広島・緒方監督 退任【会見全文&動画】3連覇達成の瞬間の動画有り

スポンサーリンク
スポーツ

広島の緒方孝市監督が球団に辞任の意志を申し入れ、了承されたと発表し、話題となっています。

リーグ3連覇を達成した名将は5年で退任することとなった。現役引退後にコーチに就任しその後に監督へ就任。

5年間で3度のリーグ優勝へ導き、33年間着続けた、広島のユニフォームを脱ぐ事となった。

スポンサーリンク

広島・緒方監督 退任 会見全文

こちらが緒方監督の会見全文&動画です。

退任の緒方監督「先のことは考えていない」会見全文


広島緒方孝市監督(50)が1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りで退任することを発表した。全文は以下の通り。
   ◇   ◇   ◇
今日は本当にお忙しい中、急きょお集まりいただきありがとうございます。今シーズンを持って、ユニホームを脱ぐこととなりました。先ほど松田オーナーのほうにシーズンの結果報告と自分の意思を伝え、了承していただきました。カープに入団してから、選手、コーチ、最後は監督として33年間、ユニホームを着させていただきました。カープ球団、松田オーナーに対して、本当に心から感謝しています、そして、監督としてのこの5年間、コーチの方々、スタッフの方々に本当に支えていただきました。そして何より、厳しく接しながらも、選手たちは本当によくついてきてくれたし、最後まで本当に頑張ってくれました。そして、なんといっても、やっぱりファンの方です。ファンの方に大きな力をいただいて、この5年間、監督としてやってこられたと思っています。
監督に就任してから、1年目から1年勝負の中でやっていくと。その決意は変わらず、今シーズンもその思いでやってきました。今シーズン4連覇、そして悲願の日本一という目標の中で戦ってきましたが、その目標を達することなく、期待に応えることができず、本当にそれは監督としての責任なので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。監督をやる上で、カープの監督というのは、いかに選手を、若い選手を育てながら、戦っていくか、試合に勝っていくか。そういう思いの中でずっと戦ってきたし、このポジションに立たせてもらって、最初は分からないことばかりで、いろんな経験を積ませてもらって、こういう言い方が適切か分からないですけど、本当に貴重な時間を過ごさせていただきました。自分の中では、目いっぱい、全力で最後までやり切ったなと。そういう思いでいます。
ここから、ユニホームを脱いだ先のことは考えていないし、決めていないのが現状ですが、本当に一OBとして、選手たちを、カープを見守り、全力で応援していこうと思っています。本当にみなさん、長い間お世話になりました、ありがとうございました。

日刊スポーツ

今回辞任の決意を固めた要因はやはり

4連覇を逃したことと、Aクラスを逃し、CS進出までも逃した事でしょう。

ただ、毎年主力クラスを引き抜かれる中、万年Bクラスの広島を3連覇に導いた手腕は確かでしょう。

通算勝率.568 は素晴らしい!

心残りは日本一にはなれなかったことか?!

また、いずれ広島のユニフォームに袖を通す事に期待したいと思います。

気になる後任監督は誰なのか?

金本?

新井?

広島3連覇達成の瞬間!

広島東洋カープ3連覇の瞬間❗️
スポンサーリンク

広島・緒方監督 退任  記事内容

広島が緒方監督の「退団」を発表 3連覇達成の名将は通算勝率.568で退任


33年間着たカープのユニホームを脱ぐことに、CS逃し「監督しての責任」「申し訳ない気持ちでいっぱい」
 広島は1日、緒方孝市監督が球団に辞任の意志を申し入れ、了承されたと発表した。リーグ3連覇を達成した名将は5年で退任することとなった

 緒方監督は1986年にドラフト3位で広島に入団し、2009年まで23年間、広島一筋でプレー。通算1808試合出場で打率.282、241本塁打、725打点、268盗塁の成績を残した。

 引退後も球団に残ってコーチを務め、2015年から監督に就任。1年目は4位に終わったものの、2016年から球団史上初の3連覇を達成。しかし、今季は70勝70敗3分と勝率5割に終わり、最終戦で勝利した阪神に抜かれて4位に転落。4連覇に届かなかっただけでなく、CS進出も逃した。

 広島は球団公式HPで「緒方孝市監督 退団のお知らせ」と発表。指揮官は「今シーズンをもってユニフォームを脱ぐこととなりました。ファンの方にも大きな力をいただいて、この5年間監督としてやってこれたと思っています。監督に就任してから、1年勝負の中でやっていくと、その決意は変わらず今シーズンもその思いでやってきました。4連覇、そして悲願の日本一と、そういう目標の中で戦ってきましたが、その目標を達することなく、期待に応えることが出来ず、これは監督しての責任なので、申し訳ない気持ちでいっぱいです。みなさん長い間お世話になりました。ありがとうございました」とコメントを発表した。

 監督としての4年間の通算成績は715試合で398勝303敗14分、勝率.568。選手時代から33年間着続けたカープのユニホームを脱ぐことになった。

Full-Count
スポンサーリンク

広島・緒方監督 退任  ネットの反応は?

緒方のやりきったという気持ち、ファンもよくやってくれたと思っている。
しかし、まだまだやりきってもらったらダメだ。
緒方には、もっと勉強してまた戻ってきてもらいたい。
一ファンふぜいが生意気だが、監督として自分に足りなかったもの、反反省すべき点、自分でもわかっているだろうし、それを振り返る良い機会だろう。
どんな時でも冷静沈着、広島の野球を貫くという信念の固さ、頑固さはよーく理解できた。
そのおかげで夢にも見なかった3連覇も成し遂げてくれた。
死ぬまでにカープの優勝が見られると思っていなかった自分にとって、夢のような3年間だった。
しかし日本一にはなれなかった。
勝負どころで弱さも出た。
指揮官として、勝負師として、大きくなって戻ってきてほしい。
今年も終わり方は最悪だったが、よくここまで楽しませてもらった。
また緒方が必要とされる時は必ず来る。
3連覇というのは球史に残る功績なのだから。

お疲れ様でした。出来れば一回でも日本一になって欲しかったですね。
そうすれば、野村ヤクルト、原巨人、落合竜と並んでセリーグ史に緒方広島時代が刻まれたんでしょうが。
それでも広島の黄金期を築いた実績は広島の球団史に残る立派なものだったと思います。

昭和62年から令和元年まで一度も途切れることなくカープのユニフォームを着続けてるんだから凄いこと。選手としてもコーチとしても監督としても偉大な成績を残しカープの歴史上もっとも偉大な功労者の一人。

今季は単なる成績不振だけじゃなく色々残念なこともあったし、細かい采配や選手起用への注文もあったが、間違いなく名将だった。

勝率.568ですか!広島カープの監督とは思えない勝率ですね!強くなったということでしょう。(今年はそんなにだったけど)カープ黄金期を支えてくれた緒方監督に感謝します。

3連覇はなかなかできることじゃない
ビンタ問題を含めて責任を取って辞任したのであって無能だから切られた訳じゃないと思う

時期新監督は石井琢朗監督でもいいかも

今まで緒方監督を批判してた奴、辞めろって言っていた奴、これで次官が結果残せなくても緒方が良かったとか口が裂けても言うなよ。
緒方監督、5年間お疲れ様でした。僕は続投支持していましたが、同時に責任を取らないわけないとも思っていました。
優勝できなくてやめる、こんなかっこいい辞め方、ずっと育成弱小球団だったはずのカープにおいてこんな辞め方したの監督だけですよ、胸張って下さい

3連覇達成したし、いい監督だったな。お疲れさまでした。それにしてもCSを逃した今年のカ―プの戦犯は誰?巨人からきた長野?彼は成績だしたのかな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました