松坂大輔 心境 激白!中日残留なら大幅減俸も覚悟!!

スポンサーリンク
スポーツ

来季の去就が白紙の状態の中、現役続行を希望する中日・松坂大輔投手が「来季も中日で現役をやるのがベストです」と現在の心境を激白したことが話題となっています。

来期の契約が白紙状態の松坂投手

来期も中日での契約を希望しているみたい

今年は現在0勝

日本に復帰してから去年の6勝のみ

最後のテスト登板で球団代表に良いところを見せられるか?!

一般的な選手であれば、来期の契約は難しいでしょう。

しかし、平成の怪物こと松坂投手は話題性・グッズ売上・観客動員なども踏まえた上で、球団として契約するメリットはあるでしょう。

本人が中日での現役続行を希望するのであれば育成契約も有りでは?!

ファンとしては松坂投手が現役を望むのであれば、本人が納得するまで野球人生をやり遂げる姿を見たいのでは?

スポンサーリンク

松坂大輔 心境 激白 記事内容

中日・松坂激白「来季も中日がベスト」大減俸は覚悟、球団に伝える


 来季の去就が白紙となり、現役続行を希望する中日・松坂大輔投手(38)が4日、ナゴヤ球場で練習後、サンケイスポーツの取材に応じた。「来季も中日で現役をやるのがベストです」と去就問題が表面化してから初めて、現在の心境を激白した。今季年俸8000万円からの大減俸を覚悟。14日からのウエスタン・阪神3連戦(ナゴヤ球場)で残留テストに臨む見通しであることも判明した。


 中日が好き。野球ができるなら、いくらでもいい。松坂が愛車の窓を開けた。およそ5分間-。熱い言葉をつむいだ。

 「僕が決められることではないが…。来季も中日で現役をやるのがベストです。(加藤)代表にも伝えています」

 来季、現役を続けているかどうかも、わからない。ボールは球団の陣地にある。1日に去就について加藤球団代表と会談。これまで「内容については言えない」としてきたが、現時点では、中日一本だと明かした。

 条件にこだらわない。今季は2試合で0勝1敗、防御率16・88。熱意を買われる形で再契約を勝ち取ったとしても、年俸8000万円からの大幅減は避けられない。

 「今年、なにもやっていないし、僕が言える立場ではないですから」

 減額制限(年俸1億円以下は25%)を超えることについても「そうです」と甘んじて受け入れる覚悟を示した。

 8月下旬に右肘を痛めてリハビリ中だが、40歳シーズンに向けて自信があるからこそ嘆願する。

 「右肩は『絶好調』ですよ。右肩の調子がいいから、その反動で、右肘を痛めたかもしれませんね」と白い歯をこぼす。

 常に肩との戦いだった。ソフトバンク時代の2015年に手術。今春の春季キャンプでファンと接触し、痛めたのも肩だった。今は古傷じゃない。肘は日にち薬で治る。この日も40メートルほどの距離でキャッチボールを行うなど、軽快だった。

 復帰に向けての道のりも明らかになった。関係者によると、14日からのウエスタン・阪神3連戦で復帰登板することが有力だという。しかも、この3日間は1軍もナゴヤドームで試合を行っており、矢野球団社長、加藤球団代表ら球団首脳も視察する予定。今月中旬の編成会議を前に最後のテストになる。

 「僕は(投げる試合は)どのマウンドも大事だと思っている」

 御前ピッチで肘の不安を一掃。あとはドラゴンズ愛を訴える。フロント陣の「白紙」を契約書にするための青写真だ。

 昨季6勝をあげてカムバック賞を獲得した「中日・松坂」として生きていく。平成の怪物として負けるわけにいかない。

スポンサーリンク

松坂大輔 心境 激白 ネットの反応は?!

ここ数年の松坂選手には・・・
現役への強い意志は何年も持ち続けているのに
だらしのない体型を何年も絞ることもできない弱い意志。
プロとしての自覚があるとは思えません。

去年の6勝4敗の成績も、打線の弱い阪神戦にローテーションを
組んでもらったわけで、
先発しても長いイニング投げられないし、
それを負担させられる他の投手へのしわ寄せを考えたら・・・
実質勝利に貢献したとは思えません。

来期も満足に投げられない彼のために
登録目指して日々努力している選手の枠が一つ減るのは・・・?

このコメント欄を見ていると結構、松坂に同情的な意見が多いですね。私は中日が来季の契約を結ぶなら、契約金は最低額でいいと思います。またゴルフ問題にしても、誘った日テレアナウンサーを非難する声があるけど、元は誘いを断らなかった松坂本人が自分の置かれている状況を甘く見ていたことが最大の要因です。よって、契約してくれるだけ有難いと感謝する必要があると思います。

金の問題ってよりは、編成の問題やろ
中日には吉見とか山井とかベテラン投手もいるし
そりゃあ怪我もあって1年目は登録即先発抹消という特別扱いも認められても、それが当たり前だと思われたら困ると思う
慣れてきたら、シーズンをずっとローテーションを回すのは無理としてもある程度ローテーション回す予定もあったのでは
若い投手も出てきたし上位進出も難しくなってくるとさらにベテランのチャンスは減っていくしな
今年の成績が去年を上回ったり、ローテーションを何回か回したりしたのなら契約も可能性あったとは思うけど
今年も新人選手入ってくるからね
その分、誰かが引退したり退団したりするからね
登録選手枠って思ってるよりないからね
ってか怪我持ちとはいえファンに引っ張られてそんな怪我するかなって疑念は消えないけどね
素人でも力強い人いるけど、素人に引っ張られて大怪我になるくらいの肩なら現役正直厳しいのではと思うし

正直大幅減俸だけではダメだと思います。
見た目で判断してはいけませんが、他球団の同じ位の歳の選手に比べれば、努力不足だと思います。
本当に体がボロボロかもしれませんが、年俸が上がれば、ケガ、ケガと言ってシーズンを棒に降る傾向がここ数年あるので、育成枠から這い上がるぐらいにしないと、彼の為にも、球団、若手、ファンにも示しがつかないと思います。
ここ数年ダメダメでも、西武、アテネ、WBC時代の結果から球界の功労者でもあるので、最後ぐらい綺麗に終わって欲しい。

成績はふるわなくとも、日頃からの練習への取り組み方、そこへ至るまでの身体のケアを含めた準備、そうした面で在籍していれば若手への手本になる、と判断すれば契約続行でしょうけど。
身体も絞ってないし、春先にはリハビリのための一時外出で届けていながらゴルフに興じていた。
一般の人の感覚でいえば、とてもじゃないが若手への手本になっていると思えません。

支配下登録枠(一軍にも登録できる正規の選手契約)は70名、そこに来季も名を連ねるに値するかどうか、自分自身で考え過ぎるほど考えてもらう必要がある。

中日球団さん、「育成枠」に切り替えてまでリハビリ待ちの扱いで保有しようとするのは止めてくださいね。
「育成枠」はあくまでもこれから支配下登録を目指そうという若い選手のための制度、支配下登録を経験したことがある選手を保有拘束するために使うのは目的外の悪用です。

松坂の甲子園での試合に感動した一人なので、松坂のことは応援していたけど、アメリカに行ったあたりから自己管理が出来ていない感じに見えて、すごく残念に思い続けています。

もちろん私には分からない故障や諸々があってそうなっているのかもしれないけど、体型も含めて、どうなのかなと思うことが多いのは事実。

今の彼は、球団にしてみれば「純粋な戦力」というよりは、何とか現役で続けられる程度の活躍はしてもらって、グッズ販売などで球団に貢献する「営業担当」という位置づけだと思う。

本人もそれを分かった上でその環境に浸っているようにも見えて、切なくなることもある。

球団としては年長者ならではの精神的支柱のような役回りも期待してるだろうけど、ソフトバンクの頃からもそういう役割を果たす様な性格では無さそう。

なので、引退後もコーチとして貢献することは無いと思うので、今の内に売上で貢献するしか無いのかも。

来期契約するとしても育成契約を飲むなら良いのではないかな。
そこで投げられる姿を見せたなら支配下登録すれば良いでしょう。
最初から松坂の為に支配下枠を空ける必要はないと思う。

今季、悪天候の中でナゴドに集まった大観衆の前で無様な投球をして失望させたことは絶対忘れない。

サラリーマン社会でも、60歳を超えても元気な人が多くなり、65歳、70歳となっても働ける人が沢山いる。
それなりの経験値を持ってる人なので、それなりに働ける。
だがそれでも、企業が緩やかに退職をして頂く方向に動く理由がある。
それは、今と、これからが大事だからだ。
特に、これから、について老人が若い人の可能性や成長や台頭の芽を摘むことは許されない。新陳代謝が必要だからだ。
野球の世界とは違いもあるだろうが、松坂を配下に置くことで、ドラゴンズのメリットがあるのかどうか。仮に彼が働けたとしても年間5勝がせいぜいだろう。その勝ち星と彼のグッズなどの売上と年棒と、そして若手への影響が見合うかどうか。ファンの後押しがあるのかどうか。
色々な見地から考察して結果を出すのだろう。
松坂はまな板の鯉だろうね。結果を待つしかない。
私は、引退した方が良いと思うが。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました