高野連 投球制限 提言にネットはザワつく…詳細はこちら!

スポンサーリンク
スポーツ

日本高野連が設けた、 「投手の障害予防に関する有識者会議」で決まった制限導入が話題となっています。

「野球 イラスト」の画像検索結果
スポンサーリンク

高野連 投球制限 提言、概要

日本高野連が設けた、

「投手の障害予防に関する有識者会議」の第3回会合が20日、大阪市内で開かれ、11月下旬に予定されている日本高野連の理事会への提言に、春夏の甲子園大会と地方大会を対象に「1週間で500球」の投球制限導入を明記することを決めたました。

来春の選抜大会からの導入を見込み、3年間を試行期間と位置づけるという。

 有識者会議は、昨年12月に新潟県高野連が、春季県大会で1人の投手が1試合で投げられる球数を100球とする独自の投球制限の導入を表明(のちに見送り)したことをきっかけに発足した。

整形外科医や弁護士、元プロ野球選手らで構成されている。

スポンサーリンク

高野連 投球制限 提言、ネットの声

大会1日目のチーム、一回戦最後のチーム、二回戦が初戦のチーム…公平じゃないよね

プロ志望の人もいれば、高校で野球辞めるつもりで
甲子園行くためには何がなんでもの人もいる。
これではますます私立校有利になってしまう。
金属→木製バットへの変更が先では。

変なルール.
先発は連投させないように,高野連が日程を引き延ばすことの方が先決.

1週間500球は制限したうちに入るのか?

権藤、権藤、雨、権藤・・・
さすがの権藤さんでも間が空く(笑)

スポンサーリンク

高野連 投球制限 提言、終わりに

今まで、何かと話題になっていた内容だとは思いましたが、ついに決まったんですね。

ネットでは、なんだかザワついていますね。

本当に制限するべきところは、合っているのか?

野球児たちは、今回の制限をどう受け止めるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました