中島翔哉 反省の真相!パラグアイ挑発?【ブログあり】

スポンサーリンク
スポーツ

5日に行われたサッカーの日本-パラグアイ戦の前半ロスタイム、自陣からドリブルで攻め込んだ中島翔哉選手にパラグアイのサナブリア選手が後方から激しいタックルを見舞ったうえ、激高した数選手が詰め寄る場面があった。

「中島翔哉」の画像検索結果
スポンサーリンク

中島翔哉 反省、概要

原因は中島選手がリフティングをしながらドリブルをしたことだった。

2点のリードを許していた上に試合も支配されていたパラグアイ側は、中島選手のプレーを挑発行為とみて反発しました。

米大リーグで大量リードした場面での盗塁などが挑発行為ととらえられ、故意死球による報復につながるのと同じ構図である。

 中島選手に挑発の意図はなく。

「何も考えていなかった。

気分を害する人がいたら謝りたい」

と反省し、相手選手にも謝罪したという。

サナブリア選手はイエローカードを受けたが、危険なタックルは負傷につながりかねないだけに今後も注意する必要がありそうである。

スポンサーリンク

中島翔哉 反省、ブログ

中島選手は、ついこの前、お子さんが誕生したことを報告し、

責任感を持って頑張っていきたいと語っていました。

2019-09-01 23:28:02
テーマ:
ブログ
中島翔哉です。


このたび、第一子が誕生しました。


元気な子を産んでくれた妻と元気に産まれて来てくれた娘にとても感謝しています。


なによりも大切な家族と共にこれから毎日楽しく健康で過ごしていきます。


より一層、責任感を持って頑張っていきたいと思います!

中島翔哉 オフィシャルブログ
スポンサーリンク

中島翔哉 反省、ネットの声

小野伸二のサッカー人生を変えたと言われるタックルを教訓にしないと。あの大会キレキレだった小野はあの試合もキレキレでただ楽しそうにテクニックを見せつけフィリピン選手を振り回していた。スコアが10-0になっても日本は手を緩めることなく小野も同じだった。その行為を恐らく侮辱的と感じたフィリピン選手から蟹挟みタックルを見舞われ膝を壊された。
勿論タックルする選手が100%悪いがサッカーではこういうことが起こり得る。人種も文化も違うからいろんな考え方の選手もいる。
それを理解してプレイしないと自分が損するよ。

サッカー大好き青年は悪意ゼロ.中島選手のキャラも浸透しつつある.けど,挑発と思う人は思うよね.大事にならなくて良かったです.

悪意は無かったのだろうが挑発行為と勘違いされる位に余裕のプレーをパラグアイ相手に出来る事自体が凄い!

確かに挑発行為と捉えられても仕方ないプレーだったかもしれないけど、、。それよりも重大な怪我を負う可能性のあるスライディングタックルの方がよっぽど悪質な気がする。中島本人も反省しているし、パラグアイの選手にも謝罪しているんだからもう記事にしなくていいんじゃないの??

本人が謝ったのが全て。悪いと思ったから謝った。
外野はうるさい。
サッカーやってる本人たちが解っていることだからド素人がとやかく言う話でない。
あんなことで怪我してしまったら、させた方は論外でもした方は取り返しのつかないことになることもある。
ファンバステンもファルカオもケガでもっと活躍できたかもしれない時間を失った。中島には怪我無く活躍して欲しい。

世界で戦うなら緩い日本基準ではダメなこともある訳で。一つ勉強して少し賢くなったね中島さん。削られても立ち向かって行く勇気があるなら続ければ良いよ自分の所属チームで、しかし代表では辞めてね他の選手に迷惑かかるから。

スポーツの報復って文化、ちょっと時代遅れな感じしますよね。

それで行くならそれでも良いけど、だったらスポーツマンシップがどうとか言わないでほしいし。

スポンサーリンク

中島翔哉 反省、 終わりに

みなさん、中島選手を応援するコメントばかりですね。

スポーツの世界は、難しいですね。

中島選手は、ただプレーが素晴らしかっただけだと思いますが、大変ですね。

今後も、日本を背負って頑張ってほしいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました