阿武松親方 引きこもりの原因は?言い間違えによる不名誉な注目!?

スポンサーリンク
スポーツ

阿武松(おうのまつ)親方がどうも引きこもり状態になっているらしいと話題になっています。引きこもり状態になっている原因は?気になったので調べてみました。

貴乃花との確執が原因? 審判部長・阿武松親方が「引きこもり」


 角界を引退してからというもの、政界進出騒動にCM出演、海外講演と話題を振りまき続ける元貴乃花親方(47)。一方、かつての「盟友」はいまやカド番状態に。審判部長の重責を担う阿武松(おうのまつ)親方(58)が7月場所を休場した背景には、貴乃花との確執があったようで。
 角界関係者によれば、

「このところ、阿武松親方の様子がおかしい。周囲もなかなか連絡が取れず、引きこもり状態になっているようだ。やはり、あの件が相当こたえたんじゃないか」

 相撲協会で審判部長を務める阿武松親方が、不名誉な注目を浴びたのは今年の5月場所でのことだった。

 相撲担当記者が振り返る。

「審判部長は取組の編成に加え、本場所の勝負判定に携わる協会の“表の顔”というべき存在です。にもかかわらず、5月場所での阿武松親方の言動は酷いのひと言。物議を醸した栃ノ心と朝乃山の一番で協議の末に阿武松親方の判断が優先され、朝乃山の勝ちとなったものの、VTRを見る限り栃ノ心のかかとは土俵外についていない。これには横審からも“取り直しにすればよかった”とクレームが入りました。その上、阿武松親方は“軍配差し違えで西方力士(栃ノ心)の勝ちと致します”と東西を間違えてアナウンスして混乱を助長してしまった」

 他にも言い間違いや要領を得ない説明が相次ぎ、ブーイングに晒された阿武松親方は、体調不良を理由に7月場所を休場している。

 後援会関係者によると、

「5月場所の前後から、親方は言葉に詰まり、足元が覚束ない状態でした。女将さんに忠告されて検査を受けたところ、血圧と血糖値が基準値を大きく上回っていた。原因は酒の飲み過ぎです。親方は酒豪で知られますが、酒量が増えたのはストレスのせいでしょう。審判部長の重責に加えて、貴乃花との確執が尾を引いているんです」
自宅で療養中
 2010年、貴乃花は二所ノ関一門を飛び出し、新たなグループを立ち上げた。

 彼を支えた親方衆のなかでも、

「阿武松親方はいわば参謀役で、誰よりも貴乃花に心酔していた。しかし、17年に日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が発覚。翌年の理事選で一門は、ひとまず阿武松親方に候補を一本化したものの、貴乃花も強行出馬に踏み切った。結果、阿武松親方だけが当選してしまったのです」(先の記者)

 その後、元関脇の阿武松親方は、基本的に元横綱しか登用されない審判部長に大抜擢される。その下に平年寄りとしてつけられたのが貴乃花だった。

 先の後援会関係者が続けるには、

「八角理事長は、この屈辱的な人事で、対立関係にあった貴乃花を協会内で孤立させようとしたのでしょう。実際、貴乃花にしてみれば、二人三脚で頑張ってきた“右腕”に寝返られたと感じたはずです。阿武松親方は真面目で、礼儀を重んじるタイプ。しかも、貴乃花のことを尊敬していただけに、信頼関係が崩れてしまったことをいまだに気に病んでいるわけです」

 女将さんに尋ねると、親方は現在も「自宅で療養中」とのこと。9月場所での復帰も未定だ。「貴の乱」の余波は、「盟友」を土俵際に追い込んでいた。

デイリー新潮
スポンサーリンク

阿武松親方 引きこもりの原因

記事では阿武松親方が引きこもりになった原因として、

  • 今年5月場所の軍配差し違えアナウンス時のミス
  • 貴乃花親方との確執
  • 酒の飲みすぎによる、血圧と血糖値の数値上昇

軍配差し違えが気になったので動画載せます。

今年の5月場所の軍配差し違えの映像

令和元年大相撲夏場所十三日目【大誤審】6分の協議の末、誤審

他にも珍解説があります。

審判の珍説明で会場どよめく⁉️

阿武松親方大丈夫ですか?

解説者も失笑!上手く説明できない阿武松親方

なんか笑っちゃいますね。

元からこういう方なのか、病気や精神的な問題なのか分かりませんが、正直、審判長には向いていないと思います。

スポンサーリンク

阿武松親方 引きこもりネットの反応!

なんでもかんでも貴乃花に結び付ける記事はあざとさを感じる。素直に快癒を祈りたいですね。

各々のが頑張ってやっていくだけでしょう。

貴乃花は貴乃花で新たなる道を模索して頑張っている。

阿武松は阿武松で与えられた職責を全うするだけ。

健康上の理由ならしっかりと療養してから復帰してまた頑張ればいい。

確執が理由とするのはおかしい。
単に職責にあう能力がないだけ。

土俵上でパニックになる阿武松親方は辞任すべきです。立行司は差し違えしたら「切腹する覚悟」のために短刀を持っているという説がある。それぐらい、審判は力士の生死をかけた闘いの立役者なのです。栃ノ心は朝乃山戦のあと、変化相撲で勝ち越した。何が何でも勝ち越ししたいがために、恥を忍んで、勝ちに拘って変化したのです。貴乃花との確執は関係ありません。

最後まで読んでも貴乃花のせいでは流石に無いと思いました。
新潮は貴乃花をどうしたいの?

5月場所の阿武松親方の審議の説明の不出来は、貴乃花に全く関係ないと思う。
凄いこじつけで呆れる。5月場所の頃、阿武咲のスナックでの写真がマスコミに出て、その影響か?阿武咲の成績は悲惨だった。普段、巡業先等力士の生活態度について、指導する立場でマスコミから
写真を見せられ、コメントを出すのは辛いと思う。様々な要因で精神的に圧迫され、日頃からあがり症の上の審議説明下手に負のサイクルになり、おまけに横審からも注意されたのは、阿武松親方に取り非常にキツイ状況、先ずはゆっくりと
精神的解放し、病状を安定させる事だと思う。

仮に貴乃花親方との行き違いがストレスだったとしても、仕事に影響して良い理由にはならない。50を越えた人にこの言い種はむしろ侮辱ではなかろうか。
一方で角界の方、特に親方はタニマチとの付き合いもあって酒量は多くなるのはやむを得ない部分はある。それでも、仕事に差し支えるほど、健康状態に問題があるのならきちんと明かして酒席はともかく酒量は控えるなり対策はとるべきでしょうね。

スポンサーリンク

阿武松親方 引きこもり  最後に

今まで横綱経験者しかならなかった審判部長を関脇しか経験していない親方を抜擢され、現役時に重責をこなしてないからプレッシャーは相当だったはず。

そもそも、解説をする姿を見る限り、向いていないと思います。自分の健康を考えるなら辞任した方が賢明では?

コメント

タイトルとURLをコピーしました