績を落とす可能性もあるとは思いませんか?過去には30本塁打以上記録した選手もいるので、自前で長打力のある選手を育成してはいかがでしょうか?
現状のチームでは勝負どころで1点を確実に取れる様な打撃を心がけてください。得点圏打率ではなく、勝負の分かれ目の時に如何に勝負をかけれるかだと思います。最終的にチームの総得点が総失点を下回っていても良いんです。勝てるゲームを確実に取りましょう。

球団がどう考えるかですね。
ホームランが増える事を想定すれば投手陣の力がより重要になる。
迫力があっても『結果打ち負ける』『緊張感のある投手戦が減る』とチームどころか野球そのものの魅力減少にもなる。
でも逆も真なりですからどちらにせよはっきり方針を打ち出せばいいと思います。
あと多数決とはやめた方がいい。
多数決は基本的に良い結果にはならない。
責任ある人がしっかり話あってトップダウンでいいと思う。

私的な考えとしてはホームランテラス設置は反対です
本塁打は間違いなく増えると思いますが、被本塁打も間違いなく
増えます。
多数の球場でテラスが設置されエキサイティングな試合展開が
魅力てきなみたいな記事をよく見るのですが、自分としては
本塁打が出にくく走塁や守備が重要視される球場があって
欲しいです。
大味な打ち合いもファンは喜ぶかもしれませんが
1点2点をいかに奪い失点を極力抑えて守り勝つのか
緊張感があってこれも1つの魅力では無いでしょうか?

全体の流れでホームランテラスが設置されている球場が
増えている中で一つくらい逆行してホームランが出にくい
を売りにする球場があっても良いのではないのでしょうか?

球場を狭くするとか時代と逆行しすぎだろ…最近のプロ野球球場事情。
東京ドームを見てみろよ。建設当時は野球をするに支障のない球場設計だったけど、打者の体格が大きくなり、打撃技術の層が積み重なった結果多少芯を外してかすってもホームラン、天井の高さも足りなくなってきて来ている大飛球、看板直撃弾も昔ほど珍しくもなくなってきている。
投手のレベルも比例して上がっているから率が跳ね上がったり、ホームラン数が劇的に上がることはないが、しっかりと芯に当てたときの打球内容の平均飛距離は確実に伸びてきているよ。
野球人口が減ってきているから一概には言えないが、単純にこのまま打者のレベルが上がってくれば、今のナゴヤドームだろうが甲子園でもそれほど広く感じない時代も遠くないよ。その頃には東京ドームとか神宮は狭すぎると今よりも問題になるだろうが…

なんだろう、規格の異なる新球場の建設はオッケーで誰もそこに文句は言わないよね。
なんで今ある球場を回収することが悪いとされるのか。
個人的にはナゴヤドームはフェンスが高すぎて完璧に捉えた打球がフェンスを越えないことが問題だったと思ってる。他の球場は入るのにナゴヤドームだけが…っていう不公平感はあったと思う。
フェンスの高さを低くするだけでオッケーだと思うんだけど、ナゴヤドームは多目的施設だからそれは難しいみたいだと聞いたことがある。
結局、ナゴヤドームがドラゴンズの持ち物ではないって事が根本的な問題。これが解決すれば、売店や周辺施設などの不満も解決するんだけどねぇ。

スポンサーリンク

ナゴヤドーム HRテラス計画、終わりに

ネットでは、色んなコメントが寄せられていますね。

球団側がどう受け取るか?という問題もあると、意見されています。

いったい、どうなるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました