織田信成 反論が酷い【ブログ全文あり】真相は、モラハラ!大学最低!

スポンサーリンク
スポーツ

プロスケーターの織田信成さんが29日、ブログを更新し、関西大アイススケート部監督を退任したことについて、「多忙」を理由と報道されたことを否定し、「リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになった」などと記した。

スポンサーリンク

織田信成 反論、概要

関大は9日に、織田氏のアイススケート部の監督退任を発表。

その際に「(多忙で)監督としての時間が十分に取れない」と申し出があったと説明していた。

 だが織田さんはこれに真っ向反論!

「関西大学アイススケート部監督辞任について、一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させてください」と切り出した。

 そして、「多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で『多忙で監督として十分な時間が取れない』とは一言も話していません」とした。

 そして辞めた本当の理由として、

リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3カ月間リンクに行く事が出来なくなった事と、それに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです」と説明しました。

 7月には弁護士も交えて関大側と話し合い、関大側が調べて報告するとなったというが、

そこから2カ月待ちましたが、誰がどのように調べているのか分からず、また結果報告もありませんでした」という。

報告を待っている間も、選手達を思い、

「なんとかリンクに戻れる環境にしてくれないか」と訴えたと言うが、何も変わらず、

半ば諦めた気持ちで監督の職を辞する決意を致しました」とつづった。

 関大側が引き留めたという報道に対しても、

「そのような事はない」と否定。

最後に学長にあいさつしたいと求めたというがそれもかなわなかったという。

 「この件について公表する予定はありませんでしたが、辞任してから事実とは違う内容が関西大学側から発表され、精神的に耐えられず、今回自分の口で説明する事となりました」と苦渋の決断を強調。

「途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っている」と謝罪すると同時に、「人前で笑う事がつらく感じることもあった」と正直な心情も吐露。

 だが「指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います」と指導者としての意欲は失っていなかった。

スポンサーリンク

織田信成 反論、ブログ全文

応援して下さるスケートファンの皆様、
スケート関係者の皆様へ


本当は楽しい事を書くこの場で、またこの時期にこのようなご報告をしなければならない事をどうかお許し下さい。


関西大学アイススケート部監督辞任について、一部事実とは異なる報道がありましたので、自分の口から説明させて下さい。


多忙を理由に監督を辞任したわけではなく、また関西大学との話し合いの場で「多忙で監督として十分な時間が取れない」とは一言も話していません。
辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったからです。


今回の件で、7月に弁護士の方もふまえて関西大学と話し合いを行いました。
関西大学が調べて報告をあげるという事で結論に至り、そこから2ヶ月待ちましたが、誰がどのように調べているのかわからず、また結果報告もありませんでした。
報告を待っている間も指導を待っている生徒がいるので、なんとかリンクに戻れる環境にしてくれないかお願いしましたが、実施されないまま、このままでは何も変わらないだろうと半ば諦めた気持ちで、監督の職を辞する決意を致しました。
他の仕事への影響もあり、体調が優れないまま監督を続ける事は私にとって厳しいものでした。 


関西大学が私に対して引き続き指導を頼んだ旨の記事がありましたが、そのような事はなく、辞める時は大学側に辞意を伝えるとすぐに承諾されました。現役時代にはリンクまで建設して頂き大変お世話になったので、最後に学長への謁見を希望し辞意を伝えたいとお願いしましたが、その時は1ヶ月先まで学長のスケジュールが埋まっていて忙しいという理由で、直接会わずに辞めてもらって良いとの事でした。
またどんな理由を言って辞めても嘘になるので、前向きな言葉だけで終わらせてほしいとお願いもしましたが、大学側から「あくまで多忙が理由」と証言する記事が出ました。


指導者としての夢もあり何とかリンクに復帰できないか本気で思い悩んでいたので、このような対応はただただ悲しく辛いものでした。この件について公表する予定はありませんでしたが、辞任してから事実とは違う内容が関西大学側から発表され、精神的に耐えられず、今回自分の口で説明する事となりました。


途中で職務を投げ出す形になり、本当に申し訳なく思っています。どんな状況でもスケートを教える事がすごく楽しかったので、自分がもっと強くいられればきっとこんな風にはならなかったのだと反省しています。人前で笑う事が辛く感じる時期もありましたが、今は家族との時間を多く取り、他のお仕事をする事で精神的にも安定してきました。13年間、お世話になった関西大学たかつきアイスアリーナを去る事は大きな決断でしたが、指導者としての夢はまだ諦めていないので、オファーがあれば何処へでも行って指導できればと思います。

織田信成 オフィシャルブログ
スポンサーリンク

織田信成 反論、ネットの声

織田さんは将来本格的に指導者になりたいと言っていたので、ほかの仕事の多忙を理由に監督を退任するのは不思議だなと思っていたのですが、こういうことなんですね。織田さん自身関大には恩があるし、所属選手のことを思うと辛い決断だったと思います。
しかし関大側は内部事情隠すのに必死なのか、嘘の理由をメディアに話したり、モラハラ調査が適当だったり…。織田さんがこのことを公表するなんてありえないとたかを括って蔑ろにしようとしてたことが丸見えですね。

知名度のある織田氏がそれを言うということは
相当なことがあったのだろうと世間は思う
教授陣からなのか運営者からなのか学生からなのか憶測を呼んでしまう
事実無根のことであれば大学や学生の名誉のためにも反論抗議をしてほしいなと思う

29日に織田氏がアップしたブログのみを見て書いた記事のようですね。織田氏も、法的な問題が発生するのを懸念しているのか、詳細な発表を控えている状態。

今後関大側が何か発表するか、記者がきちんと取材をすれば、詳細が明らかになるのでしょう。

織田さんみたいな穏やかな人がモラハラとまで言うのは余程の事だと思う。
リンクの中でもあったと言う事は、
人前でも嫌がらせをされたと言う事でしょう?

織田さん、負けないで欲しい。
解説能力も高くて技術も最高峰の有能な人でもあります。スケート関係者の方は、織田さんをどうか守って欲しい。

織田さんの立場もあるなかで、わざわざ声を上げたということは、かなりのことがあったのかと思う。
上層部との揉め事ではなかったとしても、モラハラ行為があったのであればきちんと対応するのが筋であり、織田さんの多忙のせいにしていてるところからもうやむやにしようとしていた様子が分かりますね。

びっくりしました。
任期途中に多忙を理由に辞任とは織田さんらしくないなと思っていたので納得感はありますが…。
織田さんはできるだけ穏便に済ませたいと公にせずに辞めたのをいいことに都合の良いように発表した関大側の態度に不信感しかありません。
長らくお世話になった織田さんからしたら今回の公表は断腸の思いだったことは想像に難くないです。
せめて今からでもモラハラの調査、織田さんへの謝罪等すべきことをなし、所属している選手たちに不利益のないよう最大限の努力をしてほしいです。

スポンサーリンク

織田信成 反論、 終わりに

あの温厚そうな織田さんがモラハラと言うのですから、そうとうな事があったのでしょうね。

織田さんのブログを読んでいて、私まで辛くなりました。

織田さん、無理をしていらっしゃたんですね。

今回、真相を公開したことにより、進展があるといいのですが・・・

織田さんを、これからも応援していきます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました