貴ノ富士 引退拒否【暴行事件の詳細あり】往生際が悪い!

スポンサーリンク
スポーツ

秋場所前に暴行問題を起こし、日本相撲協会から自主的な引退を促されている十両・貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)が27日、都内で代理人を務める弁護士同席のもと、会見を行いました。

スポンサーリンク

貴ノ富士 引退拒否、概要

貴ノ富士は会見冒頭、

「昨日、私は公益財団法人日本相撲協会から実質的に引退を勧告するという処分を言い渡されました。

処分のもととなった暴行について深く反省しています。

親方から若い衆の指導を任されている中で、言葉で指導できず、手を出してしまいました。

今後、機会を頂ければ、被害を受けた付け人のご実家に伺い、直接謝罪したいと思っています。

また、差別的な発言についても処分の対象となりました。

若い衆や他の皆様に不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています」

とこれまでの経緯と共に謝罪の言葉を口にしています。

「これまで育ててくださった相撲協会、千賀ノ浦親方には本当に感謝しています。またこのようなご迷惑をおかけし、本当に申し訳ありません」とした。

 そのうえで、

「しかし、今回の処分はあまりに重く、受け入れられません

と処分への難色を示した貴ノ富士。

「中学の時から憧れ、この世界に入り、稽古に耐え、相撲道に一歩ずつ歩んできた私には相撲しかありません。

本件の暴行という愚かな行いを反省し、自らの身を戒め、土俵に戻って、相撲道に精進したいと思っています」と頭を下げた。

 同席の弁護士も、

「本件処分は協会内にあるべきガバナンス、再発防止策のないまま下されたもので、遺憾と言わざるを得ません。

懲戒解雇を視野に入れた厳罰処分であり、暴行の対応などを踏まえると、社会的に不相当なものです」と説明。

「今後については法的視点を含めて、本件処分の不当性を訴えてまいります」とした。

スポンサーリンク

貴ノ富士 引退拒否、 暴行事件

貴ノ富士の暴行事件について、以前、こちらでも記事を書いています。

ご覧下さい。

スポンサーリンク

貴ノ富士 引退拒否、ネットの声

これが許されてしまっては、一度きりの暴行で引退した、日馬富士や貴ノ岩はどうなるってんだ。モンゴル追放。とモンゴルから避難を浴びせられるだけ。
最近、朝青龍を始め、モンゴル人ばっか不祥事で引退してるイメージしかないから、日本人はいいのかよ!ってなるのは間違いない。だから、この人は今回で2度目。絶対引退しなければならない

受け入れられない」のは当人だけで、相撲協会のみならず世論も総じて引退すべきとの結論。とりわけ、二度目の暴力に加え、人道上問題ある差別言動は今の世の中許されるわけはありません。彼の弁護士先生もここまで酷い言動とは当人から知らされなかったのでは?
いずれにせよ引退勧告が受け入れられない場合は、懲戒解雇で良いでしょう。

1回目の暴行の時にこの言葉が欲しかったし、最初はチャンスを与えて貰った上での今回の事件だからね。。子供じゃないんだから往生際が悪いよ!夢を与えるスポーツ選手には向かなかったという事でしょう…。相撲の素質云々の問題ではないですね!

貴方に相撲しか無いのは分かりました。

でも、今問われているのは、相撲にとって貴方が必要かどうかです。
そういう意味では、世論と協会の意見は一致しています。暴力を振るう力士は、国技の場には要らないと。

しかも2回目。パワハラの具体例も出ている。
弟の為にも、潔く身を引いた方が良いのでは?

1度ならず2度も同じような暴行行為。
日馬富士、貴ノ岩などの件があり、本人も
一度暴行行為で処分を受けているにもかかわらず
再びの行為。

相撲がやりたいなら、幕下からやり直しますから
もう一度機会を与えてください、くらいの反省が
みえるならよかったのだが。

なんか居直っているような感じがして僕的にはダメです。

一度ではなく二度目なので、引退は仕方ないと思う。
これだけ暴力問題があった後で、決して暴力を許してはいけないと思う。
相撲は日本の国技であるのだから、力士になったのだから日本の代表として相撲に精進してほしい。

前回の反省もそこそこに短い期間で2回目の事件を起こした。これが大きな問題なのでは。重い処分になるのはしょうがない。

スポンサーリンク

貴ノ富士 引退拒否、終わりに

貴ノ富士、相撲を続けたい気持ちも分かりますが、だったら、どうして2度も暴行事件を起こしたのでしょうか?

ネットは、批判コメントでいっぱいです!

正直、考えが甘いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました