フェデラー うんざりがヤバイ!失礼な質問に、ネットの反応は?

スポンサーリンク
スポーツ

全米オープンテニス(US Open Tennis Championships 2019)の男子シングルスで16強入りを決めたロジャー・フェデラー選手は、自分が大会スケジュールに口を挟んでいると言われることに、「うんざりしている」と訴えました。

「フェデラー」の画像検索結果
スポンサーリンク

フェデラー うんざり、概要

通算5度の大会制覇を誇る第3シードのフェデラー選手は、29日に1日休養を取ることができた5選手のうちの一人だったアドバンテージを存分に生かし、30日に行われた3回戦でダニエル・エヴァンス選手に6-2、6-2、6-1で快勝した。

試合時間もわずか80分という短さだった。

 対するエヴァンス選手は、前日の2回戦で第25シードのリュカ・プイユ選手を4セットで下してから、ほんの18時間ほどでコートに戻ることになり、短い試合間隔による疲労や筋肉の凝りを訴えていた。

 フェデラー選手はそのことに関して、

「自分もそういう経験があるから、何の話かは分かっている。そうだね、確かにスケジュールは彼にとって有利でなかったと言えるかもしれない」

「彼がプイユと3、4時間も戦っていたのに、自分は屋根の下でプレーし、やることを終えて次の日はゆっくり休んでいるというのは、確かにフェアじゃない」という認識を示した。

「問題はそこから始まっているけど、それがテニスというものだ。エンターテインメントであり、ショーは続けなければならない」

「自分もこういう状況で負けた経験がある。勝ったときは、運が味方してくれた。そういうものだ。だから、ダニー(エヴァンス)が少し不満に思うのは理解できる」

 フェデラー選手はその一方で、この日アーサー・アッシュ・スタジアムでの試合開始が正午になったのは、自分が要求したと言われていることにいら立ちを見せたという。

「(試合時間の)希望に関して質問があったのは知っている。だけど、それは『ロジャーのお望み通り』といったものではない。覚えておいてくれ、自分はこの手のくだらない話をいやというほど聞かされている」

「私が牛耳っているんじゃないかという話には、うんざりしている。決めるのは大会側やテレビ局だ。選手は自分たちの意見を主張することはできる。だけど、仮に朝4時にスケジュールを組まれたとしても、自分は試合に出るだろう」と語った。

スポンサーリンク

フェデラー うんざり、インスタ

View this post on Instagram

Feelin 1️⃣0️⃣ again😁🏆

A post shared by Roger Federer (@rogerfederer) on

スポンサーリンク

フェデラー うんざり、ネットの声

仮に】、フェデラーに対して大会側が日程優遇していたとしても、それはあくまで、大会側が勝手にしていること。

例え、大会側がフェデラー(&他レジェンドプレーヤー)を優遇したとして、何が悪いんだろう。それだけ有名&人気がある選手なんだから、運営側としては、そうでない選手より優遇したいと思っても不思議ではない(そうでない選手達には失礼だが)。

文句の一つや二つ、言いたくなるのはよくわかるけど、自分も大会側から【優遇したい】と思われる選手になれるように、精進した方がいいと思う。

主催者側はお客が入らないと大会を続けられないからねだって商売だから。より集客力のある選手をナイトタイムに入れるのは当然の事。フェデラーやナダルが若手だった時にはランキングの高い人気選手がナイトタイムに入っていたと思うよ。だってスポーツは実力の世界なんだから。

主催者側は、集客力のあるフェデラーをメインに考えるのはしょうがないでしょう。錦織選手は、第一試合が多いのは本人のリクエストだと聞いたことがあります。トッププレイヤーを中心にトーナメントを組むのは当然ですし、トップ選手や地元選手を優遇するのは当然でしょう。記者が優遇されてると疑問視してもファンは優遇されて当然だと思っているし、対戦相手も特におかしいと思ってはいないでしょう。フェデラーはそれだけの選手です。GSタイトル優勝20回を数えるプレイヤーに対して失礼な質問ですね。

日程問題はどの競技でもあるけど基本的に平等なんて出来ないと思います。不平等にならないようにするなら、試合を同時にスタートさせて一時間で終了させて決着するようにしますか?コートも必要、テレビ中継も、ファンも誰を応援するの?って変になるよ笑笑

まぁ例えばの例ですけどね( *´・ω)/(;д; )

それより頑張って上に上がって来なさいヽ(●´ε`●)ノ

まあ少しは優遇されていて、少しはスポーツとしてフェアではないと思うから、

指摘や批判は、スポーツとしては正しい。

しかし、プロスポーツだから、スポーツとしての公平性だけでなく、興行、金儲けの要素も入ってくる。

どちらか100%は無理なので、バランスを取りながら、妥当なところにして欲しい。

全米オープンは、テレビ放送やビジネス優先だから、

雨で日程がずれたら、深夜2時3時までプレーさせる。

日本で野球やテニスを、2時3時までやる?やらないよね。

選手にとっては、体内リズムが狂い、拷問に近いし、客の帰宅の安全も考えない。

そういう大会だから、スポーツとしてアンフェアな優遇もするだろう。

だから、フェデラーも、優遇しないでくれ、と言い続けた方が、自分を不正から守ることになるし、

大会側も、過度のビジネス優先はやめるべき。

スポンサーリンク

フェデラー うんざり、 終わりに

みなさん、フェデラー選手を擁護する意見が多いですね。

トップ選手とはいえ、フェデラー選手が優遇されているのでは?という質問は、失礼ですよね。

海外のテニス大会は、深夜まで続いたりすることから、アンフェアとの声もありますね。

フェデラー選手がうんざりしてしまうのも、仕方が無いですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました