小野伸二 メッセージ動画、エール送る動画あり!

スポンサーリンク
スポーツ

北海道コンサドーレ札幌は10日、公式Youtubeチャンネルで『小野伸二に聞きたい44のこと』を公開。

今夏にFC琉球への完全移籍が決定した小野さんが、北海道やチームのこと、そしてサポーターについて語っている。

スポンサーリンク

小野伸二 メッセージ動画、 挑戦する若手にアドバイス

札幌は10日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第22節の浦和レッズ戦を1-1で引き分けた。

この一戦で小野さんはベンチ入りしたものの、出場はせず。5年過ごした札幌でのラストマッチを終えた。

 試合後、札幌は公式Youtubeチャンネルに『#小野伸二に聞きたい44のこと』と題した動画を公開。

クラブ公式ツイッターの告知では「寂しい気持ちをこらえ、SNSで皆さんから募集した質問に小野選手に答えてもらいました」と記しており、背番号にちなんで小野さんが44の質問に答えた。

 北海道で好きな場所は、「クラブハウス、白い恋人パーク、トレーニング場ですね」と小野さん。

美味なグルメが揃う北海道のなかでも気に入った食べ物は「スープカレー」と答えた。

そのほかプライベートの質問では、休みの日は「ゴルフをしていた」、密かな楽しみは「酸素カプセルで寝ること」など、5年過ごした北海道の地を満喫していたようだ。

 チームの話になると、コンサドーレで印象に残っている試合の話題に。

小野さんは「僕のなかではセレッソ戦のイナ」と話し、2016年のJ2第9節のセレッソ大阪戦で稲本潤一選手(現・SC相模原)が82分に決めた一撃が「印象に残っている」と話す。

 コンサドーレで特に仲の良かった選手は「やっぱり(河合)竜二さん。あの人と一緒にいるといろんなこと学べましたし、楽しかった」と答えた。

ミハイロ・ペトロヴィッチ監督については「素晴らしいの一言」と絶賛し、「この人の人間観はすごい尊敬できる」と理由を述べた。

 サッカーは「人生そのもの」と話す小野さんが、今までで一番手強かった選手についての話題となると、「手強いというより、敵わなかったのは(ジネディーヌ)ジダン」と、現在はレアル・マドリーの指揮官を務めるフランスのレジェンドの名を挙げていました。

 これまでオランダやドイツといった海外でのプレー経験が豊富な小野さん。

Jリーグから海外へ挑戦する選手は、近年増加傾向にある。

小野さんは「自分からなんでも飛び込んでいく。言葉が喋れないとか関係なく、自分から行くっていうことが大事。そういう姿勢を見せてほしい」と、挑戦する若手にアドバイスを送った。

スポンサーリンク

小野伸二 メッセージ動画、サポーターへ

最後は札幌の選手、サポーターへメッセージを発信。

まずチームへは、「J2からJ1に上がって乗っているなという気持ちはあると思うんだけど、まだまだ上があると思うし、ここで気持ちを途切らせずもっともっと上を目指して欲しい。あとはサッカー選手としてではなく、人間として人に好かれる選手になってほしい」と、今後のさらなる飛躍に期待を込めていました。

また、サポーターには「いつでもどこでもどんなときでも、アウェイにもかかわらずたくさんの人が来てくれていて心強かったです。本当にサポーターの応援は、僕のなかで心に残りましたし、いつも声が枯れるまで勝っても負けても応援してくれたのはすごく嬉しかった。これから残る選手、また新しく来る選手、これからも未来のコンサドーレを応援してほしい」と感謝の言葉を述べていた。

スポンサーリンク

小野伸二 メッセージ動画、実際の動画

こちらが小野さんへの、 小野伸二に聞きたい44のことの動画です。

どうぞ、ご覧下さい。

#小野伸二に聞きたい44のこと
スポンサーリンク

小野伸二 メッセージ動画、プロフィール

愛称 シンジ、センセイ
カタカナ オノ シンジ
ラテン文字 ONO Shinji
基本情報
国籍 日本
生年月日 1979年9月27日(39歳)
出身地 静岡県沼津市
身長 175cm
体重 76kg
選手情報
在籍チーム 北海道コンサドーレ札幌
ポジション MF
背番号 44
利き足 両足
クラブ1
クラブ出場(得点)
1998-2001 浦和レッズ 79 (20)
2001-2005 フェイエノールト 112 (19)
2006-2007 浦和レッズ 53 (8)
2008-2009 VfLボーフム 29 (0)
2010-2012 清水エスパルス 70 (8)
2012-2014 ウェスタン・シドニー 47 (9)
2014-2019 北海道コンサドーレ札幌 62 (2)
2019- FC琉球
代表歴2
1998-2008 日本 56 (6)

小学生時代から「天才」と呼ばれ地元では名前を知られていた。

6人兄弟の内で5番目の子で、貧しい母子家庭で育ち、小学校時代はサッカー少年団にも入っていなかったが、小野さんが一人でサッカーをしているのを見た少年団の監督から「お金はいらないからぜひ入ってくれ」と勧誘されたという。

1993年に13歳でU-16日本代表に初選出され、以降も各年代の代表チームの中心選手として活躍した。

1994年には第6回U-16アジアユース選手権で優勝し、1995年にはFIFA U-17世界選手権大会に出場している。

スポンサーリンク

小野伸二 メッセージ動画、 ネットの声

セレッソ戦の稲本のスライディングゴールは向こう何年、何十年経っても語り継がれる素晴らしいゴールだったな。
あのちょっと前から交代準備してた小野(稲本が決めた為交代キャンセルになった)がゴールを決めた稲本を讃えてた姿が印象的だった。

本当に居なくなるんだね。14年の時はまだまだそこまで上手いクラブでも無かったけど本当に綺麗なまでにパス繋いだりサイドチェンジしたりとか出来るクラブになったっていうのは小野の功績大きいよ。
ありがとう小野伸二。沖縄でも頑張ってね。

今日は札幌ドームにいました。
最後、出て欲しかったけど
勝負の世界は仕方ないですね。
小野選手が
コンサドーレに来てくれたから
いまのコンサドーレがあると思います。
稲本選手に続き
小野選手も移籍となると
コンサドーレ札幌が新しく生まれ変わる
時期なのかと思ったりもします。
沖縄へ行っても北の大地から
たくさんのサポーターが応援しています。
頑張ってください。
ありがとうございました。
と伝えたいです。

言葉の壁はやっぱりあるのだろうけど、その克服の仕方ってのがそれぞれあるわけで、彼はそれを苦に感じないで、どんどん積極的に行った結果、サッカーしながら言語も学んだんだろうな。
言語だけの勉強をするより、生活しながら覚えるというか。

伸二は若手はどんどんチャレンジしろって言いたいんだろうね。でも言葉に関しては場合によるとしか言えない。一言で海外ってまとめるのもそもそもおかしいと思う。まずは外国人を受け入れる体制と育成環境が整ってる経験と実績があるチームを選んだほうがいいのは間違いない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました