早実 秋季大会辞退の真相はこちら!部員の問題行動とは?

スポンサーリンク
スポーツ

高校野球の名門・早実が、秋季東京都大会の出場を辞退したことが13日、明らかとなった。

早実の広報担当者は、

お答えできることは何もありません

とし、理由を含めた詳細を明らかにしなかったが、複数の部員による問題行動があったとみられる

近く学校が辞退理由を公表する。

「野球 イラスト」の画像検索結果
スポンサーリンク

早実 秋季大会辞退、概要

来春センバツ出場の重要な参考資料となる都大会で、早実は15日に初戦の錦城学園戦(早実グラウンド)が予定されていた。

この日までに東京都高野連に問題を報告し、出場辞退を届け出。

受理されたという。

これでセンバツ出場は絶望となったのだ。

 この日は日本学生野球協会の審査室会議が都内で開かれた。

関係者のプライバシーに関わるため、都道府県名「A」、校名「B」として、9人が関わった「部員の問題行動」が9日に判明。

12日から3か月の対外試合禁止処分が科された。

 早実は甲子園に春21度、夏29度出場し、春1度、夏1度の優勝を誇る伝統校。

主なOBに王貞治さん(ソフトバンク球団会長)、荒木大輔さん(日本ハム2軍監督兼投手コーチ)、斎藤佑樹選手、清宮幸太郎選手(ともに日本ハム)らがいる。

今夏は西東京大会準々決勝で、国学院久我山に敗れていた。

スポンサーリンク

早実 秋季大会辞退、ネットの声

問題を起こした生徒だけが出場辞退(停止)にしたら良いと思う。
真面目に練習していた生徒も出場できないのは、時代遅れの考え方だと思う。
そんな事が教育になるのかな?

問題を起こす生徒は気が荒くてまわりの生徒は止められない。先生にチクれば、仕返しを食らう。気の荒い生徒はある程度中心メンバーだしね。
高野連や年配の人達は、問題を起こした生徒を止められなかったので、真面目な生徒にも連帯責任を追求して、それが教育だ!と語る。
真面目に練習していた生徒がとばっちりを食らう。

監督の指導方法を刷新しなければ、根本的な解決にならないと思う。私も高校野球を経験したが、先輩からの悪い伝統(暴力など)を無くす事が簡単ではない。
監督の指導方法が問題だ。暴力や暴言を行うのは、指導力が無い証拠。
高野連は結果(生徒の不祥事)よりも原因(監督の指導力不足)に目を向けないと根本的解決にはならない。

名門中の名門校なだけにショック
理由いかんでは廃部もあり得るだけにショック!
これだけ発表が遅れるのは相当な事だと思います

本来なら集団だろうが当事者だけ外して大会に参加すべきだろうが清宮弟がベンチ入りから外れると明らかにもっと騒ぎが大きくなり当事者が限定される。
そこで対応策に時間がかかりまだ公表出来ないということも推測してしまう

昔からの早実ファンです。
これだけのことをしたのだから、当然ですね。
連帯責任可哀想との意見もありますが、これだけたくさんの選手が関わったら、当該選手を謹慎させたらそもそも選手不足ですよね〜
他の高校と合同チームにすればいいか!

早実ファンとしてとても残念
マジメにしている選手には厳しい措置だ
それでも練習試合等があるなら応援に行くよ!

野球部なのに自分のバットを管理出来なかったのか

引っ張って余計に注目を浴びる事に気付いてるとは思うけど。
下半身ですな。

隠せば暴かれ晒されます。

スポンサーリンク

早実 秋季大会辞退、終わりに

名門、早実の大会辞退に残念がる人も多いようですね。

ニュースでは、「複数の部員による問題行動」が原因とされていますが、実際、何をしでかしたのでしょうか?

ネットでは、「真面目に野球をやっている選手が可哀相だ」とのコメントも多く、連帯責任はどうなのか?と議論のもなっています。

今後、その問題行動の真相は、明らかにされるのでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました