日本陸連 謝罪がヤバイ!右代選手の世陸取り消しの理由は?!

スポンサーリンク
スポーツ

日本陸連の麻場一徳強化委員長が十種競技の右代啓祐(国士舘ク)のドーハ世界陸上出場取り消しについて説明と謝罪を行い話題となっています。

右代選手の取り消しの理由は一体何だったのか気になったので調べてみました。

「右代啓祐」の画像検索結果

こちらが右代選手のツイートです

スポンサーリンク

日本陸連 謝罪 右代選手の世陸取り消し理由は?

右代選手の世陸の取り消し理由は一体何だったのでしょうか?

右代選手は十種競技の世界陸上参加標準記録(8200点)を満たしていない。

ただ、 アジア選手権を優勝。地域王者として出場資格を得たとみなし、6月の日本選手権優勝で日本陸連からの代表内定を得ていた。

ここからが問題!

国際陸連は、地域王者について「地域選手権王者(世陸で実施される個人種目)は、参加標準記録に到達しているかどうかに関係なく、自動的に世陸出場権を得る。

ただし、この規定は1万メートル、3000メートル障害、混成種目(十種競技、七種競技)、フィールド種目、ロード種目には適用されない。これらの種目では、Technical Delegates(技術代表)による承認次第となる」

つまり、技術代表の承認を得られなかった事が、代表取り消しに繋がった!

日本陸連はこの事を把握した上で右代選手に内定を出していたのである。

場委員長は

「右代選手は、リオ五輪代表でもあるし、そういう選手がこの条項で引っかかることは想定していなかった、というのが正直なところ。簡単にいえば、見積もりが甘かった」と認めた

麻場委員長は

「我々の体制のレベルが低い。もう少しきちんとできるような体制、システムを組んでいかないと、二度とないようにしていかないといけない」

と反省しています。

1万メートル、3000メートル障害、混成種目(十種競技、七種競技)、フィールド種目、ロード種目

上記種目の選手は世陸参加標準の突破は絶対条件になりそう!

今後は同じような被害選手を出さない為にも、日本陸連はしっかりとしたシステム作りをしてもらいたい。

それにしても右代選手がかわいそうで仕方がありません。

参加標準記録を突破するチャンスすら潰してしまった陸連は、謝罪だけではすまされないと思います!

十種競技・右代選手の世界陸上出場取り消し 日本陸連が謝罪(2019年9月18日)
スポンサーリンク

日本陸連 謝罪 記事内容

日本陸連が選考不手際に全面謝罪…麻場強化委員長「我々の体制のレベルが低い」


 日本陸連の麻場一徳強化委員長が18日、都内で会見し、十種競技の右代啓祐(国士舘ク)のドーハ世界陸上出場取り消しについて説明した。



 右代は、世陸参加標準(8200点)を満たしていないが、今年4月のアジア選手権を優勝。地域王者として出場資格を得たとみなし、6月の日本選手権優勝で日本陸連からの代表内定を得ていた。

 国際陸連は、地域王者について「地域選手権王者(世陸で実施される個人種目)は、参加標準記録に到達しているかどうかに関係なく、自動的に世陸出場権を得る。ただし、この規定は1万メートル、3000メートル障害、混成種目(十種競技、七種競技)、フィールド種目、ロード種目には適用されない。これらの種目では、Technical Delegates(技術代表)による承認次第となる」としている。

 陸連側は、ただし書きの存在について把握していたが、麻場委員長は「右代選手は、リオ五輪代表でもあるし、そういう選手がこの条項で引っかかることは想定していなかった、というのが正直なところ。簡単にいえば、見積もりが甘かった」と認めた。

 今大会は、十種競技の出場数も36人から24人に減少。参加標準を破っていない右代に対し、6月以降に例外条項を示した上で、海外大会などで標準を破る選択肢を示せなかったのも問題だ。麻場委員長は「我々の体制のレベルが低い。もう少しきちんとできるような体制、システムを組んでいかないと、二度とないようにしていかないといけない」と厳しい表情を浮かべた。

スポーツ報知
スポンサーリンク

日本陸連 謝罪

>「我々の体制のレベルが低い。もう少しきちんとできるような体制、システムを組んでいかないと、二度とないようにしていかないといけない」

ここまで分かってるなら話は早い。競技出身者を優先するのではなくて、相応の実務能力がある人材を登用すればいい。理事とかの人事もそう。そもそも、これだけ高いレベルが求められる公益法人の運営を競技出身者が多数を占める組織で実現できるわけがないでしょ。

これはゴメンでは済まされない大問題だなあ。
陸連の認識不足、説明の読み込み不足は事務局として仕事ができてないよ。
しかし選手が声を挙げていなければ会見もなかったかもね

正直思うのは、規定を作って規定に達しているのかどうかを判断するだけの事。 膨大なデータを分析するわけでも無いし、規約に照らし合わせるだけの事。 たったそれだけの事が出来ないのは、レベルが低い以前の問題、その能力を持ち合わせていないと言う事。 無い能力が今後上がる事は有りません。 データ分析担当及び責任者は即時解雇すべきです。

アスリートファーストが、聞いて呆れますね!
これじゃ、選手のモチベーションは上がらない。
代表選考時に、何故国際陸連に確認取らなかったのか?
事務屋的協会は、何の為にあるのか?
謝って済む問題では無いです。
更には、選手からのツイートが無ければきっと参加標準記録に達して居ないから、ダメで終わって自分達のミスを隠していたでしょうね。
これは、スポーツ協会や連盟の体質なんでしょうね。
日本では、アスリートファーストは口だけで何も変わらない。

参加の機会を潰すのは選手が気の毒です。
たとえ競技で実績があった人であっても、指示や実務で事務手続きの不手際起こすような人は団体の幹部にならない方がいいのでは。

昨年のボクシング、テコンドー、今回の陸連、全部選手生命を奪うようなレベルの大問題。

競技は全体的には世界レベルに到達している競技が多いが余りにもし式の脆弱に腹が立つ、議員の様な低レベルな言い訳ばかりで結局は何も改善していないし又真剣に改善に取り組んでいない。

理由は大体職員不足、競技費用が少ない、など責任転嫁ばかりで心底反省しているとは思わない。

今後もし出場出来る様な大会があるならば陸連関係者のポケットマネーで強化費用、出場交通費もろもろは払ってでも最後まで個人で借金してでもバックアップするべき。

とりあえず今回の件に関わった事務方と責任者は辞職だと思います。それくらいの事です。

スポーツ選手には選手寿命がある。事務方のミスが選手にとって取り返しのつかない事になるのを今一度肝に銘じるべき。

体制のレベルが低いのではなく、陸連幹部のレベルが低いのでは。
陸上経験者が幹部である必要はない。

コメント

  1. なんで早めに言わなかった?こういう場合謝罪しても遅すぎる。攻めて今回だけ記録制でやってほしいです。かえてあげてください。日本でやるのにオリンピックが出れなくなったら、かわいそう。道民。

タイトルとURLをコピーしました