原監督 号泣にライバルファンも祝福!【動画あり】胴上げ8回!

スポンサーリンク
スポーツ

「DeNA2-3巨人」(21日、横浜スタジアム)

 巨人が14年以来、5年ぶり37度目のリーグ優勝を決めました。

「原監督」の画像検索結果
スポンサーリンク

原監督 号泣、概要

執念が実を結んだ!

九回2死無走者から連続四球で好機を作り、小林選手が同点の右前適時打。

延長に持ち込むと、十回は2死一、二塁の好機で育成からはい上がった増田大選手が値千金の決勝打を放った。

優勝の瞬間、原監督は号泣しました。

その後、マウンド上で胴上げが行われ、原監督は8度、宙を舞った

 チーム一丸で、頂点へ駆け上がった。

名将・原監督が4年ぶりに監督復帰。

広島の3連覇に貢献し、2年連続のリーグMVPに輝いた丸も加わり打線の厚みが増した。

主将の坂本勇選手は39発を放ち本塁打数のキャリアハイを更新し、岡本選手も2年連続30発をクリア。

ベテランの阿部選手や亀井選手、そして若手の大城選手や重信選手、増田大選手らの力もかみ合い、6月18日から立った首位の座を守り抜いた。

 原監督は「勝利至上主義」を貫き、外国人や今季加入の中島選手らベテランも関係なく入れ替えを敢行。

坂本勇選手や丸選手にも例外なく送りバントを指示して接戦の強さを取り戻し、白星を積み重ねた。

 投手陣は山口選手が15勝とけん引。

菅野選手は腰痛で離脱を繰り返しながらも11勝を挙げた。

懸念されていたリリーフ陣は、状態のいい選手を積極的に起用。

後半戦は途中加入のデラロサ選手や中川選手、配置転換で復活した沢村選手、田口選手、大竹選手らで勝ちパターンを固めた。

 原監督にとっては自身8度目のリーグ制覇。

次なる目標は12年以来、7年ぶりの日本一を目指す。

スポンサーリンク

原監督 号泣、動画

原監督、声を震わせ涙「チームワークは今までになく素晴らしかった」
スポンサーリンク

原監督 号泣、ネットの声

この瞬間をいつかいつかと待っていた。
V奪回本当におめでとうございます!
原監督みたび招聘がなにより大きい!
丸獲得でぶっとい柱ができ、坂本2番が大当たりの活躍。
ベテラン、若手と上手く操縦して適材適所に
選手を起用、動の采配で停滞するチームを優勝チームへ押し上げた手腕はやはり、名将!
勝利至上主義ゆえの厳しさの中にも貢献した選手を労うボディタッチやピンチにマウンドに
駆け上がり叱咤激励、次打者に耳うちなど
細かな気配り目配りも出来る原監督が巨人の
絶対的危機から救ってくれた。
なにより、戦う集団へと結束させたことが非常に大きい!
CSも突破、日本シリーズも制覇して日本一を
勝ちとって欲しい!
もうひとふんばり頑張りナインが集結した最大の力を見せ付け、最高のフィナーレ、
有終の美を飾って欲しい!
今の巨人なら、必ず達成できる!!

リーグ優勝、おめでとう!
正直、開幕当初は優勝できるとは思っていませんでした。
それが、前半戦を貯金17で首位を独走して、優勝への期待が一気に高まりました。
ただ、去年までのカープのような絶対的な強さはなく、8月には首位陥落の危機を迎えました。それを何とかしのいで、マジックが点灯したと思ったら負けが込んで消滅。再点灯したと思ったら、マジック4が重くのしかかり足踏みが続いたりもしました。
ここ1週間は、最後に悲しい結末が待っているのではないかと不安で仕方がなかった。
でも一番苦しかったのは、原監督をはじめ、コーチ、スタッフ、そして感動を与えてくれた選手だったのですね。優勝を決めたあとの原監督の涙がすべてを物語っていたと思います。
本当に優勝できてよかったです!感動を有難う!

増田という全員野球の巨人を象徴する選手が最後を決めるなんとも素敵な最後でした。

そしてキャプテン坂本。
初優勝本当におめでとう!

自分を疑う事もあったと思うけど、この瞬間で全て報われたね。

最後の最後での粘りは感動ものですね。
優勝するために色々と苦戦したこともあったけれど、高卒ルーキーの粘投、女房役としてチームを支えてきた小林の同点打、今年走塁でチームに貢献してきた増田の勝ち越し決勝打。
今年の巨人を象徴するような中堅だけでなく、若手、ベテラン、全ての世代の頑張りが見られた試合でした。

最後1点差でしかも横浜の1番打者からだったのに、3人できっちり抑えたデラロサの加入は今振り替えると、本当に大きいと思った。昨年までは最後のクローザーがしっかりしなかったせいで、落とした試合も多かったですからね。勝てる試合を確実に勝ちきる為のクローザーが固まった事が優勝の要因でもあると思う。

いやー、昨日の勝ちが無かったら本当にヤバかった。あれがあったから今日決めることができた。でもね選手は羽を伸ばしてもいいけど、首脳陣はそれじゃダメ。この後のCSでは捨て身のベイと広島が相手。それを乗り越えてもかつて巨人に煮え湯を何回も飲ませた時のセカンドが率いる西武が待ち構えている。これを全部乗り越えるのは尋常じゃないって覚悟しないと。今後投手陣の再整備、野手陣の疲労回復は急務。特に菅野、中川、田口の扱い方をいい加減にすると来季にまで響きかねない。

おめでとうございます!原監督の涙にはびっくりしましたが、それだけ今季に賭ける気持ちが強かったと思います。私は今、海外で働いておりますが、良い思い出になりました。CSを勝ち抜いて、日本シリーズに進んでもらいたいです。

広島ファンとして、本当に悔しいが、やはり優勝するに値するチームだと思う。丸のメンタルも心配されたが杞憂に終わり、坂本岡本ゲレーロとホームランバッターがズラリと並び、足技まで使ってくる。投手もここぞと躊躇わずに交代させる。原采配お見事!と言いたい。昨年までの広島なら勝てたかもしれないが、監督の采配でチームが大きく変わるのを見せつけられた1年だった。巨人ファンの皆さんおめでとうございます!

スポンサーリンク

原監督 号泣、 終わりに

念願の優勝、おめでとうございます!

原監督の胴上げは、現役時代の背番号にちなんでだったのでしょうか。

いい映像です。

ネットでも、ライバルファンからもお祝いのコメントが届いています。

素晴らしいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました